kaiunhoui1302.jpg
こうなるためにも西へ行け!

――遊びに出かけるなら、ぜひ「吉方位」へ! 毎月変わる「吉方位」に出かければ、楽しみながら開運することもできます。さらに、「開運アクション」とともに「1泊」すれば、開運効果をより得られるはず。まだ週末の予定を立てていない人は、吉方位を活用して、旅行の予定を立ててみてはいかがでしょうか?

■今月の開運方位
「西」「北西」……金運アップ!

 年末年始のイベントやバーゲンセールなど、年明けしばらくは、お財布の中身が寂しくなるものです。さらに2月は、前月までの出費で手持ちが少なくなっている中、バレンタインのプレゼントを買うので、なかなかやりくりが大変でしょう。今回の開運方位は、そんな懐事情に朗報な、金銭的な豊かさをもたらしてくれるものです!
 
 2月の開運方位は、「西」「北西」。「金運・物質運」「投資・ギャンブル運」に効果がある方位です。九星気学でみると「勤勉」「育み」の象意をもつ「二黒土星」が中宮に入るため、コツコツ積み重ねた努力が実を結びやすい時です。それなら、お金を増やすための努力の1つとして、ぜひ、この開運方位へ旅行してみてはいかかでしょうか。(方位の出し方はこちらから)

<あなたの生まれ年の九星>
昭和25・34・43・52・61 平成7……五黄土星
昭和26・35・44・53・62 平成8……四緑木星
昭和27・36・45・54・63 平成9……三碧木星
昭和28・37・46・55 平成1・10……二黒土星
昭和29・38・47・56 平成2・11……一白水星
昭和30・39・48・57 平成3・12 ……九紫火星
昭和31・40・49・58 平成4……八白土星
昭和32・41・50・59 平成5……七赤金星
昭和33・42・51・60 平成6……六白金星

※生まれ年の九星・十二支は、節分で区切ります。1月1日~2月3日の人は、前年の九星・支です。例えば、昭和50年の2月1日生まれの人は、七赤金星・辰年生まれではなく、八白土星・卯年生まれとしてみます。
※開運方位の適用期間は「2月4日~3月4日」までです。

■【西】……総合的な金運・物質運アップ 
・効果があらわれやすい人……「九紫火星」「子年」「申年」生まれ
・ラッキープレイス……遠方、麺類のお店、飛行場、港、風通しのいい場所
・ラッキーアクション……麺類を食べる、メールや手紙を送る、風にあたる

 「西」は、総合的な金運を底上げしてくれる方位です。特に、物質的に豊かな暮らしをしたい人や、臨時収入を望んでいる人にオススメ! 仕事先で報奨金が出たり、応募していた抽選プレゼントが届いたりなど、思わぬ形で金品が転がりこんでくるしょう。お金の貸し借りをスムーズに行いたい人にも有効です。返してもらえないと思っていたお金が、急に戻ってくることもあるでしょう。

 より運気をアップするためには、できるだけ遠い場所に旅行へ行きましょう。外国ならベストですが、国内でもOK。キーワードは、「長いもの」「風」「通信・流通」です。それに関する場所やアクションなら、基本的に何でも開運効果があります。たとえば旅行ツアーであれば、ラーメンやうどんなど麺類を食べに行くものがオススメです。近畿や関東の人なら、博多ラーメンを食べに行くのはどうでしょう。静岡や紀伊・房総半島の南側の人なら、讃岐うどんも開運の後押しをしてくれます。そして、現地では、家族や親しい人にメールや手紙を送りましょう。

 ただし、「二黒土星」「五黄土星」「八白土星」「辰年」」生まれの人は、風邪をひいてしまったり、道に迷ったりする可能性が。居場所は常に確認し、人ごみの中を歩きすぎないようにして。

■【北西】……投資・ギャンブル・金銭的援助運アップ
・効果があらわれやすい人……「九紫火星」「卯年」「未年」生まれ
・ラッキープレイス……コンサート会場、テレビ局、ラジオ放送局、早朝の市場
・ラッキーアクション……音楽・ラジオ・鳥のさえずりを聴く、コンサートに行く、ビックリする

 株取引や不動産などで資産を増やしたい人は、ぜひ「北西」へ。たまたま買った株が値上がりしたり、不動産投資がうまくいったりすることがあるでしょう。スクラッチやスポーツ振興クジ、競輪競馬などでラッキーを手にいたい人にもオススメ。また、目上や地位がある人から金銭的援助も得られやすくなるので、開業などでスポンサーやパトロンを探している人にも有効です。

 出かけた先では、常に音がする状態を保っておくと、かなりの開運効果があります。キーワードは、「音を聞く」「騒ぐ」「驚く」です。車で出かけるなら、ラジオや音楽は必ずかけましょう。公共交通機関を使うなら、ミュージックプレイヤーを忘れずに。もし気になるアーティストのコンサートがタイミングよくあるなら、ぜひ会場へ足を運びましょう。そこで思いっきりタテノリで盛り上がることができれば最高です。また、今の季節なら、ウグイスの声を聞きに行くのもいいでしょう。騒がしい早朝の市場に出かけるのも効果的です。

 ただし、「二黒土星」「五黄土星」「八白土星」「卯年」生まれの人は、騒ぎ過ぎて注意されたり、ギョッとするようなことがあったりする可能性があります。周囲に迷惑がかからない程度に振る舞って。

 どの運も、人それぞれ生まれた時に備わっているものがあります。特に金運は、生家の経済状況がプラスされるので、貧困の連鎖によって、なかなかアップしづらい人もいるでしょう。今回の開運法は、それを断ち切る1つの手段にもなります。旅行にお金をかける必要はありません。上記のアクションの中で、できることをすることが大切です。また、前もってお客さんに働きかけたり、オークションに出品したりなど、お金を得るための種まきは必須です。現実的な努力もあわせて開運旅行に行ったほうが、より高い効果があらわれるでしょう!

 この開運法は、100km以上離れた場所で1泊以上したほうが効果を発揮しますが、近距離でも「開運アクション」とともに「1泊」すれば開運効果を得られます。そして、残念ながら日帰りでは効果がありません。まだひな祭りまでの旅行予定を立てていない人は、ぜひ、この開運方位を活用した「1泊旅行」の計画を立ててみましょう。

re-kimika.jpg

■葵翠花(キミカ)
鑑定歴11年。前職は美術教員。相談者の悩みに応じて、タロットや西洋占星術、気学など、あらゆる占術を使って多角的な視点でアドバイスをする。得意とするのは「気になる相手の気持ちや対応策をみること」。第2・4日曜日に浦和パルコ5F占いコーナーにて対面鑑定を行っている。
占い師葵翠花Website



【検索ワード】  ・  ・  ・  ・  ・ 



オフィシャルアカウント&モバイル
  • twitter
  • facebook
  • RSS
  • モバイル用
  

ハピズムをBookmarkする