――お参りするとき拍手は何回? お守りはたくさん持っていて大丈夫? 意外と知らない参拝マナーから、ちょっと気になる疑問や不思議なことは、直接神社に聞いちゃいましょう!

<今回のギモン>
絵馬に書く願いごと、誰にも読まれたくない場合はどうしたらいい?

<聞いたところ>
湯島天神(東京都文京区)

yushimaema.jpg
願いという熱~い思いが込められた絵馬がズラリ!

 神社に奉られている「絵馬」。絵馬といえば、自分の願いごとを赤裸々に書き、さらには名前や住所を書いて奉納するわけですが、このご時世、個人情報の流出は気になるもの。それに、「今年こそ彼氏ができますように!」と、本名とともに書いて奉納したものを、万が一知人に見られてしまったら、相当恥ずかしいのは私だけでしょうか? また、知人じゃなくても、もし神主さんや巫女さんが読んでいたら……。

 そこで今回は、絵馬の願いごとに関するプライバシーについて、神社に尋ねてみました。

 湯島天神といえば、学問の神様。足を運んでみると、やはり受験シーズン真っ盛りということもあり、学問成就を祈願する参拝客でにぎわっていました。絵馬を買うのにも行列ができており、絵馬についての疑問や質問をするのも、はばかられる空気です。

――(絵馬を売っている巫女さんに)絵馬の願いごとをみんなにみられるのが恥ずかしいので、どこかこっそりと奉納したいのですが。

巫女さん では、見えづらい場所に奉納していただいても結構です。

――絵馬って、名前とか住所とか書かなきゃダメなんですか?

巫女さん いえ。そういう決まりはございません。

 絵馬売り場には行列ができており、これ以上あれこれ聞いたら、後ろの参拝客の方々ににらまれそうな雰囲気。いったん、ここで退散し、すでにほかの参拝客が奉納している絵馬をチェックしてみることにしました。

 何千と奉納されている絵馬をざっと見た感想としては、個人名がしっかり明記されている絵馬の割合は、約9割5分。さらに住所まで明記されている絵馬は、5割といったところでしょうか? 皆さん、個人情報流出の危険に臆することなく、神様に願いをゆだねていました。

 こんな繁忙期に神社の現場で話を聞くには限界がありそうなので、この日は撤収。後日、あらためて神社に電話をして話を聞いてみることにしました。

――絵馬を奉納したいのですが、個人情報が気になります。誰にも読まれずに奉納する方法はあるのでしょうか?

神社担当者 えー、「誰にも読まれず」とは、具体的にどのような方法のことでしょうか?

――たとえば、絵馬に書いた願いごとに何か貼って隠したりとか……。そういうことをしても、いいんですか?

神社担当者 当神社でそのようなことをされている方は誰もいませんし、これまでも絵馬に書かれている願いごとの情報で問題になったことはございません。願いごとですから、表に出て困るものではないと思います。

――では、匿名希望で絵馬を書くのはいかがでしょうか?

神社担当者 ダメという決まりはありませんが、オススメはしません。しっかり名前を明記しないと、神様に願いが伝わりにくいと思います。

――神社の方が目を通す時も、わかりにくいですかね?

神社担当者 いえ、絵馬は我々が目を通すものではありません。あくまでも神様が目を通し、願いをかなえるものなのです。ですから、神様にわかるよう、名前は明記することをオススメします。

 とりあえず、神社の方は絵馬に目を通すことはないようです。そして神様は、名前がないと誰が誰の願いごとか判別しにくいこともわかりました。「神様は何でもお見通し」といっても限度があるのかもしれません。

 ちなみに「絵馬の願いごとを知られないよう、シールで隠す」という神社は、すでに存在しているようです。それは、京都の下鴨神社や福岡の八坂神社などで、“縁結び”の絵馬が対象だそう。やはり「彼氏できますように」系の願いを見られたくないという気持ちは、皆同じなのでしょうか。この先、神社の方針によって「絵馬の個人情報をどうするか」という見解は、いろいろ変わっていくかもしれませんね。
(高山惠)



【検索ワード】  ・  ・  ・ 



オフィシャルアカウント&モバイル
  • twitter
  • facebook
  • RSS
  • モバイル用
  

ハピズムをBookmarkする