saisen0119.jpg
お賽銭……気になります

——お参りするとき拍手は何回? お守りはたくさん持っていて大丈夫? 意外と知らない参拝マナーから、ちょっと気になる疑問や不思議なことは、直接神社に聞いちゃいましょう!

<今回の疑問>
お正月や月々のお賽銭は、一体いくらになるの?

 お正月の定番と言えば初詣! 多くの人が、有名神社や近くの神社へ参拝に行ったことでしょう。お賽銭を投げて、お祈りをして。と、ここでちょっと気になるのがお賽銭箱の中身。いったいどのくらいの金額が集まっているのか。一説には、有名な神社になると「億」を超える金額が集まるとか。ということで、いろいろな神社にインタビューしてきました。

——お正月のお賽銭というのは、どのくらい集まるものですか?

神社担当者 申し訳ありませんが、そういったことには、お答えできません。お賽銭に関する取材には、お答えできかねます。

 とのこと。まあ、それもそのはず、「お正月に、いくらもうけましたか?」なんて質問に答えてくれるはずはありません。ということで切り口を変えて、

——普段と比べて、どのくらい増えますか?

神社担当者 お答えできません

 予想通りこちらにも、「答えられない」と神社関係者一同の回答。それではさらに話題を変えて、

——お正月以外にも、お賽銭が増える時期はあるのですか?

神社担当者 そうですね。夏祭りなど、人が集まる時期ですね。神社によっては、受験シーズンなども増えるでしょうね。

 当たり前のことですが、人が来ることが多くなれば、自然とお賽銭は増えるようです。お賽銭の金額についてこれ以上尋ねたところで、返ってくる答えは変わりそうにもないので、あきらめることにして、賽銭箱のシステムについて質問してみました。

——お賽銭箱の中身は、どれくらいのサイクルで回収してるんですか?

神社担当者 毎日行っております。

 ほかの神社では、「うちは常駐している神社ではありませんので、月に一度です。本当は毎日でも回収したいのですが……」という回答もいただきました。やはりお金の回収は、早めにやるというのが神社の鉄則のよう。そしてそれには、悲しい理由があったのです。

 なんと、回収を早めにするのは、賽銭泥棒対策だったのです。実際にお話を伺った何社かでは、結構な頻度で賽銭泥棒被害にあっているようでした。そういった人達は口を揃えて、こう語ってくれました。

神社担当者 お賽銭箱の中のお賽銭を盗まれるのも、もちろん悲しいことですが、賽銭箱や鍵を壊してしまう方もおられます。こちらのほうが悲しいですね。

 今どき賽銭泥棒!? と耳を疑ったが、実際に調べてみたら、昨年の 5月に10円の賽銭泥棒をした男が逮捕され、懲役1年の実刑判決を受けています。まあ、この被害額で、実刑というところは疑問がありますが、賽銭泥棒はかなり頻発しているようなので、厳罰も仕方ないかもしれません。

 なお、賽銭泥棒によって壊されてしまうかもしれない賽銭箱本体の価格について具体的な金額は教えてくませんでしたが、「修理には結構なお金がかかります」とだけ教えてくれました。
(タナカアツシ)



【検索ワード】  ・  ・ 



オフィシャルアカウント&モバイル
  • twitter
  • facebook
  • RSS
  • モバイル用
  

ハピズムをBookmarkする