あっという間に桜が散っていった感のあるこの春、東京・千代田区で開催されてた『第37回プチ癒しフェスタ』に行ってきました。

 会場は、ビル内にあるオフィスをイベントスペースとして使っているようでした。エレベーターで目的階に到着すると、はるか向こうに人の横切る姿が見えます。入口スペースには、チラシを手にとる来場者の姿が……。37回も続いているイベントのためか、結構人が来ているようです。

puchi02.jpg
意外に人がいるみたいでホッとしました

 出展者は30~40組といったところでしょうか。入場は無料で、自分が受けたいブースに行けばいいだけ。ざっと見渡すと、カードなどを使った占いやヒーリング、ほかにも、チャネリングやリーディング、整体、揉みほぐしなど、「心」「身体」「スピリチュアル」といった分野に大別できます。それらが混じりあったセラピーもありました。料金も大体1,000円からで、リーズナブルです。

puchi03.jpg
チラシの一部。会場内の雰囲気を伝えています

 会場をぐるぐる回り、まずは、アカシックレコードから情報を読み取るというSさんのもとへ。名前と生年月日を声に出しながら書きました。筆者は軽い高所恐怖症と、凶悪犯罪に対する強い興味と嫌悪があります。特に身体の切断を人並み以上に恐れていて、それが何に由来するものか、尋ねてみることにしました。

 Sさんいわく、筆者はローマあたりで戦っていて、仲間の兵士が切り刻まれ、なぶり殺されたのを目の当たりにしたそうです。これが恐怖の源泉らしく、高所恐怖症は、捕虜となって崖のような高所に幽閉されていた前世と、子どもの頃の経験によるものではないかとのことでした。確かに幼稚園児の頃、登り棒から転落して背中を打ったことがあります。

 その後、「今、○○について気にかかっているというビジョンが見えたんですけど」というSさんの言葉にビックリして、セッションをさらに延長。性格的な傾向について指摘されたり、「それを続けているとすごく苦しくなってくる」などのアドバイスをもらいました。30分で2,000円でも侮れないオトク体験でした。

 その次は、初出展というHさんに気功エステを依頼。話を聞くと、このイベントは出展者にも人気があるフェアで、「有名な先生が結構出ているんですよ」とのこと。こちらもお値段は1,000円です。

 気持ちよく解きほぐされた後は、再び会場を回遊してみました。向かいのヒーリングセッションでは、泣きながら話を聞いている女性の姿が……。きっと、心洗われる経験をしたに違いありません。

 ふらっと寄ってみたブースのMさんは、心、身体、スピリチュアルのケアをするヒーラーの方だそうで、背中を向けて10分間のヒーリング。手のひらがとてもあたたかい……。そこに置いてある本を読みながら質問しているうちに、あっという間に終了。とても優しそうな人でしたが、何をどうやって癒やしてくれたのかわからずじまいでした。

 イベントの終了時間が迫ってきたので、最後は名前占いのブースへ。名刺サイズのカードとペンの色を選んで署名すると、Kさんが瞑想のあと、カードの裏にメッセージを書いてくれましたが、この時点で10分のセッションのうち7分が過ぎ、気が気ではありませんでした。Kさんの場合は、水をあげすぎて根っこが水に浮いている映像が見えたのだとか。これも、筆者には少し心当たりがありました。ワンポイントアドバイスという形ならアリでしょう。

puchi04.jpg
こんなお言葉をいただきました

 イベントは17時まででしたが、時間を過ぎても会場は終わりの気配が見えません。出展者とスタッフの人がおしゃべりに夢中といった、馴れ合いの光景も見ましたが、雰囲気は悪くないので、スピリチュアル系イベントのとっかかりとして行ってみるといいのではないでしょうか。ほぼ毎月、開催しているそうですよ。
(恐ミオ)






オフィシャルアカウント&モバイル
  • twitter
  • facebook
  • RSS
  • モバイル用
  

ハピズムをBookmarkする
  • HOME
  • スポット
  • イベント
  • > 1回1,000円で前世鑑定やヒーリングができる『プチ癒しフェスタ』に行ってみた!