takasu.jpg
高須委員長オフシャルブログより

 あの「高須クリニック」院長でもあり、西原理恵子の旦那でもある高須克弥氏が、Twitter上でフリーメイソンに入会したことを堂々宣言! フォロワーから寄せられるフリーメイソンに関する質問にも、「フリーメイソンは中国では危険団体扱いで非合法です」「フリーメイソン日本支部はない、階級があるだけ」などとサラリと答えたり、メンバーと写ったと思われる写真も掲載。「そんなに口外していいの?」と思ってしまうくらい「フリー」なメイソンっぷりを発揮しているのだ。
  
 そこで疑問なのが、「あれ? フリーメイソンって秘密組織じゃなかったか?」ということだ。実際のとこはどうなのだろう?

■フリーメイソンに入会するには

 フリーメイソンに入会できる条件は、まず「20歳以上の男子である」「決まった宗教を持っている」「メンバーの投票で全会一致で承認される必要」などが挙げられる。また、品性と道徳のある健全な紳士であり、定職と一定の収入があることも条件に組み込まれているそうだ。ちなみに入会金は5~6万円前後だそう。銀座の高級寿司のほうが高い印象だ。

 フリーメイソンに入会している人の職業は「レストラン経営」「工務店経営」などさまざま。公序良俗に反する仕事でなければ、入会条件をクリアしているようだ。フリーメイソンといえば「ロックフェラー」や「ロスチャイルド」など、超大金持ちの権力者でなければ入れない印象があったが、違うようである。

 入会にあたっては、会員の審査があるということなのでこれ以上は明記しかねるが、上記を踏まえると、それほどの難条件は求められないと予測される。

■単なるクラブ活動の一種

 日本では「秘密組織」で「世界を裏から操る団体」のように言われているが、諸外国では、フリーメイソンであることは特別なことではないようだ。

 特に、米国やヨーロッパでは、フリーメイソンであることは社会的なステイタスが高いという評価に結びつくこともあるそうで、自慢のネタとして公表する人も多いとか。

 もともとフリーメイソンはイギリスから伝わった紳士クラブのようなものなので、一種の社交場として広がったもの。有名な政治家や企業家が入会しているせいで世界を牛耳っている陰謀説もあるが、今や「社交クラブ」みたいなもので、会員同士で宗教的、政治的な目的をもった活動をしないことも約束されている。

 現在は、会員を統括する「ロッジ」という組織が各国に存在し、各ロッジが独自に会員を管理、運営しているそうで、日本でも港区に「日本グランドロッジ」が構えられている。

freemason1.jpg
普通にある!!
freemason2.jpg
そうそう、コレコレ!! こんなに堂々と

 世界中に500~700万人の会員数がいるといわれるフリーメイソン。「秘密結社」と名乗るにはあまりにも大きな団体となったようだ。米国ではフェイスブックを通じてフリーメイソンの会員が募集されるなど、とにかくオープンマインドな団体へと変化していることがわかる。そのため、人脈づくりに期待をはせたり、裏の世界を見たくて入会した人は、収穫のなさにやめていくこともあるそうだ。

 どうしても陰謀説を信じたいあなたは、西原理恵子が詳しくレポートしてくれることを期待しましょう!!



【検索ワード】  ・  ・  ・ 



オフィシャルアカウント&モバイル
  • twitter
  • facebook
  • RSS
  • モバイル用
  

ハピズムをBookmarkする