watanabenaomi.jpg
渡辺直美公式ブログより

 4月25日、体重111キロのタレントあべこがボクシングトレーナーと11年間の交際を実らせて結婚したことを発表した。

“太っているからモテない”というわけではないのはわかっている。しかし、「あべこ・111キロ・結婚」には純粋な疑問と衝撃が走るのも事実。「デブなのになぜモテるのか?」。あと1キロで除夜の鐘と並ぶ数字となったあべこの身体からは何か神秘の力が宿った「特異なフェロモン」が発せられているのかもしれない。

 ここで思い浮かぶのが、「麻原彰晃」「池田代表」「サイババ」など、“教祖”と呼ばれていて太っている人々だ。彼らがあれほどまでにカリスマになりえたのは、「太る」ことと「人を魅了すること」になんらかの相関関係があるとは考えられないだろうか。

 昔から「霊感が強い人の特徴として太りやすい」というが、実際のところどうなのであろうか。今までいろいろと論じられてきたトピックであるが、スピリチュアルやオカルト業界を調べていくと、こんなことがわかった。

■東洋医学におけるデブ考察=地球の守り人

 東洋医学において「太る」ということは、単に「体脂肪が多い」「体重が多い」というだけではなく、「心身ともに健康的でない状態」とされる。余分な「邪気」が体内に蓄積されているために、体内の健康バランスが崩れ、悪影響がでている状態を指す。

 ここで留意したいのが、この「邪気」が食べ物によるものだけではないということだ。デブになる人の特徴として、環境内の「邪気」に敏感で、知らず知らずのうちに、地球に蔓延する邪気を摂取してしまっているということが挙げられる。そして、邪気が身体に入ると、「気」が滞り、脂肪を燃やすエネルギーも低下。身体は基礎代謝が低くなり、脂肪がつきやすくなってしまうというのだ。

 ここでポイントなのが、彼らデブの人が邪気を吸うことによって、自然界の「邪気」が蔓延することを防いでいるともいえることだ。普通体型の健康体の人は、知らず知らずのうちに彼らの恩恵を受けているといえるのではいか。“デブなくして健康に生きられない”。デブがモテるのも、その見返りであるといえよう。1人でも健康な人を増やすために、「身を削って」太っているのだから。

■スピリチュアル界におけるデブ考察=憑依によって食欲が促進した人

 また、スピリチュアル界では、人間は、肉体をもった霊的存在なので、強弱の差はあれど、誰にでも霊感があるとする説を唱える人が多い。霊感は、見えないものが見える、聞こえる、というあらわれ方をするとは限らず、無自覚の人もいるが、一般生活において、霊感に影響されていることだけは間違いない。

 その中でも、特に霊感が強い人は、他人の想念や、その場の雰囲気など、いろいろなエネルギーに影響を受けやすいという。そのような影響が積み重なると、「気が上がってしまう」状態になり、行動のテンポも上がり、食欲も進んでしまうそうだ。

 また、霊の憑依による影響で、食欲が増してしまうこともあるという。

 憑依は「引き合う」という波長の法則に基づいているため、自分がネガティブになっている時に、同じようにネガティブな心境になっている霊が一時的に憑依したりすることがあるという。ただし、何らかの共通点があって憑依されたとしても、全部の要素が影響されるとは限らず、仮に、金銭に強く反応する霊に憑依されたとしても、元来そうでない人であったらなら、極端に表面化することはないそうだ。

 しかし、食欲というのは、誰もが少なからず備えている本能的な欲求のひとつである。そして、未浄化な霊や浄化途中の霊は、人間だった時の本能的欲求から抜けられていないので、食べることに対する執着を強く持っており、かなりの確率で、憑依した霊と人間における“共通項”になってしまう。これが太りやすい傾向を生むメカニズムなのだそうだ。

■オカルトに詳しい学者に聞いた新説

 また、オカルトに詳しい人物M氏によると、「霊的レンズ効果(spritual lens effect)」といわれるものが存在するという。

「『霊的レンズ効果』とは、強い霊感があると、周りの磁場を曲げてしまうというものです。その結果、光の屈折率に変化が生じ、空気の歪みによって膨張して見えてしまうというんですね。つまり、デブだから霊感があるのではなく、霊感があるからデブに見えてしまうということです」(オカルトに詳しいM氏)

 この「霊的レンズ効果」を他人に見える形にまで発することができる人間は、ごく僅かだという。地球はそれ自体が巨大な磁石であり、地磁場というものが存在するため、霊的レンズ効果を発揮するためには、その地磁場をかき消しても、なお余る程のパワーが必要なのだ。ゆえにデブの中でも、「霊的レンズ効果」で(実際にはデブではないのに)デブに見えてしまっている人に、周囲の人を引きつける力があるのも当然のこと。

「デブが本当にデブなのか、あるい『霊的レンズ効果』によるものかどうかを確認するのは難しい作業です。視覚情報に騙されることなく、目を閉じて接触してみればよさそうなものですが、触覚も磁場の歪みによってねじれている可能性もあります。何かに触れたという感覚は、脳に送られる電気信号であるため、その伝達が強力な磁場の下では正確に伝わらないのです」(同)

 さらに、落ち目のタレントがダイエット企画などに多く出る背景にも『霊的レンズ効果』潜んでいると氏は続ける。

「デブで人気のある芸能人がもし痩せたとしたら、それはダイエットのおかげではなく、自らの霊的パワーの現象が具現化した可能性があります。芸能界でもそのような話をよく聞きますから。今活躍しているデブタレントの渡辺直美さんも、プロフィールでは100キロを超えていると書いていますが、それは我々のレンズに合わせた体重で、実際は痩せている可能性もあります」(同)

 どの説が正しいのかはわかりかねるが、「デブと霊感は密接に関係していて、それゆえにデブに教祖が多く、モテる人が多い」ということに間違いはなさそうだ。
(アナザー茂)



【検索ワード】  ・  ・  ・  ・  ・ 



オフィシャルアカウント&モバイル
  • twitter
  • facebook
  • RSS
  • モバイル用
  

ハピズムをBookmarkする
  • HOME
  • スピリチュアル
  • > 渡辺直美「本当は痩せてる説」が浮上!? 業界で明らかになったデブ芸人の“歪められた体型”