heizutotanizaki.jpg
魔女大先輩のヘイズ中村さん登場です!

 来る5月18日、東京・渋谷トランプルームで開催されるイベント「ハピズムサロン」。総勢10余名の占い師たちに加えて、豪華なトークゲスト、DJにバーレスクダンスショーにと盛りだくさんでとっても楽しいイベントを予定しています。そして、そのトークゲストの1人、魔女・魔術師のヘイズ中村さんと、ハピズム連載「SEX MAGICK」でお馴染みの谷崎榴美さんによる、世代を超えた魔女対談が実現しました! 「魔女って本当にいるの?」「本当の魔女ってどんなことしてるの?」という疑問に応える、現代を生きる魔女たちの生の声、お楽しみください!

谷崎榴美さん(以下、谷崎) 今回は、5月18日、東京・渋谷でのイベント「ハピズムサロン」でのトークゲストとして、魔女の大先輩・ヘイズさんにお越しいただけることになって、とても光栄です! ハピズム読者の皆さんにも、ヘイズさんのご本を読まれた方もいらっしゃるんじゃないでしょうか。

ヘイズ中村さん(以下、ヘイズ) ヘイズ中村です。西洋系魔女で魔術師で、いまは大抵ソロで活動しております。魔女歴は、だいたい四半世紀超えです。始めた頃は、まだ日本に仲間もいなくて寂しかったんですけど、そのせいか、1人でいる癖もついちゃったんでしょうね。最近はネットなどでいろいろな情報も見れて、「ああ、仲間が増えてきたんだな」と、うれしい反面、ある意味うらやましいんですが、そう言った意味でこういう機会に皆さんの仲間に入れていただけるとうれしいなという気持ちで、今ワクワクしております。

谷崎 四半世紀! すごいですね! 実際のところ、おいくつ頃に魔女や魔術に興味を持たれたんですか?

ヘイズ 興味を持ったのは、ほんと、わかんないです。こんなことを言うと歳がバレちゃいますけど(笑)、私の小さい頃って、テレビで白黒の「ゲゲゲの鬼太郎」や実写版の「悪魔くん」が放映されていた時代なの。その頃から、そういう不思議なものはすごく好きだったんですよ。ただ、今と違って、文献とか全然なかったのね。それこそ澁澤龍彦先生の『黒魔術の手帳』(文芸春秋)ぐらいしかない時代で。だから、何か少しでも情報があれば飛びついて、というのを繰り返すうちにいつのまにか自然に……という感じかなぁ。だから、この歳にこういうものに出会ってガガーン! っていうのはないんですよ。ただ、中学生の頃にタロットカードとかが少しずつ市場に出てきて、それがきっかけで興味の度合いが加速したとは言えると思うんですけど。「燃料投下っ!」って感じで(笑)

谷崎 ヘイズさんの『魔女がおしえる幸せ魔法』(学習研究社)というご本、私も読ませていただきましたし、私よりも若い世代の子たちの中には、この本の最後に収録されている魔女の自己参入儀式のスクリプトを元に実際に魔女になったよ、という子も何人かいるんですよ。

ヘイズ ありがたいことですね。

谷崎 このご本の冒頭で、たしか幼い頃に友達と天使召喚をしてみたりしていた、というお話がありましたよね。ということは、お友達の中にもそういうことに興味がある子がいたということですか?

ヘイズ というか、中高生の頃って、クラスに必ず1人か2人、そういう子っているじゃないですか。

谷崎 いるいる! 霊感少女キャラみたいな子!!(笑)

ヘイズ そうそう、「こっくりさんするよ」って言えば必ず飛んでくるような人とか(笑)そういう意味では、そういうことに興味を持った人っていうのは周りにいつもいましたし、昔からのお友達の中にもいましたね。ただ、まあ、みんな結婚したりなんだりしちゃうとね、現実的な方向に行っちゃうし。大人になっても続けてたのは私だけ、っていう感じですかね。



【検索ワード】  ・  ・  ・  ・  ・ 



オフィシャルアカウント&モバイル
  • twitter
  • facebook
  • RSS
  • モバイル用
  

ハピズムをBookmarkする
  • HOME
  • スピリチュアル
  • > ヘイズ中村×谷崎榴美・魔女対談「結局クラフトっていうのは、すべての生活にしみ込んでるもの」