selfoharai.jpg
身体が重くて何もしたくない……

 春の陽気には“妖気”が潜んでいると感じたことはありませんか? 理由もないのになぜか怖い感じがしたり、言いしれぬ不安に襲われたり。取り憑かれでもしたように身体の一部が重くなる、なんてこともあるかもしれません。こんなとき、気のせいだとやり過ごしてしまっては危険! 嫌な気配を感じたら、その場で簡単にできるセルフお祓い術で身を護りましょう。早めに手を打つことで、悪い気がさらに悪い気を引き寄せるという負の連鎖も防ぐことができますよ。

■何かにつきまとわれている感じがする……柏手を打つ、鈴や音楽を鳴らす
 何かにつきまとわれているような感じがしたり、気持ちが妙にざわつく時は、神社で柏手を打つように、両手を大きく打ち鳴らしてみましょう。両手の平を少し膨らませて、気合いを込めて打つのがコツです。邪気は音が大の苦手なので、一瞬で気が変わるのを感じられるはず。また、気持ちのいい音楽を流したり、鈴の音を響かせるのも効果があります。この場合は、音のパワーで場をクリーンにして、いいエネルギーで満たすことができます。

■関わりたくない場所に居合わせた……親指を握って隠す
 暗いムードの場所や、人が争っている現場など、関わりたくない状況に居合わせてしまった時は、両手をグーの形で握り、親指を隠しましょう。これは密教の身体を護る「印」のひとつ。親指は全身をあらわす指であることから、親指を隠すことにより全身を護ることになるのです。なお、その場を離れたら念入りに手を洗いましょう。水にはエネルギーを転写する力があるので、邪気をきれいさっぱり洗い流すことができます。

■嫌な気配を感じる……近くの樹木に触れる
 街中で嫌な気配を感じたり、不安に陥ること、ありませんか? そんな時は、近くにある樹木にそっと触って助けを求めてみましょう。樹木にはネガティブな気を吸い取り、いい気を作り出す性質があるため、あなたを取り巻く気の流れをスッキリ浄化してくれます。また、常緑樹の大木などパワーのある樹木であれば、身代わりとなって、トラブルを未然に防いでくれることも。ただし、枯木には効果がないばかりか、エネルギーを吸い取られるのでご注意を。

■人混みで悪い気をもらいやすい……手鏡を持ち歩く
 人混みで疲れやすい人、ネガティブなパワーをキャッチしやすい人は、普段から胸ポケットに手鏡をしのばせておきましょう。このとき、鏡面は必ず外側に向けてください。鏡は、光を反射させるように邪気をはね返してくれるので、強力なお祓いアイテムとして使えるのです。なお、鏡は円形で、鏡面にゆがみがないものを選びましょう。曇りがあってはパワーを発揮できないので、普段からきちんと磨いておくことも大切です。

■だるい、肩が重い……ドライフルーツやナッツを食べる
 「なんだかだるい」「妙に肩が重い」「やる気が出ない」。そんな症状があるなら、邪気に取り憑かれているのかもしれません。力のつく食事をとって、邪気を退散させましょう! オススメなのは、天日干ししたドライフルーツやナッツ類。これらは、太陽と生命のエネルギーがぎゅっと詰まったパワーフード。ポジティブな陽の気のかたまりなので、まるで薬のように邪気を散らしてくれます。なお、無理なダイエットは邪気につけいる隙を与えているようなもの。毎日キチンとした食事をとって、幸運体質を作っていきましょう。

 春先だけに限らず、「ゾクリ」ときた時や、不調が続くような時には、このセルフお祓い術をぜひ試してみてくださいね。
(亜麻リリス)



【検索ワード】  ・  ・  ・  ・ 



オフィシャルアカウント&モバイル
  • twitter
  • facebook
  • RSS
  • モバイル用
  

ハピズムをBookmarkする
  • HOME
  • 風水・開運
  • > その疲れは“邪気”のせいかも……「セルフお祓い」で簡単邪気祓い!