去る4月17日、巨大掲示板に富士山付近の地震を予言する奇妙な図が書き込まれ、話題を呼んでいる。

 それは、ここ2週間以内のうちに、M5を超える強い地震があった「宮城沖」「淡路島」「三宅島」を点と線で結ぶと、「富士山」を示すといった内容だ。

fujisan.jpg
富士五湖周辺!?

 実は、ハピズムでも“地震の起きた場所を結ぶと次に起きる地震がわかる”この現象を取り上げており、実際にこの方法を使って淡路島の地震を的中させたTwitterを紹介した。(記事はコチラ)

 それは、4月6日に投稿されたツイートで、「4月5日にM6.2の地震が起きたロシアと4月6日にM7.1の地震が起きたパプアニューギニアを線で結ぶと、淡路島に当たる」という内容。淡路島の地震を1週間前に予知していたのだった。

awajishima.jpg
画像はTwitterより

 単純計算となるが、これを踏まえると、巨大地震が起きた1週間後に、新たな場所で巨大地震が起きることになるため、今回話題となっている「4月7日にM7.2の地震が起きた宮城沖」「4月13日にM6.3の地震が起きた淡路島」「4月17日にM6.2の地震が起きた三宅島」の場合、遅くても4月24日ごろに富士山付近で地震が発生するのでは? と推測できるのではないだろうか。

 また、4月17日に「NEWSポストセブン」が報じた記事によると、地震と火山の噴火は、どちらもプレートの移動によって起こるという点で非常に関係性が高いとのこと。火山の火口の下には、マグマが滞留している「マグマだまり」というものが存在し、プレートの移動で「マグマだまり」に影響がおよぶと噴火につながるそうで、その「マグマだまり」が東日本大震災以降、刺激を受けて地下数キロメートルまで迫ってきているというのだ。

 いよいよ秒読みとなりつつある富士山の地震、そして噴火……オカルト的な話ではあるが、万全を期することに越したことはないだろう。



【検索ワード】  ・  ・  ・ 



オフィシャルアカウント&モバイル
  • twitter
  • facebook
  • RSS
  • モバイル用
  

ハピズムをBookmarkする