gunsoku.jpg
グンちゃんは古モンゴロイド顔ー

 今、女性たちの間で人気がある韓流スターたち……たとえばチャン・グンソク、イ・ミンホ、パク・シフなどは日本にもたくさんのファンがいることだろう。すっかり身近になった日本における韓流ブームだが、実は、日本人と韓国人は、同じルーツを持つ民族である可能性があることをご存じだろうか。

 現在韓国のネット上では、「日本人のルーツは韓国にある」といった説が飛び交っている。なんでも、日本人は、先住民族である縄文人と、朝鮮半島から渡ってきた弥生人が混血を繰り返したものであるということが、DNAによる科学的研究の成果でわかったそうだが、本当にそうなのだろうか。

■姿形を観察 韓国人には白人の血、日本人にはチベット人の血が流れている!?

 モンゴロイド(黄色人種)は、形質的特徴から、古モンゴロイドと新モンゴロイドに分類され、新モンゴロイドは寒冷地に適応した結果、容貌が異なっている。日本人では古・新モンゴロイドが混在しているが、韓国人は、新モンゴロイドが多いようだ。ここで、わかりやすいこの2つの特徴を挙げてみよう。

古モンゴロイドの特徴(縄文人、沖縄、アイヌ、本土日本人、華南、東南アジア、太平洋など)
・小柄 ・彫りが深い ・二重まぶた ・厚い唇 ・湿った耳垢 ・多毛

新モンゴロイドの特徴(モンゴル、シベリア、華北、朝鮮半島、本土日本人など)
・一重まぶた ・目頭に蒙古襞 ・彫りが浅い ・体毛が少ない ・唇が薄い ・乾いた耳垢 ・背が高い

 筆者が幼少の頃に住んでいた土地には在日朝鮮人が多く住む地域があり、中学校の同級生にも何人かいた。韓国人というと、「吊り目」「一重まぶた」「エラ張りというイメージがあるが、たしかに新モンゴロイド的な韓国人のイメージに近い特徴をもつ人が多かった。だが、今の韓流スターたちは、新モンゴロイドの範疇に収まらないようなバタ臭い容貌をもっていることが多い。多くは整形しているだろうが、学生の頃の写真を見ても、そう思うのだ。これは、彼らの中に、北方から流れてきた騎馬民族(ツングース、扶余などの北方民族)など、さまざまな民族の血が入り込んでいる可能性があるからだと考えられる。また、古代の朝鮮半島東南部にあった新羅という国は、実は「新羅馬(新ローマ)」で、ローマ帝国の国という説もあり、そうなるとコーカソイド(白人)の血も混入している可能性があるのだ。そして、古代日本にも、この北方民族やローマの血を引いた渡来人が朝鮮半島から多数訪れ、結果的に日本人との混血が進んだと思われる。

 話は変わるが、DNAとタンパク質の集まりであるY染色体によって、日本人のルーツ(父系)をたどる研究がある。それによると、日本では「D系統」に分類される「Y染色体」をもつ人が多く、これは「本土日本人」「アイヌ」「沖縄人」のほかには「チベット人」くらいにしか見られない。このことは、日本の先住民だった古モンゴロイドの縄文人が大陸から渡ってくる以前に、チベット人と近い民族だったことを意味する。

■霊視で判明した、日本人は全員混血説

 ところで、超心理学者として世界的に著名な本山博という人がいる。神社の宮司という一面もあり、ヨガ行により、すべてのチャクラを覚醒させた霊覚者でもある。本山師はその著書で、日本人のルーツについても、霊視によって知り得たことを書いている。

 それによると、まず4~5万年前に大陸から日本に渡ってきた古モンゴロイドの縄文人(後のアイヌと沖縄人)が狩猟・採集生活を始めた。次に2000~3000年前に満州・沿海州から来たと思われる新モンゴロイドの出雲系民族が、先住アイヌ民族と争い、和合し、全国を統合した。
 
 2500~2000年前には、新モンゴロイドの大和(天孫)系民族が中国南部または朝鮮半島の西側、百済を経て九州に渡ってきて、優れた稲作と鉄器をもたらした。

 朝鮮半島には、日本に渡ってこなかった人々が残って、韓国人の祖先の一部になったのだろう。つまり、韓国人は、騎馬民族など、いろいろな新モンゴロイドが入り混じり、日本人は、新モンゴロイドと古モンゴロイドの血が混在しているということだ。だとすれば、日本人と韓国人は、一部が共通のルーツをもつことになる。現在でも、中国南部や東南アジアには、われわれと類似した生活習慣やDNAをもつ民族がいるが、日本人の一部と共通のルーツをもっているのかもしれない。ほかにも、日本には中国、インド、中東、東南アジアなど、あらゆる地域から人々が渡来したと思われる。日本は黄金伝説の地であり、シルクロード交易の終着駅だったため、人種や文化の吹き溜まりとなり、大和民族といっても、実はさまざまな民族が混血しているということだ。

 さて、あなたは新旧どちらのモンゴロイド的だろうか? 中国系? 朝鮮半島系? 外見的特徴などから、自分の先祖のルーツに想像を巡らすのも楽しいかもしれない。

 ちなみに、筆者は今まで数十カ国の国々を訪れたが、海外で東アジア人を見かけても、それが日本人なのか中国人や韓国人なのか、見分けがつかないことが非常に多い。日本人だとすぐわかる方がまれだろう。裏を返せば、日本ではそれだけ中国人や韓国人と見分けがつかない顔立ちをした人がたくさんいるということだ。今、日本と韓国は竹島問題で争っているが、同じルーツをもつ兄弟同士で領土を奪い合うのは悲しいことだと思っている。

■百瀬直也(ももせなおや)
東京出身。スピ・超常現象研究家。10代の頃にスピ世界に目覚め、内外の聖地巡礼を続ける。神仏、聖者、シャーマニズム、イスラエル10支族 などの古代史、地震予知、西洋・インド占星学なども研究。スピリチュアルダウジングや占星術などによる男女の相性判定を得意とする。著書は「ヴィア・ドロローサ~イエスが歩いた悲しみの道」「大地震の前兆集~生き残るための必須知識」シリーズ (Amazon Kindle本)など。
・ブログ「探求三昧」



【検索ワード】  ・  ・  ・  ・  ・ 



オフィシャルアカウント&モバイル
  • twitter
  • facebook
  • RSS
  • モバイル用
  

ハピズムをBookmarkする
  • HOME
  • オカルト
  • > 韓国のネットで話題! 日本人のルーツは韓国にある!?