choko.jpg
なぜ、素直に読ませないのか……

――日本中で、増えつつある「キラキラネーム」「DQNネーム」。名前はその人の大事な看板、一生を左右するものです。実際にキラキラネームは姓名判断&言霊診断でどんな運勢になるのか、どんな特徴をもった名前なのか、鑑定していきたいと思います!

 名字で一番多いのは「佐藤」さん、二番目が「鈴木」さんですが、使われる漢字でいちばん多いのは何だと思いますか? 「佐」も「鈴」もそれほどバリエーションはないけれど、「藤」はよく目にしますね。しかし、一番使われている漢字は、「田」。「田」の名字は、ほとんど地名から付けられています。日本はお米の国。各地に田んぼがあって、代々、お米を耕してきました。たとえば、田んぼの中心地に住んでいた場合は、「田中」さん、田んぼの山手に住んでいた場合は、「上田」さんなど、たくさんの「田」の名字ができました。その他、「川」や「山」、「野」なども、バリエーションが多い漢字です。付けられた漢字をよく見ると、当時の様子がいろいろ想像できますね。

 今回鑑定する名前も、漢字をみてすぐに読みが想像できた場合は、そのお菓子が大好きなのかもしれません。

<今回鑑定する名前>
「茶菓子」

性別……女性の名前
読み……ちょこ
29画……才智運
※画数は旧字体で数えています。

読み難解度……★★★★☆
名前の運気……★★★★☆
オススメの名字……19画(三橋、長野、岡崎など)、23画(岩槻、飯島、湯原など)

この名前の運気は?

 29画の人は、優れた才能の持ち主。特殊な能力と知恵があり、権力や財力を手にすることができる運勢です。大胆な発想を思いつき、それを実現するために、精力的に活動していくでしょう。「無理だから、やめたほうがいい」と言われても、自分がやりたいことは、次から次へとチャレンジしていきます。10代後半から、人をあっと言わせる行動をしたりと目立ちます。追いつめられたほうが爆発的な力を発揮するため、リスキーな道を歩むでしょう。

 言霊判断において、「ち」の発音は、「地」「血」のように万物を生みだすパワーを与えます。「ち」で始まる名前の人も、パワフルな自由人。友達も多く人気者ですが、トラブルも引き寄せてしまうので、警戒心を持ちましょう。

どんな性格?

 見た目は品があり、気配り上手の「いい人」ですが、性格的にはしたたかで、強気です。すべてを手に入れたいという思いが強く、恋愛においても、好きな男性を征服したいという欲望に駆られるでしょう。強引な面があるため、好きな男性に逃げられる可能性もありますが、甘えん坊の男性から好かれ、男女逆転夫婦になりそうです。ただし、「女性として愛されたい」という思いが強くなると、夫婦仲がぎくしゃくしてくるでしょう。

 仕事運は、金融、芸能、企画部門など、カンのよさと個性を武器にした仕事に向いています。しかし、仕事では成功する反面、プライベートでは人と心を分かち合って話すのが苦手。パートナー選びを間違えると、借金を背負ったり、精神的に不安定になってくるので、相手選びは慎重に。

 今回の名前「茶菓子」は、普通に読めば「ちゃがし」。茶会の席で出される和菓子を想像してしまいますが、茶色いお菓子で「ちょこ」さん。「赤水菓子」なら、「いちご」という呼び方もできそうです。

★「キラキラ姓名判断」のバックナンバーはこちらから

金森藍加

金森藍加

占い師&ライター。神社めぐりとハシビロコウが好き。監修占いサイト『金森藍加のケルト占星術』、公式モバイルサイト『ケルト☆魂の癒やし』。
・ブログ「神社ラビリンス





オフィシャルアカウント&モバイル
  • twitter
  • facebook
  • RSS
  • モバイル用
  

ハピズムをBookmarkする