ikarishinto.jpg
『怒り新党』(テレビ朝日)HPより

 春の番組改編でアナウンサーも入れ替わった。去っていく者、新しく入る者……、メンバーチェンジによるフレッシュな彩りが、春爛漫の季節にふさわしい。

 もちろん春とともに女子アナも移動。「好きな女子アナ、嫌いな女子アナ」という週刊誌ランキングはもはや定番となったが、タレント以上の存在となった女子アナは、「番組の添え物」ではない。好き嫌いの話題が沸騰するのも、今どきの女子にとって「好かれる女」「嫌われる女」の大いなる基準を示すからであろう。特に、男社会でもまれている女子アナが、男社会でうまく立ち回っていくためのスキルはかなり高い。

 男社会で生きて行くために必要な「女子の媚」を上手に使っている女子アナは、中高年男性だけでなく、一般女子達の支持率もダントツにアップしている。計算高くなく、ごく自然体なことが、人気の秘訣のようだ。

 2大人気女子アナといえば、押しも押されぬ存在が、テレビ東京の大江麻里子と、元日本テレビアナウンサーで現在フリーの夏目三久だろう。

大江麻里子の媚に学ぶ

 大江は『モヤモヤさま~ず』『出没!アド街ック天国』(テレビ東京系列)で見せる天然ボケがウケている。さらにセクハラまがいのさまぁ~ずらの言動をこともなしにさらっと交わすところが、実にチャーミング。『アド街』では、訪ねたお店を出る時、大江アナは必ず軽く一礼。この礼儀正しさこそ、育ちのよさの証だ。この春、ニューヨーク支局異動で、地上波から遠ざかってしまったのが残念だ。

夏目三久の媚に学ぶ

 夏目アナに至っては、外見のキュートさと裏腹に、スキャンダルをものとしない毅然とした強さが光る。日テレ時代に写真週刊誌に彼氏とのお泊りを撮られてしまい、しかもコンドームまで写るなど、性的関係を白日の下にさらされた。この事件によって、最愛の人を疑うことになったのに加えて、日テレ内でいじめにも遭った。そして、とうとう「会社は私を守ってくれなかった」と、2011年1月に退社。その年の春にフリーとして転身するが、以前の夏目アナとはうってかわって、ボブショートにアバンギャルドなファッションで、有吉弘行とマツコ・デラックスの『マツコ&有吉の怒り新党』(テレビ朝日系列)に出演。

 毒舌な2人を相手に、スタート時点では「イジラれぶりが可愛い」だったが、今となっては柔道の技ではないが、柔よく剛を制する受け答えで、次第に2人を黙らせてしまうことが多くなった。しかも下ネタもさらっと言い放つなど、ツワモノ男2人を相手に(この場合、マツコを男と捉えてみたい)無理をせずに、掌で転がしているようなたたずまいにも「夏目、一本!」と声援を上げたくなる。

 大江アナ、夏目アナ両者に共通するのは、強烈な男社会であるテレビ界で、女性として持っている媚を、決していやらしくなくさらけだせるのは、賢さと品があるからこそ。だから自然体ですいすいっと泳げるのだ。女子から支持が高いのは、男に媚びるのではなく、男の本質を受け止めて流すという仕草が、たまらなく魅力的だからだろう。

反面教師として注目の田中みな美

 一方、嫌われる女子アナ上位の田中みな美。彼女のこれでもかの“ぶりっ子”ぶりは、スポーツ選手ら相手に「婚活やってんの?」と突っ込みたくなるほど。特に、田中アナのぶりっ子は戦略的にやっているとは思えないところが、哀しい。自意識過剰にしか見えないのだから。

 これら“好かれる”“嫌われる”女子アナから「自然体な女の媚」をぜひ見習おうではないか! さっそくチェックしてみよう。



【検索ワード】  ・  ・  ・  ・  ・ 



オフィシャルアカウント&モバイル
  • twitter
  • facebook
  • RSS
  • モバイル用
  

ハピズムをBookmarkする
  • HOME
  • 流行・ニュース
  • > 露骨な媚はNG! 「人気女子アナ」にみるアンチを生まない媚の売り方