re-kaiunhoui03.jpg
運命的な恋に落ちるかも

――遊びに出かけるなら、ぜひ「吉方位」へ! 毎月変わる「吉方位」に出かければ、楽しみながら開運することもできます。さらに、「開運アクション」とともに「1泊」すれば、開運効果をより得られるはず。まだ週末の予定を立てていない人は、吉方位を活用して、旅行の予定を立ててみてはいかがでしょうか?(方位の出し方はこちらから)

■今月の開運方位
「南東」「東」……出会い・発展運アップ!
>

 異動や就職、進学などで、春は出会いが増す季節です。これを機に、一生を通して付き合える仲間と出会いたいなど、素晴らしい人間関係を望んでいる人もいるでしょう。今回の開運方位は、そんな人にバッチリな、ワクワクする新しい展開を数多く運んでくれるものです!

 3月の開運方位は、「南東」「東」。「出会い運」「発展運」に効果がある方位です。九星気学でみると「憂い」「思考」の象意をもつ「一白水星」が中宮に入る月なので、じっとしているとネガティブな思いになりやすい時です。それなら、素敵な出会いや物ごとの発展を願いながら、ぜひ、この開運方位へ旅行してみてはいかかでしょうか。

<あなたの生まれ年の九星>
昭和25・34・43・52・61 平成7……五黄土星
昭和26・35・44・53・62 平成8……四緑木星
昭和27・36・45・54・63 平成9……三碧木星
昭和28・37・46・55 平成1・10……二黒土星
昭和29・38・47・56 平成2・11……一白水星
昭和30・39・48・57 平成3・12 ……九紫火星
昭和31・40・49・58 平成4……八白土星
昭和32・41・50・59 平成5……七赤金星
昭和33・42・51・60 平成6……六白金星

※生まれ年の九星・十二支は、節分で区切ります。1月1日~2月3日の人は、前年の九星・支です。例えば、昭和50年の2月1日生まれの人は、七赤金星・辰年生まれではなく、八白土星・卯年生まれとしてみます。
※開運方位の適用期間は「3月5日~4月4日」までです。

■【南東】……出会い運アップ 素敵な縁をゲット! 
・効果があらわれやすい人……「二黒土星」「五黄土星」「八白土星」「卯年」「未年」生まれ
・ラッキープレイス……劇場、百貨店、映画館、貴金属店、美術館、書店
・ラッキーアクション……着飾る、化粧をする、髪を切る、写真をとる

 「ステキな彼がほしい」「心許せる友を得たい」など、うれしい出会いを望む人は、ぜひ「南東」へ。外出先で、ストライクゾーンど真ん中の異性が声をかけてきたり、イベントで知り合った人達と瞬く間に意気投合したりなど、思いもよらない出会いが続々と訪れるでしょう。すぐに信用を得て、人脈を広げたい人にもオススメ。あらゆる分野の人達との有意義な出会いをつかむことができるでしょう。

 開運効果のある場所は、美を意識できるところなら、どこでもOK。華やかな舞台が開催されている劇場や、美しい所蔵品が飾ってある美術館なら間違いないでしょう。女性ならブティックやコスメショップ、美容院など自身の美を極めることができる場所もオススメ。今話題のエステ・スパ付きツアーを利用してもよいでしょう。アクションも、美につながることをして。男性は身だしなみをキッチリ整えましょう。女性は、派手目にすると効果倍増。しっかりメイクに、光輝くアクセサリーを身に着けて。その姿を写真におさめるのも、開運アクションの1つです。

 ただし、「六白金星」「七赤金星」「亥年」」生まれの人は、同行した人と喧嘩したり、お店や宿泊先などで文書ミスからトラブルになる可能性が。なるべく穏やかな心で何か記入する際は慎重に書くようにしましょう。

■【東】……発展運アップ! 何ごともトントン拍子に進む
・効果があらわれやすい人……「六白金星」「七赤金星」「卯年」「未年」生まれ
・ラッキープレイス……サービス・パーキングエリア、駅、宿泊所全て、山、お寺、石垣
・ラッキーアクション……休憩をしっかりとる、山の幸を食べる、ジェンガで遊ぶ、僧侶と話す

 「東」は、新しく始めたことをスムーズに運ばせたい人にオススメな方位です。新しい環境で思った以上に物ごとがうまく運んだり、初めての企画がすぐに採用され、話がどんどん進んだりなど、スピーティーな展開が期待できるでしょう。やる気アップや、才能の開花を望む人にも有効。結果を瞬時に出したいと思っている事柄があれば、ぜひこの方位を活用して。

 まずは急がず慌てず、各所でしっかり休憩をとることです。車で移動するなら、話題のサービスエリアには必ず立ち寄り、一服しましょう。電車やバスを利用する人は、途中下車をして。行先は山がオススメです。そこでぜんまいや蕨、芋類など山の幸いっぱいの料理を食べ、ゆっくり宿泊先でくつろぐことです。キーワードは「休息」」「山」「積み重ね」です。この3つに関することなら何でも◎。前もって荷物にジェンガを忍ばせ、宿泊先で仲間と遊ぶのもラッキーアクションになります。お寺で座禅修行をして僧侶と話すのも、開運効果バッチリです。

 ただし、「一白水星」「戌年」生まれの人は、行く先々で足止めをくらったり、ケチくさくなり皆からヒンシュクをかったりする可能性が。何事も寛容にとらえることが必要となるでしょう。

 「南東」「東」どちらも新しい環境に身を置く人には、うってつけの方位ですが、効果はそれぞれ全くと言っていいほど違います。「南東」は、人との縁が豊かになる方位です。人間関係重視の人はこちらを活用しましょう。人との関係よりも、自分が手がけている物事を上手く押し進めたい人は「東」がオススメです。ただし、開運旅行をしても、人のためにつくしたり、根回しをしたりなどの努力を怠れば、効果は半減します。前もって開運につながる種まきをしておくことも、大きなラッキーをつかむためには必須です。ちなみに開運効果は一ケ月ほど続きます。4月4日までに行えば、ゴールデンウィークくらいまで有効です!

 この開運法は、100km以上離れた場所で1泊以上したほうが効果を発揮しますが、近距離でも「開運アクション」とともに「1泊」すれば開運効果を得られます。そして、残念ながら日帰りでは効果がありません。まだ春休みまでの旅行予定を立てていない人は、ぜひ、この開運方位を活用した「1泊旅行」の計画を立ててみましょう。

葵翠花

葵翠花(きみか)

鑑定歴11年。前職は美術教員。相談者の悩みに応じて、タロットや西洋占星術、気学など、あらゆる占術を使って多角的な視点でアドバイスをする。得意とするのは「気になる相手の気持ちや対応策をみること」。第2・4日曜日に浦和パルコ5F占いコーナーにて対面鑑定を行っている。
占い師葵翠花Website


【検索ワード】  ・  ・  ・  ・  ・  ・ 



オフィシャルアカウント&モバイル
  • twitter
  • facebook
  • RSS
  • モバイル用
  

ハピズムをBookmarkする