goldacce.jpg
じゃらりん

 男性から贈られてうれしいアクセサリー。金、銀、銅……その素材はいろいろありますが、アクセサリーとして身に着けるには、その素材がいいのでしょうか? 今回は金・銀・銅のアクセサリーの特徴と信仰・歴史を踏まえ、アクセサリーの開運ガイドをお送りします。

 金と銀は、どちらも貴金属です。対義語は卑金属、簡単に言うと貴金属=錆びにくい、卑金属=錆びやすい、ということ。鉄は卑金属ですが、ローマ時代、鉄の指輪は武勇のシンボルで、将軍も兵士も等しく着けていました。また奴隷の指輪でもあり、その起源はギリシャ神話のプロメテウスが枷として鉄の指輪をはめられたエピソードに求めることができます。

■金……男性が女性に送るのに最適なアクセサリー

 金の輝きは、永久不変。ツタンカーメンのマスクが色あせないのは、黄金だから。ダイヤモンドは傷がついたら終わりですが、金は鋳造し直せば何度でもよみがえります。腐食に強く、決して錆びない性質から、さまざまな文化において、太陽と男性性を象徴します。

 古代エジプトでは、金鎖は勇者への勲章でした。これは、支配者が勇者をつなぎ止めておくための枷でもあったのです。金鎖を贈ることは、相手との絆を強めます。また金鎖は商業の神・ヘルメスのアイコンでもあります。エルメスのスカーフのモチーフに多用されていますね。

 また金は、非常に希少な金属です。有史以来、採掘された金の総量は18立方メートルに足りません。

・不変性と希少性
・絆を強める力
・金運を呼び寄せる

 以上の点から、交際期間の長いカップルでは、男性が女性に贈るのに最適な金属といえます。彼から金のアクセサリーを贈られたら、将来のことを考え始める時期。ネックレスはもちろん、髪飾り、ピアスなど、髪に近いところを飾るものがベター。指輪はもう少し、楽しみにとっておきましょう。

■銀……彼との仲を進展させたい時に最適

 銀は、女性のシンボル。その青白い無垢な輝きは、純粋さをあらわします。そのため、古来より魔除けとして用いられてきました。錬金術では、月の女神ディアナと関連づけられ、三日月で表現されます。金が名誉や繁栄を象徴するのに対し、銀は誠実さや純潔をあらわします。シェイクスピアは、銀の輝きを処女になぞらえました。護符としての力は、金よりも強いといえるでしょう。

 彼との関係をもっと進展させたい人は、銀のアクセサリーをそれとなくおねだりするといいでしょう。オススメは、三日月やクロスなどのシンボル・モチーフをかたどったもの。いつも身に着けられるペンダント。彼と会うときは必ず身に着けて。銀のパワーで、あなたの中の女性らしさを再認識してくれるはず。

■銅……健康志向の人にぴったり!?

 銅のアクセサリーってあるの? と思いがちですが「真鍮」がそうです。真鍮は、銅と亜鉛の合金。真鍮には、リューマチをふせぐ効果があるとも信じられています。健康志向の人にはピッタリのアイテムです。真鍮のアクセサリーは、材料が安価な分、凝ったデザインが魅力です。個性的な人なら、彼と一緒に見に行って、あれこれ選ぶのも楽しいでしょう。

 アクセサリーは、気に入って身に着けることでパワーを増します。この点は、金も銀、銅も同じです。特に、銀は放っておくと黒ずんでしまうことから「嫉妬深い金属」といわれるほど。しまい込まず、身に着けることで自然と研磨されるので、輝きを保てます。指輪はお好みで選んでOK。指輪自体が枷であり、強力な結びつきを案じするアイテムだからです。ただ、男性の中には、恋人が銀の指輪をすることに抵抗を示す人もいます。なぜなら現代では、「銀は安価」というイメージがあるため。あなたが銀色を好むなら、ホワイトゴールドなどを選んで、彼のプライドを守ってあげましょう。
(よいこ)



【検索ワード】  ・  ・  ・  ・  ・  ・ 



オフィシャルアカウント&モバイル
  • twitter
  • facebook
  • RSS
  • モバイル用
  

ハピズムをBookmarkする