okinawa.jpg
地震の前兆だったら怖い……

 去る3月22日、沖縄タイムスによると、沖縄本島の「本部町」「名護市」「今帰仁村」「読谷村」「宜野湾市」「那覇市」「南城市」の各地で、3月19~22日にかけて謎の振動が相次いで発生しているそうだ。

 複数の住民が、「窓や建具などがカタカタと揺れた」「寝ていたが、起きてしまった」と、揺れを報告している。また、本部町の男性は「1秒ぐらいだがわずかに揺れた。風もないので原因が知りたい」と心配気に語る。

 沖縄気象台は「地震計はまったく動いていない」と、地震であることを否定しているが、地震でなければ、何なのだろうか?

 実は、2年前の東日本大震災が発生した3日後の3月14日にも、沖縄の読谷村で謎の揺れがあったというツイートがTwitter上で集中した。また、同日の夕刻に、那覇でもベランダのガラス戸がガタガタ震えたり、那覇空港近くでは、夜に短い揺れが突発的に繰り返されたという。また、宜野湾や豊見城でも「揺れた」という報告があった。

 その時は、読谷村と恩納村の境界線付近にある山奥の演習場での「射撃練習」の振動ではないか? という説も出た。だが、その地域以外でも飛び地的に揺れが確認されているので、この「射撃練習」による振動の可能性は低く、結局原因がわからずじまいで終わった。

 そして、今回の揺れはオスプレイの飛行による「共振現象」ではないかと疑う声も上がっている。だが、地元民の男性によると、オスプレイは確かに独特の振動を起こして飛行するが、それとは明らかに違っていたとのことだ。また、オスプレイの振動によるものならば、なぜ気象庁が可能性としてでも指摘しないのかが疑問であるし、沖縄ではすでにオスプレイの振動が問題となっているため、オスプレイが振動の原因なら、このように「謎の揺れ」とはならないのではないだろうか。

 さらに、ネット上では、「空振」ではないかという声も多いが、空振とは、通常火山の爆発的噴火に伴う急激な気圧変化で起きるもので、今回は、対応する噴火はどこにも起きていない。

 また、今年2月に、箱根で震度5の地震があり、ロープウェイが止まったが、気象庁の地震計が記録しないほどの超局地的な地震だった。今回もその類かというと、揺れが起きている地域が広範囲にわたるので、可能性は低いだろう。

 こうして引き算式に考えていくと、あり得る可能性というのがどんどんなくなり、ますます謎が深まっていく。

 沖縄といえば、謎の揺れ騒ぎと同時期の3月20日に、読谷村の米陸軍トリイ通信施設内トリイビーチに、ザトウクジラ1頭の屍骸が打ち上げられた。ザトウクジラは体長約10メートルの若い個体で、死因は不明。大地震の前にイルカやクジラが座礁するケースは多く見られるが、屍骸が漂着することはあまりなく、今回も地震との関係は微妙だ。

 だが、この件は別としても、3月15日には島根県の隠岐の島で、「地震魚」の別名をもつ深海魚「サケガシラ」が出現しているので、やはり西日本での地震が気になるところだ。隠岐では今年に入って、サケガシラが漂着したり釣り上げられたりするケースが相次いでおり、大地震の前兆ではないかともウワサされる。

 そのほかに、最近の地震前兆ではないかと思われるものでは、ちょっと専門的になるが、電子数の増大がある。地球の上空の電離圏に存在する電子の数が、東日本大震災など巨大地震の前に増大していた。この電子の総数(TEC)の値は研究機関で公開されていて、民間で地震予知に利用する人も多い。実は、現在、このTEC値が沖縄あたりで高い状態が続いていて、地震に警戒が必要なのだ。

 沖縄では大きな地震がないと思っている人が多いが、実際は歴史を通じて多く起きている。昭和元年には沖縄北西沖M7.5があり、今世紀に入っても、2010年2月27日沖縄本島近海でM7.2、2011年11月8日沖縄本島北西沖でM7.0の地震が起きている。これらの地震は規模は大きくても、震源が沖合のために大きな人的被害はなかったが、いったん津波が発生すると、そうはいかない。たとえば昭和8年の八重山地震津波(推定M8.5)では、1万2,000人もの死者が出た。

 阪神・淡路大震災の時と同様に、「ここでは地震が起きない」という油断がある地域で大地震があると、大きな被害が出てしまいがちだ。日本ではどこにいても地震の被害は免れないものとして、日頃から注意を怠らないようにしたいものだ。

■百瀬直也(ももせなおや)
東京出身。スピ・超常現象研究家。10代の頃にスピ世界に目覚め、内外の聖地巡礼を続ける。神仏、聖者、シャーマニズム、イスラエル10支族 などの古代史、地震予知、西洋・インド占星学なども研究。スピリチュアルダウジングや占星術などによる男女の相性判定を得意とする。著書は「ヴィア・ドロローサ~イエスが歩いた悲しみの道」「大地震の前兆集~生き残るための必須知識」シリーズ (Amazon Kindle本)など。
・ブログ「探求三昧」



【検索ワード】  ・  ・  ・  ・ 



オフィシャルアカウント&モバイル
  • twitter
  • facebook
  • RSS
  • モバイル用
  

ハピズムをBookmarkする