rikonteso.jpg
やっと結婚したのに離婚なんて……

 手相でよく知られている線は、「頭脳線」「感情線」「生命線」3本。ほかにも、「結婚線」「運命線」などがあり、それらの線を読み解くことによって、これまでや、この先の仕事や人生の運気がわかります。特に、女性にとって一番気になる運気は、「結婚」ではないでしょうか。

 結婚運をみるには、小指の下にあらわれる「結婚線」を見ます。過去の恋愛遍歴や、これからの恋愛模様、結婚の時期がわかるだけではなく、結婚後の生活がうまくいくかということも読み取ることができるのです。線の出方によっては不幸な別れを招き寄せ、場合によっては、結婚しても離婚が待っていることも。そんな「要注意結婚線」になっていないか、気になりますよね。それでは、今すぐチェックしてみてください。パートナーがいるなら、彼の「結婚線」も要チェックです。

【チェックの仕方】
 「結婚線」は、右手小指の付け根から「感情線」までの間にあらわれる横線です。「感情線」あたりが20歳前後、小指の付け根が50歳前後の出来事をあらしています。線の出方とおおよその年齢位置を目安にして、チェックしてみてください。

koisuruteso03.jpg
赤い丸のところが結婚線。
吉相でも、いい気になると凶相になることも……

■結婚線が多い……たくさん恋愛をする分、別れの数も多い
 結婚線が3本以上刻まれている人は、多くの恋愛をするでしょう。ある意味、モテ期ともいえますが、1人の相手とじっくり付き合うというよりも、何人もの異性と恋愛を楽しむ状況になりがちです。そのため、結婚したとしても、すぐに離婚して、新しい恋愛に向かってしまう可能性があります。ただし、深い線が1本あれば大丈夫。その線が運命の相手を意味していて、幸せな結婚を送れることでしょう。深い結婚線がある時期に出会った人は、見逃さないようにしましょう。

■結婚線が極端に短い……結婚しても別れが早い
 結婚線が極端に短い場合、結婚したとしても、短期で終わる可能性が高いです。そのため、安定した生活を望むことは難しいでしょう。ただし、結婚線は変わりやすいので、最初は短くても、付き合っていくことで長く変化することもあります。

■結婚線が下向きに伸びている……付き合っても長続きしない
 結婚線は、一般的に横一直線に伸びていますが、下にカーブしている人は注意が必要です。下向きの結婚線は、相手に対する不平・不満が多いことを意味しています。そのため、その時に付き合っている相手がいるならば、その相手とは長続きしないことを意味します。さらに、その線が感情線にまで達している場合、別れや離婚の確率はかなり高くなります。

■はっきりとした結婚線が2本以上ある……バツイチになる可能性大
 はっきりとした結婚線は、1本ならば円満な結婚を意味しているのですが、2本以上は、あまり好ましくありません。最初の結婚は、うまくいかないということを意味しているからです。ただし、感情線より太い結婚線は、過去の大恋愛をあらわしているケースもあります。

■結婚線に縦線が入る、または一度途切れる……トラブルの多い結婚生活に
 結婚線を分断するように縦線があらわれている人は、結婚にトラブルを抱えてしまいがち。結婚しても、不倫や金銭問題、性格の不一致など、離婚や別居につながる障害に陥る可能性があります。また、分断する線がなくても、一度途切れていて、また線があらわれている場合も同様です。

■結婚線の先端が分かれている……別居婚になりがち
 伸びた結婚線の先が二股に分かれている人は、将来的に夫婦が別々に暮らしてしまうことを意味しています。ただし、単身赴任や入院などが原因で、愛情自体がなくなるというわけではありません。一時的な状態を乗り切れば、別れを回避することもできます。

 上記のような結婚線が出ている人は要注意。ただし、結婚線は、手相の中でも比較的変化しやすい線です。今、別れの手相が出ていたとしても、落ち込むことはありません。運命の人と出会ったり、運気が変わったりで、線はまた違った伸び方をするので、定期的に結婚線を見て、自分の結婚運をチェックしましょう。



【検索ワード】  ・  ・ 



オフィシャルアカウント&モバイル
  • twitter
  • facebook
  • RSS
  • モバイル用
  

ハピズムをBookmarkする
  • HOME
  • 占い
  • 恋愛
  • > 結婚しても離婚確定!? 小指下にあらわれる別れを招く手相