rabu.jpg
そのまま読んじゃダメ

――日本中で、増えつつある「キラキラネーム」「DQNネーム」。名前はその人の大事な看板、一生を左右するものです。実際にキラキラネームは姓名判断&言霊診断でどんな運勢になるのか、どんな特徴をもった名前なのか、鑑定していきたいと思います!

 自分の名前を書く機会は多いでしょう。字を書くのは苦手……という人でも、自分の名前をきれいに書く訓練をしておけば、気持ちもいいし、運気もアップします。運気を上げる名前の書き方として具体的な方法は、まず、筆圧を強めてしっかり書くことです。かすれた字よりも堂々として見えますし、自信も出てきます。そして、「はらい」があれば、きれいにはらいましょう。停滞した運気がスムーズに流れるはずです。また、右上がりの文字は向上心のあらわれ。しかし、極端に上がりすぎると、誰かに足もとをすくわれる恐れあり。心持ち上げるぐらいのほうが、物ごとがうまく進んでいくでしょう。
 
<今回鑑定する名前>
「乱歩」

性別……女性の名前
読み……らぶ
20画……誘惑運
※画数は旧字体で数えています。

読み難解度 ★★☆☆☆
名前の運気 ★★☆☆☆
オススメの名字……11画(青山、吉田、中村など)、25画(内藤、高部、浅塚など)

この名前の運気は?

 20画の名前は、人生の前半は好調ですが、人生の後半、40代あたりから波乱が起きそうな運勢です。幼少期は、親の期待に応えようと努力し、周りから見ても「あいさつのできるいい子」という印象。しかし、大人になるにしたがって、不平不満をためこみ、感情を爆発させ、人間関係にトラブルが生じることがあります。ストレスがたまったら、こまめに発散させるように心がけましょう。

 言霊判断において、「ら」は渦巻き、螺旋をイメージさせる音。ぐるぐると回り続ける「ら」の音が名前の最初にある人は、活動的で、カリスマ性があります。特に、同性から「かっこいい女性」と思われ、憧れの存在になりそう。勉強よりも身体を動かすことが好き。遊びを考えるのも上手で、友達も多いでしょう。

どんな性格?

 二面性がある性格です。慎重で思慮深く、内にこもりやすい面と、大胆にチャレンジしていくポジティブな面があるでしょう。誰にでも二面性はありますが、かなり極端にあらわれるタイプです。仕事運は、デスクワークよりも身体を動かす職種が吉。スポーツ関係やイベント、レジャー産業などが向いているでしょう。

 恋愛運は、愛されたいという思いが強すぎるため、恋人や夫からの愛情が満たされないと浮気に走りやすい傾向があります。誘惑されやすく、危険なタイプに惹かれてしまうので、現実をしっかりみつめ、冷静な判断をするように心がけましょう。

 「乱歩」が「らぶ」ということは、江戸川乱歩が好きなのかもしれませんね。乱歩は幻想的な作品が魅力で、主人公が妄想の世界に巻き込まれてしまう作品が多いです。夢のような人生はすばらしいですが、幻想に惑わされないよう気をつけましょう。

★「キラキラ姓名判断」のバックナンバーはこちらから

金森藍加

金森藍加

占い師&ライター。神社めぐりとハシビロコウが好き。監修占いサイト『金森藍加のケルト占星術』、公式モバイルサイト『ケルト☆魂の癒やし』。
・ブログ「神社ラビリンス





オフィシャルアカウント&モバイル
  • twitter
  • facebook
  • RSS
  • モバイル用
  

ハピズムをBookmarkする