RussellCrowe.jpg
ああ無情……

 映画『レ・ミゼラブル』で、法と正義を順守することに命をかけるジャベール警部の名演技が記憶に新しい、ラッセル・クロウが、「疑惑」のUFO画像を撮影。3枚のUFO写真で編集した動画をYoutubeに投稿し、世界中で話題になっている。問題の動画はコチラ。

動画はYou Tubeより

 動画には、「これらは本物だ」「時間経過に順じて撮影した」というキャプションがついている。この時、ラッセルは友人と共に、植物パークから出て来る「オオコウモリ」を撮影中だったとのこと。その時に偶然写り込んだ謎の光が、UFOだと、主張しているのだ。

 英紙「インディペンデント」のサイトでは、映画『レ・ミゼラブル』で共演したサマンサ・バークスとの熱愛報道があったため、UFO画像を作成して世間の気を逸らしたのでは? との見解を示しているとのこと。これに対し、ラッセルは、「写真は加工されてはいない」「キャノン5Dで、フラッシュは使わなかった。レンズフレアではない。カメラは固定されていた」とツイートし、依然として「本物のUFO写真である」ことを主張している。

 さて、これを受けて、編集部でカメラの専門家に話を聞いてみると、即答でこんな返事が返ってきた。

「このような光が入る可能性は無数にありますが、UFOでないことだけは間違いないでしょう。スチール画像であることも含め、恐らくフォトショップで作ったと考えられます。いくらハリウッドスターといえども、もう少し真面目にfakeを作ってほしいものです。ヘタすると、iPadのアプリで作られた可能性もあるほど、稚拙な加工写真です」

 とのこと。どうやら、名俳優ラッセル・クロウの恥ずかしいウソがバレ、迷俳優となる日も近そうだ。

 さて、UFOといえば、中国にUFOが着陸し、さらに宇宙人が中から出てきたとされる動画が、ネットで大きな話題となっている。イギリスのAPフィルムズが制作した特撮ドラマ『謎の円盤UFO』を彷彿とさせる、アナログ感漂うUFOから、ロズウェルで発見された宇宙人に似た謎の生命体が中から出てくる臨場感溢れる映像だ。これこそ合成のように見えるが……。

動画はYou Tubeより

 中国のUFOといえば、2012年に広東省に出現した六角形のUFOも話題だったが、これまた古めかしいなんともいえないアルミ臭がするUFOだ。

動画はYou Tubeより

 ロシアの隕石をUFOが撃墜した可能性も含め、空前のUFOバブルとなった昨今。今後も空を注意深く見上げる必要がありそうだ。



【検索ワード】  ・  ・  ・  ・  ・  ・ 



オフィシャルアカウント&モバイル
  • twitter
  • facebook
  • RSS
  • モバイル用
  

ハピズムをBookmarkする