suchan.jpg
映画『すーちゃん まいちゃん さわ子さん』公式サイトより

 3月2日に公開された、映画『すーちゃん まいちゃん さわ子さん』。原作は、仕事に恋に悩みながらも淡々と日常を送る独身女性3人の姿がリアルに描かれた、4コマ漫画『すーちゃん』(幻冬社)シリーズ。素朴な画風の漫画やエッセイで人気のある益田ミリの作品です。30代女性が抱える仕事、年齢、結婚、親の介護などの悩みに正面から取り組むストーリーがじわじわと同世代女性の共感を得て、累計28万部(映画化発表時点)を売り上げたヒット作。3人のキャラクターがとてもよくできていて、誰もが、3人の中の誰かに共感してしまうのではないでしょうか?。さて、そんなリアルな「すーちゃん」シリーズのキャラクターを使って、心理テストをしてみましょう。次の質問に答えてみてください。

最近お疲れ気味のあなた。気分転換に、ちょっとした身の回りのものを買おうと思っています。あなたが選んだのは、次のうちのどれですか?
「おひとりさま度合い」を診断
お疲れ気味の時にふと選んでしまう色や物は、あなたの本質的な特徴を示しています。あなたは、どんなタイプのおひとりさまになりやすいのでしょうか? 結果を見てみましょう。
A:おひとりさま度合い30%
→女子力高めの「まいちゃんタイプ」
 赤やピンクは、女性性や、愛し愛されること、情熱などを象徴しています。アクセサリーや小物入れという選択肢もこの中では一番女性的なもの。これを選んだあなたは、おひとりさま度合いが比較的低めな「まいちゃん」タイプです。まいちゃんは不倫に悩んだり、職場でのセクハラや、仕事を頑張りすぎて肌荒れに落ち込んだりしますが、情熱的な女の子らしさを持っています。このタイプは、情熱が暴走して不倫に走ったり、仕事での怒りに燃えたりしがちですが、自分の情熱に素直になって誠実な愛を求めれば、幸せな恋愛や結婚ができるタイプです。
B:おひとりさま度合い55%
→家族思いの「さわ子さんタイプ」
 グリーン系の色は、調和やくつろぎを意味します。さらに置き物を選ぶということは住居やスペースなどへの親密度が高いことを示します。そんなあなたは家や家族をとても大切にしている「さわ子さん」タイプ。さわ子さんは、実家でお母さんとともに、痴呆で寝たきりになったおばあちゃんの介護をしています。家族への愛情ゆえに結婚や恋愛に縁遠くなってしまっていますが、本来はとても愛情深くてやさしい女性。このタイプは「家族への愛」を「未来の家族への愛」に変換していくと、幸せな結婚や恋愛ができるタイプです。ただ愛情深さゆえ、家族愛と異性愛を両立できるかどうかがキモになってきます。
C:おひとりさま度合い70%
→1人でじっくり考える「すーちゃんタイプ」
 青〜紺系の色は、鎮静作用が強く、とても冷静な思考の色です。比較的硬質な素材が多いステーショナリーを選ぶのも、暖かいくつろぎより理路整然とした思考で自分を納得させたい傾向をあらわしています。そんなあなたは、苦しいときほど1人で時間をかけて結論を出す「すーちゃん」タイプ。すーちゃんは日記をつけて自分を見つめたり、折に触れて心理学や自己啓発の本を読んだりします。このタイプは、仕事も恋愛も自分の感情を押さえてしまう傾向が高く、それゆえせっかくの素敵な人柄がまわりに伝わりづらく恋愛は縁遠くなってしまいがち。でも自分の人生に対してしっかり向き合っていける強さを持っているので、突然の恋に落ちた時には、誠実で堅実な愛を育んでいけるタイプです。

 あなたはどのキャラクターになりましたか? 映画では、淡々とした持ち味の原作とはひと味違ったドラマチックな展開もあるようなので、自分と近いタイプのキャラクターが泣いたり笑ったりする姿を見に行くのもいいですね。自分の中のもやっとした気持ちが一緒に発散されて、スッキリするかもしれません。
(永沢蜜羽)






オフィシャルアカウント&モバイル
  • twitter
  • facebook
  • RSS
  • モバイル用
  

ハピズムをBookmarkする