shingetsu201302.jpg
今月は、ボイドタイムに要注意!

 2月10日は新月です。新月とは、新しい月が生まれる時。このタイミングに合わせてお願いごとをすると、月の成長パワーが得られてかなうといわれています。お願いの仕方は簡単。好きな紙に2件以上10件以内の願いごとを書きとめるだけです。(詳しい方法はこちら)

 今月の新月は「水瓶座」。どの星座の位置で新月が起こるかによって、得意分野、エネルギーがあふれている分野に特徴があります。今月はどんなジャンルの願いごとがかないやすいのか見ていきましょう!

【新月が始まる時刻】2月10日16:20
【ボイドタイム】2月10日16:20~2月11日6:20、12日2:03~13日10:52

 新月が始まってから、48時間以内に願いごとを書きましょう。8時間以内だと、さらに大きな効果が望めます。「ボイドタイム」とは、月の効力が弱くなり人間の判断や決断が間違いやすくなる時間のこと。この時間帯は願いごとの発信に適していません。

 今月は、新月になってすぐボイドタイムに入ってしまううえに、48時間以内に2度のボイドタイムがあります。チャンスタイムは11日の朝から深夜まで。うまくタイミングをみつけて、お願いごとをしてみてくださいね。

■水瓶座の新月の得意ジャンルは?

 水瓶座は、自由奔放でユニーク、個性派思考の星座といわれています。特別な趣味を持つなど「自分のありかた」にこだわり、知性も鋭いので、特定の分野を極める人が多い星座です。そんな水瓶座のキーワードは、「自由」「博愛精神」「独創性」「アイデア・ひらめき」「客観性」「ネットワーキング」「情報」「人道的な活動」などです。

 また、中性的な魅力を持つ人が多く、男女の性別を超えた「人間同士の愛」を育む星座ともいわれています。個性的な星座だけに、他人の個性に対しても寛容になれるので、「さまざまな人と仲間意識を持つこと」なども、水瓶座の得意ジャンルです。

★水瓶座の新月の願いごとの例★
「素晴らしいアイデアがひらめきますように」
「他人の個性や違う考えを前向きに受け入れたい」
「人間同士としてわかり合える恋人が欲しい」
「仕事で自分の個性が発揮できますように」
「必要な情報を交換し合える仲間が欲しい」……etc.

 機械などの最新テクノロジー、ITに関することも水瓶座の得意ジャンルなので、今月は、それらに関するお願いごともいいでしょう。

★水瓶座が影響をおよぼす身体の部位や症状★
・足首、ふくらはぎ
・血液循環
・痙攣

 これらの症状や部位に関して、改善のお願いごとをするのもいいでしょう。今月は、足のむくみを取るマッサージの効果が出やすいのでオススメです。足首やふくらはぎには冷えや生理痛に効くツボも多数あるので、この機会に、ぜひメンテナンスしてみてください。

■水瓶座の新月は「紫色のチューリップ」を手に入れて!

 水瓶座の守護星は、変革を司る天王星。今月は、天王星が支配する花といわれている「チューリップ」を使って、自分にステキな変革を起こしていきましょう。

 用意するのは、水瓶座のラッキーカラーである「紫色のチューリップ」。チューリップは全般的に、水瓶座のキーワード「博愛」を意味するので、もし紫色がない場合は、別の色でもかまいません。机の上にチューリップを飾って、じっくり見つめてからお願いごとを書いてみましょう。天王星の変革パワーで、ステキな未来がやってくるはずです。

 水瓶座の位置を黄道上の二十四節気に当てはめると、「立春」を中心にしたゾーンにあたります。2月4日に迎えた「立春」は、二十四節気の暦では「新年の元旦」。まさに、古いものにとらわれず、新しい風を起こしていく水瓶座の特徴にぴったりの時期です。気持ちを新たにして、自分らしい自由な夢を描いていきたいですね。春に向けてステキなお願いごとを発信していきましょう!
(永沢蜜羽)



【検索ワード】  ・  ・  ・  ・ 



オフィシャルアカウント&モバイル
  • twitter
  • facebook
  • RSS
  • モバイル用
  

ハピズムをBookmarkする