hairuhitora-.jpg
目、イッちゃってるよ……

<20世紀の悪魔・独裁者ヒトラーが残した人類滅亡予言とは?>

■「悪魔の独裁者」ヒトラー
 20世紀最恐の独裁者として名高い、アドルフ・ヒトラー(1889年4月20日 - 1945年4月30日)。

 ヒトラーはオーストリア出身のドイツの政治家。優れた政治的手腕を発揮し民衆を扇動して、権力の階段を一気に駆け上がりました。1921年にナチス党の党首となり、1933年にドイツ首相に就任。翌年、ナチス第三帝国の総統となったのです。強力な独裁政治を続けて、ユダヤ人を迫害。第二次世界大戦を引き起こした、最大の戦犯ともいわれています。

 ヒトラーの言葉の中に「大衆は理性で判断するよりも、感情や情緒で反応する」というものがあります。ヒトラーは、この言葉どおり、マスメディアを巧みに利用して政治活動を行っていました。

 そして、ヒトラーは演説の時間帯をなるべく夜に選んでいたのです。なぜなら、一日の労働を終えた夜のほうが理性や思考が鈍るため、聴衆は暗示にかかりやすかったからでした。薄暗い会場にかがり火を灯し、ミステリアスな雰囲気を演出。サーチライトが夜空を照らし出し、ハーケンクロイツの旗が風にたなびく中、ワーグナーの雄大な音楽が響き渡ります……。

 さらに、ヒトラーは、わざと予定時間より遅れて到着。

「ヒトラーはまだか!?」とそこに集まった群衆の苛立ちと期待感がピークに達した時、強烈なスポットライトに照らし出されたヒトラーが登場! 彼の姿はきっと神々しく映ったことでしょう。このムードで完全に酔いしれた民衆は、口々に「ハイル・ヒトラー」と叫ぶのでした……。

 ヒトラーは「催眠状態に陥れて、自分の意のままに操る」という、マインド・コントロールを民衆に施してしたのでしょう。やがて、ヒトラーの演説を聞いた人々は、まるで魔術にでもかかったように洗脳されていったのでした。

■「オカルトな男」ヒトラー
 実際にヒトラーの演説を見た人々は、「彼は悪魔に取り憑かれたようだった」と表現しています。
 
 実は、ヒトラーは、オカルティズムを崇拝していました。

 彼は、占星術や魔術に深い関心を持ち、チャネリングも行っていたのです。ナチス・ドイツは、チャネリンググループを結成して、「オリオン星人」と「シリウス星人」とテレパシーで交信していました。そして、異星人から高度な科学技術の情報を入手するとV2ロケットや大陸間弾道弾ミサイル等を開発して作ったのです。第ニ次世界大戦でドイツだけが軍備が発達して近代化が進んでいた理由は、異星人から高度な知識を得ていたからなのでした。

■「不死身の男」ヒトラー
 ヒトラーのIQが150近くあったことで知られていますが、実は霊的感性も高かったといわれています。

 ヒトラーは、志願して第一次世界大戦に参戦。彼は4年間に40回以上の戦闘に参加して6回もの表彰を受けました。しかも、前線で一番危険な任務を自ら買って出ていたにもかかわらず、彼は決して死ぬことがなかったのです。

 ヒトラーが戦友たちと夕食を摂っていた時のこと。ヒトラーは突然、「立って向こうへ行け!」という心の内側から響くような何者かの声を聞きました。慌てて数十メートルほど移動したとたん、今まで食事をしていた場所で流れ弾が炸裂。1人残らず死んでしまったのです。このように、ヒトラーは奇跡的に何回も命拾いしているので、同僚の兵士たちから「不死身の男」といわれていました。

 つまり、ヒトラーは事前に身に迫る危険を察知することができたのです。しかしそれは、ヒトラー自身の判断ではなく、何者かの命令により危機を回避していたのでした。

「そうだ、それは“あいつ”の命令だった。私は“あいつ”に選ばれて取り憑かれたのだ」
ヒトラーは、側近たちにこうも語っていたといわれます。

「悪魔ルシファー」「異星人(エイリアン)」「神」……。“あいつ”の正体とは、いったい何なのでしょうか?

実は、この何やら不思議な力を持つ“あいつ”が、ヒトラーに「人類の未来」を見せたというのです。



【検索ワード】  ・  ・  ・  ・  ・ 



オフィシャルアカウント&モバイル
  • twitter
  • facebook
  • RSS
  • モバイル用
  

ハピズムをBookmarkする
  • HOME
  • オカルト
  • 予言
  • > 知らないほうがよかった 当たりすぎるヒトラーの怖い予言