――願いごとをかなえる一番の近道は、神様に直接お願いすること。神様にアクセスするうってつけのタイミングは、「エクスタシー」を感じている時――つまり、セックスやオナニーでオーガズムに達した瞬間。その瞬間に願いを込めた“シジル”を強く思い浮かべて、神様へ願いごとを発信するだけ。今も世界中の魔女や魔術師たちが行っている「セックスマジック」で、あなたのその願い、かなえてみませんか?(詳しくはこちらから)

<今月のSEX MAGICK>
魔女たちのお祭り「イモルグ」にあやかって、
思い描いた通りの「なりたい自分」に生まれ変わるチャンス

<今月のシジル>

lastsigil.jpg
今月のシジルはこちら!
携帯やパソコンの壁紙にしてみて

 2月に入り、雪の下からマツユキソウが顔をのぞかせれば、魔女たちのお祭り「イモルグ」がやってきます。キリスト教文化においては「キャンドルマス」と呼ばれるこの日を境に、雪と闇にしんと閉ざされた冬は終わり、新たな命が芽吹き始めます。

 イモルグは、魔女たちにとって特に大切なお祭り。なぜなら、イニシエーション、つまり、魔女になるための特別な儀式に最も適した日であるとされているからです。「魔女になる」ということは、今までの古い自分を一度殺し、新しく生まれ変わることを女神に向かって高らかに宣言するということ。ですから、魔女にとってイニシエーションの執行は、それはもう、清水の舞台から飛び降りるぐらいの一世一代の大決心が必要なのです!

 ということで、今月はみなさんも「生まれ変わる」ことに関するお願いごとをしてみてはいかがでしょうか? 「朝起きたら美少女になっていたらいいのに」とか、「もっと強くて大胆な女の子に生まれたかったなぁ」なんて気持ちは、きっと、すべての女の子に心当たりがあるはず。その理想の姿が、ある人にとっては「魔女」という言葉を伴ってイメージされることもあり得るでしょう。けれども、「魔女」にこだわる必要はありません。「妖精」でも「お姫様」でも、「冒険家」でも「キャットウーマン」でも、なんでもいいのです。あなたが一切の妥協なしに、思い描いた通りの「なりたい自分」に生まれ変わることができるとしたら……。そんな夢みたいなお願いごとだってかなってしまうかもしれないのが、今月のお祭り、イモルグなのです。

 手順はこちら。

(1)生まれ変わりたい自分の姿をしっかりとイメージして「シジル」に投射する。
(2)お風呂に入って身を清め、各々の方法でオーガズムに達し、その瞬間に「シジル」を強く思い浮かべる。
(3)終わったら、すべて忘れて眠る。

 この1年間、私たちは大地の女神と太陽の男神の恋物語を、ほかでもない自らの肉体を使って追体験してきました。「セックスマジックだなんて、ただの世迷い言」と、はなから気にもとめなかった人もいるでしょうし、この記事がきっかけとなって、マスターベーションに初挑戦した人もいるかもしれません(それはとても喜ばしいことです!)。なかには、パートナーと共に魔法を引き起こすことに成功した人もいるかもしれません! そして、暦と自分の人生がシンクロしていく不思議な感覚を覚えたり、悲しい別れや愛の再燃を体験した人もいることでしょう。

 それは、女神と男神の恋物語のおかげ(もしくは、せい)だととらえることもできます。けれども同時に、もしかしたら逆に、私たちが恋しているからこそ、神々が恋物語を紡いでいるのだ、と考えることも可能でしょう。世界はこのようにして、常に共鳴し続けることで、かたちを帯び、像を結ぶものなのかもしれません。この1つの「可能性」を、決して盲信することなく、「そういう可能性もあるのかも」というドライな視点を保ちながら見つめ、その上で好ましく感じることができているのだとしたら、パンパカパーン! おめでとう! あなたはきっと、都会の魔女になるための大切な第一歩を踏み出せているはずです。

 私たちは、惹かれ合い引き裂かれ、それでも決して魅き付けあうことを止めません。たとえどんなことが起きようとも、母なる女神の豊満な柔肌の上で恋し続ける私たちの性(さが)は、5,000年前からなにひとつ変わることなく受け継がれ、それはきっと十万年後にも失われることはないでしょう。すべての快感の源である女神がこの世に満ち満ちるかぎり、そして、私たちが恋をし続けるかぎり、世界は廻り私たちも廻り廻るのです。

 さぁ、この1年間を思い出してみてください。しがらみの縄から解き放たれたあなたの手には、たいまつと鍵が握られていて、あなたの股の間には、叡智と祝福を授ける聖なる道具が備わっています。そして、もう知っているでしょ? あなたの世界の美しく気高くたおやかな女神は、ほかでもないあなた自身!

 準備は万端整いました。生まれ変わったあなたは明日から、どんな恋をして、どんな魔法を引き起こしますか?

mini-rumisan0406.jpg

■谷崎榴美(たにざき・るみ)
現代魔女術研究・実践家。シュメール・バビロニアからポストアセンションを貫通する魔女ガーリーな霊性(特に性と愛)を探求。プレイセラピーを取り入れた現代魔女術ワークショップや公開儀式、スカイプ鑑定、各種執筆などの手段を用いて現代日本のオカルトシーンをなんとか盛り上げんと日夜心血を注いでいる。
公式HP



【検索ワード】  ・  ・  ・  ・ 



オフィシャルアカウント&モバイル
  • twitter
  • facebook
  • RSS
  • モバイル用
  

ハピズムをBookmarkする