2015shumatu.jpg
尽きることのない人類滅亡説

 「2012年12月21日人類は滅亡する……」

 2012年、人類滅亡説の発端になったのが、古代マヤ文明で用いられていたマヤ暦。マヤ文明では高度な天文学の知識から、驚異的な精密さの暦を持っていました。マヤ文明のいくつかある暦のなかに、「長期暦」があります。「長期暦」は、187万2000日(約5125年)を周期とします。紀元前3113年にスタートし、2012年12月21日に完結を迎えることから、人類は滅亡するのではないか? という終末論が連想されたのでした。

 昨年12月、「滅亡から逃れられる聖地」といわれた、フランス南東部に位置する人口200人弱の「ビュガラック村」には、2012年人類滅亡説を信じた人々が、全世界から押し寄せ大パニックに。高額なシェルターも飛ぶように売れたり、終末グッズがはやったりと「1999年のノストラダムスの大予言」を彷彿とさせる終末フィーバーが世界で起こったのでした。

■古代エジプトの研究者の間で波紋を呼んでいる、2015年世界滅亡説

 人類滅亡といわれていた2012年12月21日……予定の日を過ぎても人類は滅亡するどころか、破局的なことは何も起こらず、マヤ暦の予言は外れたかに思われました。

 が、ここにきて、実はマヤ暦の計算違いだったということが判明したのです。なんと、マヤ暦を西暦に換算する時、4年に約1日増える「うるう年」を考慮に入れていなかったため、約3年もの誤差が生じたとか。正確な最期の日は「2015年9月3日」と改められたのです。

 そして、このマヤ暦の計算違いから生じた新たな「2015年滅亡説」が、古代エジプトの研究者の間で波紋を呼んでいます。

 太陽神ホルスの母である「女神イシス」を祀っている、古代エジプト宗教の信仰の聖地「イシス神殿」。この神殿の壁には、1465体の神々が描かれており、ある伝説があります。それは、この場所が閉鎖されれば毎年、秋分の日に一体ずつ神々の加護が失われるというもの。そして、すべての神々が去った年の秋分の日に、世界が水没するというのです。

 神殿はローマ帝国により550年に閉鎖。以降、毎年1体ずつ神々が去っていくとなると、「2015年の9月に世界が水没する」計算になるのです。

 マヤ暦最期の日が「2015年9月3日」になったことにより、この「2015年世界水没説」に、エジプトの研究者たちも戦々恐々としているといいます。

■まだある、2015年人類滅亡!

 実は、「マヤ暦」や「エジプト伝説」以外にも、「2015年の危機」を唱えている予言があります。

 2036年の未来からやって来た、未来人ジョン・タイターによれば、「2015年、ロシアがアメリカに核兵器を打ち込むことで第3次世界大戦が勃発」と予言。これにより、30億人近くが死亡。世界人口は半減するとのこと。

 「世界三大予言者」の1人、最強の女性占い師ジーン・ディクソン。彼女はケネディ大統領の暗殺、ルーズベルト大統領の死など、次々と要人の死を予言したことで有名です。敬虔なキリスト教徒である彼女は、今後、ハルマゲドンが確実に起こると予言。「混乱は1990年から徐々に始まり、2030年代まで続き、2015年に混乱のピークを迎える」とのこと。彼女はハルマゲドンの具体的な内容までは予言していませんが、2015年に何か大きな破局を迎えるという暗示が読み取れます。

 2012年の人類滅亡の危機が過ぎ去って、ホッとするのもつかの間。我々はまた新たな滅亡論に振り回されるのかもしれません。
(白神じゅりこ)



【検索ワード】  ・  ・  ・  ・ 

【おすすめ情報】


コメント(11)

そもそもマヤ文明は世界が滅亡するなんていってないのに。
この勝手な解釈はどっからきたのかしら。

もう、この世界に飽きちゃったから、さっさと滅んでくれるのは、なんか期待しちゃうな。


The NPO Association for Solving the Enigma of the Earth for the Peace of the Earth.

人間の身体の一部そっくりな 岩が世界中にあるのはなぜ?

ここに明かされる人類創世の謎!

http://www31.tok2.com/home2/slicer21/10-3010.html

エボラがきそうです。
これは、まじでやばそう。

http://www.who.int/mediacentre/factsheets/fs103/en/
WHOが予測するエボラ拡大時の感染予想者

■2014
1月6 
2月12 
3月25 
4月50 
5月100 
6月200
7月 400
8月 800
9月 1600 
10月 3200
11月 6400
12月 12800
■2015
1月 25600 
2月 512000
3月 1024000
4月 20480000 
5月 40960000 
6月 61920000 
7月 163840000 
8月 327680000
9月 655360000
10月 910720000

環境問題で生きていけなくなるより地球滅亡はいいよ。さっさと滅んでくれないかな。

地球消滅2015 警世短歌 たつまき
☆ 万事無償奉仕社会を目指せとの 創造主らの天命を知れ
☆ 通貨なき先進文明惑星が地球の行く手示しているぞ
☆ 資本制金権奴隷体制を廃絶すべし無償社会へ
☆ アンテナで空中電力無尽蔵に得られる技術既にあるのだ!
☆ "Abolish Money !"バナーでG8首脳会議へ英国でデモ
☆ 日本人無償奉仕の社会へと英国デモと共に闘え
☆ 万事無償奉仕社会へ移れとの 天命無視で地球は破滅
☆ 巨大なる暗黒ガス雲飛来して地球消滅2015に 
☆ 巨大なる磁気球体も飛来して地球消滅切迫しけり
☆ トカゲ座のレプ変身体の植民地悪文明の地球消滅
☆ 万事無償奉仕社会へ移れとの 創造主らの指示に従え
☆ 創造主らサタン類似の邪悪者の妨害排除すべき時なり
http://ameblo.jp/tatsmaki

いい加減にしろ!!

怖いなぁ

ジョンタイター自体嘘やん。

嗚呼、怖い怖い(棒

小惑星2003SD202が2015.12.25に米国北部に衝突する
地球人30億人が死亡 恐竜絶滅時代以来の新地球破局
2015.12.15 前田 進
宇宙情報によれば、小惑星2003SD202(地球で命名)が米東部標準時間2015年12月25日に米国北部に衝突する。
この地球破局で、現代悪文明の主導国米国がカナダと共に壊滅する。暗闇と酸素欠乏の諸条件下で30億人が死亡に至る。
  生き残った40億人の地球人は、超生き地獄の諸条件下で無償の助け合いから出発して、資本制金権奴隷支配体制下での邪悪な腐敗した社会生活の反省を広げながら、創造主らの天命に従い先進文明惑星の銀河連邦による援助で社会生活のあらゆる分野での万事無償奉仕の新地球社会建設を目指して働き始める。
http://ameblo.jp/tatsmaki
http://tatsmaki.blogspot.jp (English version)
これを世界中へ伝えよ!

 コメントを投稿する

ライターや他人への誹謗中傷を含む内容、本記事と関係のない内容、その他公序良俗に反する内容は、削除いたします。

オフィシャルアカウント&モバイル
  • twitter
  • facebook
  • RSS
  • モバイル用
  

ハピズムをBookmarkする
  • HOME
  • オカルト
  • 予言
  • > 2015年9月に世界が終わる?マヤ暦の次に浮上してきた2015年人類滅亡説とは