isejingu.jpg
伊勢神宮

 2013年は伊勢神宮出雲大社という、日本でも人気の高い2つのパワースポットでの遷宮が行われる記念すべき年です。(遷宮に関する詳しい情報はコチラ)

 今年になって「遷宮」を知ったという人も少なくないのではないでしょうか?

 せっかくの機会だから、どっちも行きたい! と思われる人も多いでしょうが、しかし、伊勢神宮は三重県・出雲大社は島根県。場所も離れているし、どっちかだけにしようかなぁと思う人も少なくないでしょう。「じゃあ、どっちに行けばイイ?」と悩んだ人のために、伊勢神宮と出雲大社、それぞれの「遷宮」の見どころをご紹介します。

 まずは、難しい話は後にして、何よりも旅行としては重要になる観光スポットとしての見どころを簡単にご紹介します。

■「うどん」好きは伊勢神宮、「そば」好きは出雲大社

 伊勢神宮は、江戸時代にもお伊勢参りが流行っただけあって、全国から人が集まってくる観光スポットとしての印象が強いです。そして、伊勢神宮をお参りした後に、この場所に寄るのを楽しみにしている人も多いんじゃないかと思うのが「おかげ横丁」です。ここでは、伊勢名物の伊勢うどんやてこね寿しが有名ですが、もっと有名なのが、伊勢に来たら本店で必ず食べたい「赤福」のおもち。ちなみに本店では、夏は「赤福氷」、冬は「赤福ぜんざい」が楽しめます。また、伊勢神宮のある三重県では、海の美しさと新鮮な魚介類が魅力のスポット! 伊勢えびや、魚介類など美味しいものも多いので、海鮮好きにはたまらないはず!

 対して出雲大社も、最近では縁結びスポットとして人気の高い場所です。最近は、有名パワースポットとして特に賑やかになってきたようにも思います。伊勢がうどんなら、出雲の名物といえば「出雲そば」。そばの実を殻ごと挽く、香り高いそばです。そして、出雲は「ぜんざい」発祥の地とも言われていて、「神在餅」の神在「じんざい」が「ぜんざい」になったと言われています。この2つは縁起物としておさえておきたいところです。

■絶景スポットで「朝日」が見たければ伊勢神宮。「夕日」なら出雲大社

 伊勢神宮の絶景として有名なのが、夫婦が寄り添うように注連縄で結ばれて立っている「夫婦岩」。この2つの岩から昇る朝日は大きなパワーを感じさせてくれるので、太陽の神様をご祭神とする伊勢神宮にお参りした際は、必ず寄りたい場所です。

 また、出雲にも絶景スポットはもちろんあって、それが日御碕神社です。島根半島の西端に位置するこの場所の近くには灯台もあって、ここからの夕日が絶景です。

 ここで気づかれたかもしれませんが、伊勢神宮が「日本の昼」を守るのに対し、日御碕神社は「日本の夜」を守る神社と言われています。「日沈宮」には、伊勢神宮のご祭神「天照大御神」が祀られていることから、
2つが縁深い場所だという事も感じさせます。

■「金運アップ」は伊勢神宮、「恋愛運アップ」は出雲大社

 ここまで伊勢神宮と出雲大社の違いを語ってきましたが、私が一番「ここが違う!」と思うのは、そのパワーのご利益ではないかと思われます。伊勢神宮の遷宮は遷御の日付を天皇陛下がお決めになるという、皇室との関わりも深い儀式で、戦前までは「公の儀式」として扱われてきたというのも納得ができ、パワースポットマニアの間でも別格とされてきました。

 どちらかといえば、お参りしてお願い事をするというよりは、日頃の感謝を伝え、パワーを頂きに行く場所だと考えた方がいいでしょう。ただし、今回の遷宮では是非ともパワースポットが好きな人には必見のご利益が期待できるのをご存じですか? というのも、伊勢神宮の遷宮は、お宮だけでなく建てる場所も変わるのが特徴です。

 西と東に同じ面積の敷地が用意されていて、毎回その2つの場所を入れ替わるようにお引っ越しします。

 前回の遷宮は、東に移動した「米座」であり平和で心豊かな「精神の時代」と言われ、今回の西に移動する遷宮は「金座」と言われ、波乱、激動、物質欲が強い「経済の時代」だと言われています。つまり、経済が動く時の到来であり、前回の金座の際にはバブル景気の訪れを日本人は経験しています。そして、幕末の時代が訪れたのも金座である。もちろん波乱の時でもあるので、嬉しい事ばかりではないでしょう。しかし、激動の時であるのは変わりなく、今を変えたい・経済を動かしたいという方には最高のパワースポットになるのです。

 安部政権の景気回復に期待してしまうのも、金座の年を迎えた事が影響しているのではないでしょうか。

 そして出雲大社は、この世の縁を司るという大国主大神が祀られている場所です。11月になれば、日本中の神様が出雲に集まり、縁結びの会議をするとされていますが、平成の大遷宮が行われる今年は、これまで以上に大きな期待が寄せられています。今年は大遷宮のおかげで神殿が美しい形に甦ります。神殿が甦る事で神様のご神威も甦ると言われていて、大遷宮で新しくなる出雲では、これまでよりも増して絶大な縁結びのパワーが期待されています。でも、まずは伊勢神宮と一緒で、自分のお願い事よりも日頃の感謝をするのが先でしょう。出雲大社は恋愛に限らず、人とのご縁の全てを結んでくれる神様です。

 今の自分の周囲のご縁にも感謝できれば、神様も喜んできっと新しいご縁を作ってくれるでしょう。縁結びに期待したい人は出雲大社がオススメです。

■遷宮の日程で決める! 5月は出雲大社、10月は伊勢神宮

 最後に、やっぱり両方行きたくなるじゃないか……と思った人は、まず遷宮の日程で決めてはいかがでしょうか? 出雲大社の本殿遷宮祭は5月。伊勢神宮の遷御は10月です。春と秋にそれぞれの一番の見どころである遷宮が行われるので、その時期に合わせて足を運ぶのもいいでしょう。

 これでも決められなかった人は、思い切ってどちらも行ってしまうことをオススメします!

(文=西脇聖/AN FACTORY)



【検索ワード】  ・  ・  ・  ・ 



オフィシャルアカウント&モバイル
  • twitter
  • facebook
  • RSS
  • モバイル用
  

ハピズムをBookmarkする