horosukopu06.jpg
6月8日~9日の金星の動きに注目!

――太陽が昼と夜を決め、月が潮の満ち引きを決めるように、普段意識していない天体・惑星も、私たちの深いところに影響を与えていると言われています。その中でも金星は、「愛と美の女神ヴィーナス」を象徴し、女性の恋愛や美的感覚、人生全般の喜びや楽しみ、金運や芸術性などを司る星。金星を意識することで、あなたの中にある愛と美の要素を高めていくことができます。惑星や星座にはそれぞれ関連の深い物や色、植物や食べ物などもあるので、それを取り入れて金星のパワーを味方にしましょう!

 さて、今月の金星は、私たちにどんな影響を与えてくれるのでしょうか? 今月の星の動きをホロスコープで見てみましょう!

6月の宇宙(そら)模様

 6月1日 00:00の天体図。この状態から惑星たちはそれぞれのスピードで、半時計周りに動いていきます。

horosukophyou06.jpg
6月3日~6月28日・金星は蟹座に滞在、情感あふれる恋愛関係に

 6月はほぼ1カ月間、金星は蟹座に滞在します。5月10日~6月3日までの双子座滞在期間は、ライトで知的な恋愛傾向で、ともすれば浮気心も起こりがちだったのですが、蟹座に入ることで、ぐっと家庭的な深い情愛を示す恋愛運に変わります。

 もともと蟹座は、12星座中で一番「母性的」と言われている星座。ここに金星が入ることで、愛情の傾向は保護者的になり、好きになった相手をいたわり、守り、尽くそうとします。この金星のパワーを上手に使えれば、好きな人の喜びや悲しみを一緒に分け合えるような情感あふれる恋愛関係を築いていけるでしょう。

 けれども金星パワーをうまく使えないと、愛情の深さが過度の干渉や心配性に変わってしまって、相手から疎まれてしまうかもしれません。また、相手を甘やかしすぎてしまったり、依存体質にさせてしまうことも起こり得ます。今月は、自分の愛情が過剰になりすぎないように気をつけましょう。

6月8日~9日は恋愛関係を見直すチャンス

 また6月8日~9日頃には、蟹座にいる金星と、魚座にいる海王星、蠍座にいる土星とで、天体図に美しい正三角形が築かれます。水の星座だけで作られるこの幸運の角度は、自他を癒やす力を授けてくれたり、情緒的な幸運が得られやすい、と言われています。恋愛関係がギスギスしている人や、心の落ち着く恋愛がしたい人は、ぜひこの時期を恋愛の転換期に使ってみてください。

★そのほかの惑星の動き★
太陽……6月21日に蟹座へ移動
水星……蟹座に滞在 6月26日より逆行開始
火星……双子座に滞在
木星……6月26日に蟹座に移動
土星……蠍座に滞在
天王星……牡羊座に滞在
海王星……魚座に滞在
冥王星……山羊座に滞在






オフィシャルアカウント&モバイル
  • twitter
  • facebook
  • RSS
  • モバイル用
  

ハピズムをBookmarkする