riana.jpg
美しいお姿のリアナさん

 今や、日本にはさまざまな国の占い師がいます。今回紹介するのは、ロシアの聖女と呼ばれ、独自の占星術「ロシアン占星術」を用いる占い師・リアナさん。リアナさんに、今年ハピズムがどうなるのか占ってもらいました! 果たして、その未来とは……。

――占いを始めてどれくらいなんですか?

リアナ 両親がスピリチュアルカウンセラーでタロットもしていたので、小さい時からカードには触れ合っていました。占い師として活動し始めたのは、日本に来てから。もう、15年くらいになりますね。タロットをメインに鑑定をしています。

――「ロシアン占星術」という独自の占術を使って鑑定をしていますが、これはどういった占術なんでしょうか?

リアナ ヨーロッパ系の占いを元に、今までの私の鑑定の経験をプラスして編み出しました。たとえば、「○○な性格な人には蟹座が多い」とかあるじゃないですか。人の性質って、タロットにも出るんです。そういったデータや経験を集めて、「ロシアン占星術」を編み出しました。また、ヨーロッパだと、タロットは占いだけでなく心理学などにも使われています。日本の占いは「当たる・当たらない」ですが、私の場合は「自分の方向性を知る」「悩みを知る」ということがメインになります。未来をどうにかするというよりも、今、その人が心の奥底で悩んでいる悩みを引き上げ、解決の方向へ導いてあげることが重要ですね。

――タロットと一口に言っても、いろいろな鑑定方法があります。リアナさんの場合、どういった鑑定方法を用いているのですか?

リアナ 普通のタロットカード78枚と、プチルノルマンカード38枚を使っています。プチルノルマンカードは、占いに詳しくない人でもイメージしやすい絵柄なので、相談者の方と一緒に絵柄を見ながら、今何に悩んでいるのか、どうしたいのかということを探していくんです。タロットって、本当にその人の心が出てしまうんです。私の場合、相談者の頭の中と心の中をスキャンしてタロットに落とし込み、未来を見ます。そして、私流のスプレッド(カードの並べ方)があって、この位置は相談者の頭の中、心の中、現状、未来……と、スプレッドに全部出てしまうんです。

――そうなると、悩みで悶々として、自分がいったい何に悩んでいるのかわからなくなってしまった人や、初めて占いをする人も、自分の本当の悩みがわかって心強いですね。

リアナ そうですね。鑑定の最初、プチルノルマンカードを使って「チャクラスプレッド」で、相談者の状態を見ます。“チャクラ”とは、お尻のあたりから頭の先まで一直線上に7つ存在する、体内のエネルギースポット。チャクラスプレッドでは、体内のチャクラと連動して見るので、相談者の健康状態そのものと、ソーシャル的なものも見ることができます。たとえば、カードを引いて、のど(第5チャクラ)に当たる部分のカードが引っかかった場合、相談者に「最近、のどを痛めていないですか?」と尋ねます。特に痛みがなければ、のどは言葉やコミュニケーションをあらわすので、「人間関係がうまくいっていないんじゃないですか?」と、日常のことについて質問します。そうすると、だいたいがそういう問題を抱えているんです。病気と日常は似ているんです。チャクラで、その人の悩みをだいたい見てから本題に入っていくのが私のやり方。相談者も、自分の気づかない悩みに気づくことができるし、問題解決にもつながりやすいですね。実際にやってみましょうか?

と、おもむろにカバンからタロットカードを取り出したリアナさん。まずは、プチルノルマンカードで、現状を見てもらいました。

リアナ チャクラは1つずつ色があるんです。カードの絵柄はもちろん、色からもポジティブな状態なのか、ネガティブな状態なのかがわかるんですよ。

 そして、テーブルに、第1チャクラから順にカードをめくっていきます。

リアナ 全体的に見ると、カードはとてもポジティブ。第1チャクラの位置に出た「コウノトリ」のカードは、ポジティブだけど青っぽい色味ですよね。第1チャクラに対応している色は「赤」。どちらかというと、疲れているんじゃないですか? もしくは、寝る時間が決まっていないとか。コウノトリは何かをするためにバタバタして、動きの多い鳥。それは仕事をあらわしているんだと思うんだけど、ちょっと落ち着かない感じですね。

――たしかに……仕事で帰りが遅いことはしょっちゅうです。家に帰ってもなかなか寝付けず、日によって寝る時間もバラバラですね。

リアナ ハートチャクラ(第4チャクラ・心臓のあたり)のカードは「鍵」。閉まっています。心臓=出会い、そこに鍵がかかっているってことは……悪いカードじゃないけど、なんていうか……この意味、ご自身でもよくわかりますよね(笑)。

――ええ、わかります(笑)。今は特に、恋愛をしたい! という欲求はあまりないですね。だからといって焦ってるわけでもないし……。鍵のカードのような「閉まっている」感じっていうのは、とてもしっくりきます。

リアナ プチルノルマンって、本当に簡単なんです。相談者にも、この絵柄だとわかりやすい。一緒に見て、一緒に解決していけるんです。とにかく、わかりやすく結果を伝えたいんですよね。

――本当、わかりやすいです! 絵柄も可愛いし、あまりよくないカードだとしても、落ち込まずに結果を受け止められます。それから、カードの絵柄について、占い師の人と一緒にイメージしていくというのも、相談者としては親身になってくれてるという思いになってうれしいですね。

リアナ カードには、相談者のその時の思いがすぐに出るんです。だから、会話をしながら緊張をほぐしてあげるんです。そうしないと、その人の本当の気持ちが出にくくなってしまいますからね。

――では、私の緊張もほぐれたところで、今後のハピズムがどうなるのか、リアナさんのタロットで占ってもらえますでしょうか?

リアナ OK! さっそく占っていきましょう。

と、リアナさんがタロットをシャッフルすると、手元から1枚のカードがポロリ……。

リアナ こうやって出てくるカードというのは、何かメッセージを伝えようとしているんです。「ワールド」のカードですね。とても大事な年、海外もあらわします。「海外」というキーワードを取り入れると、成功する可能性があります。絵でも横文字でもなんでもOKです。こうやって私たちが出会ったのも、そのことを指しているのかも(笑)。

 では、会社のことを思い浮かべていただいて、1枚カードを引いてください。

――(ハピズムは今後、どうなるのか教えてください~~~)

リアナ 「ワンドのエース」ですね。とてもいいカードですよ。新しい始まり、頑張り時。今はどうかわからないけれど、いろいろなプロジェクトが決まるでしょう。ここ!? みたいな思ってもいないところから、アイデアが湧いてくるかもしれません。そして、花が咲きますよ。たまたま出てきたカードもよかったし、引いたカードもよかったから、いい未来がやってくると思いますよ。

riana02.jpg
悪い結果でなくてよかった~

 ハピズムの未来は明るいようで、ほっと一安心。プチルノルマンカードでリラックスできたから、よかったのでしょうか。「海外」がキーワードとは、これまた新しい発見です! 今年ハピズムが躍進するには、海外の占い師さんが助けになるのかもしれません。悩みごとが生まれた時には、またリアナさんに鑑定をお願いし、アドバイスをもらえば、成功への近道になるかも!?
(田中優子)

★リアナさんに鑑定してもらうには
・携帯占いはこちらから 
・電話占いはこちらから
・対面鑑定は「マメゾンカフェ池袋」で予約制で受付中。
問い合わせ:03-6771-6101(株式会社アールアンドエープロモーション)



【検索ワード】  ・  ・ 



オフィシャルアカウント&モバイル
  • twitter
  • facebook
  • RSS
  • モバイル用
  

ハピズムをBookmarkする