noodle.jpg
ズルズルズルッと栄養補給

 中国人にとって「食べる」という行為はイコール「運気アップ」。つまり食べ物と開運は密接な関係があるとされているからなのです。中国では、食材にはひとつひとつ気(エネルギー)があり、食べることでそれぞれの食材が持っている気を十分に体内に取り込むことができるとされています。すなわち、直接体内に入れるということから、開運効果は即効性が高いのです。また風水の基本のひとつ、五行(木火土金水)は味(通称:五味)も司っていますから、状況に応じて応用すれば、食材のエネルギーだけでなく、味付けによってさらに大きなプラス効果がもたらせるということなのです。

そのため、「五味」が重要なポイントになってきます。日によって人は気分の浮き沈みがあります。ですから、その日の自分の心のコンディションを知って、上手に五味を取り入れてみましょう。気分が上がれば、実は思った以上に物事はスムーズに運んでしまうものなのです。

■仕事に意欲が湧かない時……「酢」「レモン汁」など

「木」の要素が弱まっている時。「木」は「酸み」を表すので、レモンやピクルスなど酸っぱいものを食べるようにしましょう。例えば、ラーメンやスープにお酢を加えてみるというのもベターです。一般的に酸みは心身の疲れを取るという効果もあります。また、血液をサラサラにするので、血液が血管の中をどんどん流れてエネルギー代謝を助けます。これは、ガス欠の車にガソリンを入れるのと同じなのです。

■インスピレーションが湧かない、集中力がない時……「ブラックコーヒー」「濃いめの緑茶」など(苦み調味料は残念ながらありません)

「火」を増やしてください。「火」は「苦み」をあらわし、心に作用して精神を安定させ、熱や体内の湿気を取り除きます。ゴーヤや魚のワタ、カカオ99%のビターチョコレート、濃いめのブラックコーヒーや緑茶、紅茶、ビールなどを摂るのがベストです。苦み成分はたくさんありますが、どれも脳を刺激して細胞を覚醒させる働きがありますので、企画書を書かなければならない時にはもってこいです。

■プレゼンの前や人前で何かを発表する時、なんだか気持ちが落ち着かない時……「砂糖」「ハチミツ」「メープルシロップ」など

「土」の働きを強化するようにしましょう。「土」は「甘み」です。甘みにはエネルギー源としての効果だけでなく、精神的な面にも非常に重要な働きを持っています。疲労やストレス、緊張を和らげる効果があり、特に朝起きがけの甘みは効果テキメン。ブラックコーヒーが好きな人は砂糖を1杯入れるだけで違ってきます。食パンにバター+ハチミツでドンと構えることができます。プレゼン前はダイエット解禁ですね!

■アグレッシブに動かなければならない時は……「唐辛子」「タバスコ」「山椒」「ワサビ」など

「金」を増やせば積極的になることがでいます。「金」は「辛み」を表すので、辛ければ辛いものほどアグレッシブに動くことができます。辛味は食欲を増進させて新陳代謝を促進する効果があるので、身体の内側から力が沸き上がってくるのです。韓国料理やメキシカン、カレーなど辛いメニューはもちろんですが、唐辛子やタバスコ、チリソース、ワサビ、マスタードなどの辛み調味料を多めに加えて食べるように心がけましょう。

■知的な作業に集中したい時……「塩」「醤油」「味噌」「梅」など

「水」を補うのが一番。水を強めるには「塩辛い」ものがベストです。でも、塩分を多く摂りすぎると、高血圧になったり血液の濃度が上がったりというマイナス面もありますが、体内の水分吸収率アップを促すには塩分が最適なのです。塩分は水分と一緒に摂ることでより効果的といわれているので、味噌汁や醤油で味付けした煮物、梅ドレッシングなどを取り入れることで、体内を水がめぐり始めます。また、仕事の合間に塩飴をなめるのも◎

 いつもの食事に、五味をうまく取り入れてみてください。いつの間にか運気アップのパワーが、体内からフツフツとわき上がってきますよ。

■りんりん
台湾・香港・中国関連の書籍や雑誌の編集・執筆、台湾コーディネート、中国語翻訳などで活動する旁ら、現在は香港に会社員として潜伏中。著書に、『週末台湾!』(平凡社)、『福福台湾開運旅行』『香港開運Happy旅行』(ともにTOKIMEKIパブリッシング)がある。



【検索ワード】  ・  ・  ・  ・ 



オフィシャルアカウント&モバイル
  • twitter
  • facebook
  • RSS
  • モバイル用
  

ハピズムをBookmarkする