ucyuujinn.jpg
画像はYou Tubeより

 4月12日号「週刊ポスト」に、「宇宙人との遭遇体験で米男性『数百人の赤ん坊がいる』と証言」という記事が掲載された。男性は、クレセントという女性宇宙人とセックスを続け、彼女との間に、なんと数百人の赤ん坊までつくったといい、今でも性交渉を続けているそうだ。常識的に考えれば、まったく環境の異なる星で生きる異星人たちが、地球人と共通の遺伝子や性器をもち、交配が可能などとは信じがたいことだが、本当なのだろうか? UFOに精通しているN氏は、こう語る。

「このように、異星人との間に子供までいるという例はほかにもありますが、異星人と性的交渉を持ったというケースは、ブラジルで多く見られます」(UFO情報通N氏)

 以下に、異星人とセックスをしたり、子供を産んだというケースを紹介する。

動物的唸り声を上げる異星人女性とセックスしたブラジル男性

 まず、アントニオ・ビリャス・ボアスというブラジル男性のケース。1957年当時33歳の農夫だったボアスは、異星人たちに宇宙船に連れ込まれ、裸にさせられた。彼の前に現れたのは、地球人に似た金髪で身長1.3メートルほどの女性宇宙人だった。

 全裸で入ってきた彼女は、目が大きく吊り上がり、非常に美しかったという。黙って意味ありげな視線を投げかると、彼に近寄り、身を寄せてきた。そして2人は1時間ほどの間に2回、地球人同士のそれと変わらない方法で性行為を行ったそうだ。

 彼女は、なぜかキスは拒んだが、快感を得ていたようで、行為の間に動物のような唸り声を上げて、ボアスの顎をかんだ。

 行為が終わり、部屋を去る前に、彼女は自分の腹を指さして微笑み、次に南の空を指さした。「自分の星へ帰って、あなたとの子供を産むわよ」とでもいう意味なのだろうか、その行動が示す意味はいまだに謎に包まれている。

醜い女性宇宙人と強制的にセックスさせられたブラジル男性

 同じブラジルのミラソル市に住むアントニオ・フェレイラ・カルロスという男性も、異星人とセックスさせられた一人だ。彼が10代だった1979年6月に、工事現場で作業をしていて、身長120センチほどでヘルメットをかぶった異星人に出会った。

 意識を失って気付くと宇宙船の内部にいて、部屋に入ってきた約身長180センチの女性の宇宙人と一緒に寝るようにと、他の異星人たちに強制させられたそうだ。

 相手の女性は、顔は地球人と似ているが醜く、目が吊り上がっていて、髪は赤く縮れ、耳はとても大きく先が尖っていた。そのような奇怪な容姿のため、一緒に寝ることを拒むと、薬を口の中に放り込まれ、意識がもうろうとなって、夢うつつの間に彼女とセックスをさせられた。

 2年後に再び異星人にアブダクト(誘拐)されたアントニオは、赤い縮れ毛のかわいい子供を見せられた。彼と宇宙人との間の子供だった。アゼリアと名付けられたその子は、彼が再度アブダクトされた時には大きくなっていて、ポルトガル語で話せるようになっていた。

「アントニオのケースは、地元の研究家によって詳細に調査されていますが、一見突拍子のない話に聞こえますが、長年の調べによると、真実としか考えられないことばかりで、心理学者による退行催眠の結果でも、事実としか思えない結果が出ています」(同)

処女懐胎のような妊娠・出産

 米国のクリスタ・ティルトンという女性は、10歳だった1962年に初めて異星人と遭遇し、身体検査をされた。10代の終わり頃には、誰ともセックスしていないのに妊娠し、流産した。その後に退行催眠にかけられて判明したのは、異星人にアブダクトされて、水晶でできたカプセルを体内に埋め込まれたことだった。

 クリスタが初めて異星人と遭遇したときに出会った人間のような姿をした異星人は、「自分は遺伝子工学の技師で、地球で遺伝子の実験をしている」と語っていたので、彼女は遺伝子操作を施した精子を子宮に埋め込まれたのかもしれない。

 1976年11月にクリスタはモニカという名の女児を出産。その当時すでに結婚してはいたが、夫とうまくいっておらず、性行為はまったくなかったのに、妊娠していたのだ。

 モニカはIQが非常に高く、学校では天才児用の特別クラスに入っていた。

「クリスタが異星人から聞いたところによると、彼らの仲間はすでにたくさん地球上に紛れ込んでいて、異星人と地球人の間に生まれた子供もたくさん存在するそうです」(同)

爬虫類のような胎児を堕胎したジョバンナ

 最近のケースでは、2010年にイタリアで起きた衝撃的な事件がある。ジョバンナという美人女性が、4歳の時に異星人と遭遇して以来、異星人に何度もアブダクトされたというのである。

jyobannna.jpg
動画はYou Tubeより。宇宙人の子を生んだジョバンナ

 41歳だった彼女は、数回にわたって異星人の男性とセックスするように強制された。ジョバンナが異星人たちとテレパシーで交わした会話では、彼らは自分たちと遺伝的に近いハイブリッド種を作りたがっているのだという。

 彼女を診察した医師は、頭に何かを埋め込まれているのを発見したが、手術による傷はなかった。後日、妊娠の検査のために診察を受けると、医師は赤ちゃんの心臓の鼓動に似た音を確認したが、超音波エコーでは胎児は見つからなかった。

 胎児の状態に異常があると判断した医師は、中絶手術を実施し、世にも不気味な胎児が胎内から摘出された。

 ジョバンナの身体には、異星人に身体検査を受けた際にできた異様な傷跡が残っている。また、自分の携帯電話で、宇宙船、グレイ型のエイリアン、自分が堕胎した胎児などの写真を多数撮影している。

 ここで紹介したケースは、地球人と同様に性行為を行う異星人だが、そうでない場合もあるようだ。

「米国で墜落したUFOから回収されたという異星人は、解剖の結果、胃や腸の消化器官がなく、また生殖器もなかったそうです。この場合、人工授精のような形で生殖を行うようです」(同)

 生殖目的の性行為が必要なくなった場合でも、楽しみのためにセックスをする異星人もいるという。

 昔のピンクレディーの歌ではないが、地球の男に飽きた女性は、「異星の異性」など、どうでしょうか?

■百瀬直也(ももせなおや)
 スピ・超常現象研究家。10代でスピ世界に目覚め、内外の聖地巡礼を続ける。シャーマニズム、古代史、民俗学、地震予知、占星学なども研究。各種カウンセリングも行う。特技はダウジングによる地震予知。著書は『ヴィア・ドロローサ~イエスが歩いた悲しみの道』『大地震の前兆集~生き残るための必須知識』シリーズ (Amazon Kindle本)など。Twitterは@noya_momose。
・ブログ「探求三昧



【検索ワード】  ・  ・  ・  ・ 



オフィシャルアカウント&モバイル
  • twitter
  • facebook
  • RSS
  • モバイル用
  

ハピズムをBookmarkする
  • HOME
  • オカルト
  • UFO・宇宙人
  • > 宇宙人のセックス列伝! セックス中に動物的唸りを上げる女宇宙人、爬虫類のような胎児…