ハワイのスピリチュアルスポットといえば、ここオアフ島ワヒアワ郊外にある「クカニロコ」。通称「ワヒアワのバース・ストーン」とも呼ばれる場所です。

 古代、ハワイの王族女性がその岩の上で出産したという史跡であり、ハワイ民族にとっては、一般民が足を踏み入れてはいけないとされていました。場所がわかりにくいため、ハワイのスピリチュアルツアーでは組み込まれていることが多いのですが、ツアーに組み込むことに地元から反対があり、そう簡単には足を踏み入れられなかったといいます。

01S.jpg
その地に着くと、赤土に覆われた地に圧倒されます
02S.jpg
入り口には大きな岩があり、その先には参道を表すように岩がならんでいます

 明らかにほかの場所とは違う、大地の葉脈を感じるような迫力に圧倒されます。ここに訪れれば、明らかな気の違いを確認できるでしょう。

 クカニロコはオアフ島のへそに当たる場所にあり、「王族を地に結びつける場所」とされてきました。「クカニロコ」という地名は、ハワイ語で「内部からの叫びを収める」という意味を持ちます。クカニロコで生まれた子は偉大なる力を得るとされ、安産や子宝の祈願にいいとガイドブックに書かれているため、岩を触ってしまう人が多いよう。しかし、よそ者は入場してからもその岩に触れてはならないのだと地元の人々は言います。現在でも、ここはあくまでハワイの人々のために聖地であり、観光客には関係のない場所なのです。観光でのぞくだけの日本人は、足を踏み入れる前に、失礼のないように自己紹介を神々にし、そして入場の許可を得なければならないそう。

03S.jpg
赤土の道の先にヤシの林が見えてきます
04S.jpg
進んでいくと岩が並び、岩の上にはレイがかかっているのが見えます

 風景に浸って、ここには長くいてはいけません。どちらかというと、私たち日本人には不向きの場所なのです。あまりにそのパワーが強いので、長く滞在することはオススメできません。10分もいると、身体のどこかに、びりびりした強い痛みがあらわれる人がいることでしょう。その場合は、神々にお礼を言い、素早くこの場所を出るのが賢明です。

 ここはハワイの中でも特別な場所。あくまでハワイの人々を理解し、ここを敬うことができる人だけが、土地の霊力とエネルギーを持ち帰ることができるのです。
(樫原叔子)



【検索ワード】  ・  ・  ・ 



オフィシャルアカウント&モバイル
  • twitter
  • facebook
  • RSS
  • モバイル用
  

ハピズムをBookmarkする