jyoushi.jpg
キリッ

 初詣の祈願で多いのは、受験合格、恋愛成就、家内安全、そして仕事に関することだそうです。仕事は生活の基盤を作る大切なものですから、新年の始めに仕事運アップを願うのは当然のことかもしれませんね。そこで今回は「神頼み」ならぬ「風水アプローチ」で、あなたの仕事運をグンと上向きにする術をご紹介いたしましょう。

■術その1……朝の「窓開け」は値千金!
 仕事風水は、目覚めたときから始まります。まず、窓を開けましょう。太陽の光を浴び、風を感じることで悪運を浄化させ、新しい運をチャージします。たとえ雨が降っていても、一瞬でもいいので窓を開けてください。朝ならではの新鮮な空気が部屋に流れ込み、発展的な仕事運をもたらしてくれます。さらに、朝日の中で軽く柔軟体操や深呼吸をすれば、気持ちが明るく前向きになり、高い目標に向かって頑張れるようになるでしょう。

■術その2……「あいさつ」は出世のキーワード!
 あいさつされて嫌な人はいません。特に、朝のあいさつは対人運をアップさせるので、積極的に行うようにしましょう。また、「ありがとうございます!」「喜んで!」といったポジティブな言霊を持つ言葉を頻繁に発すれば、引き立て運を身につけることができます。そして、ものを言うときはハキハキと、心持ち語尾を上げ気味にするとチャンスに恵まれやすくなりますよ。

【ひとり言も味方につけて】
 声に出すことで、言霊の力が働きだします。「やばい」「最悪」といったネガティブな言葉は悪い状況を、「うれしい」「頑張ろう」といったポジティブな言葉は明るい未来を招き入れます。小声でつぶやくだけでもその効果は絶大なのでぜ、ひ実行して。

■術その3……物も情報も「デトックス」がキモ!
 風水では「余裕」のある状態を最良とします。物でパンパンにふくらんでいるバッグ、ごちゃごちゃしたデスクまわり、ぎっしり詰め込まれたスケジュールなど、どれも仕事運を損なう元凶です。いい運を呼び込みたいなら、断捨離を心がけましょう。仕事でパソコンを使っている人は、デスクトップの整理整頓をまめにすると段取り力がアップ。営業職の人は、名刺の管理をキチンとすることで、交渉ごとがはかどりやすくなるでしょう。

【こんなところもデトックス】
・不要なふせんは即はがして。集中力を削ぎます。
・資料やメールなど情報も選別して、不要なものは捨てましょう。

■術その4……「端末」は運の出入り口!
 端末とは、手指、足元、髪といった先端の器官。あるいは、書類などの端のこと。運は端末から出入りするので、そこを整えることは運を整えることにつながります。手指は、ハンドクリームを使って保湿ケアをしっかりしましょう。ツメは美しく切り揃え、ツヤを出すようにすると吉。足元はステータス感と安定感を感じられるようにすると、出世街道を歩きやすくなります。なお、傷んだ髪にはネガティブな気がまとわりついています。月に1度はヘアサロンに行って、毛先を切るのがオススメです。端末の乱れは運の乱れと心得て、すっきりさせると仕事運全体が底上げされますよ。

■術その5……正しい「色気」は身を助ける!
 色気といってもセクシー方面の話ではなく、色そのものが持っている気、パワーのことです。風水では、色気を使いこなすことが運気アップの基本としています。ほしい運を手にするために、それぞれの色が持つ気を正しく知って、仕事に役立てていくといいでしょう。

【仕事グッズに取り入れたい色】
・青……創造性をアップさせ落ち着きも演出。仕事運全般に大吉な色。
・赤……やる気を出させ、決断力を高めます。だれ気味な時に使うと効果的。
・黄色……コミュニケーション力を高め、対人運をよくします。
・緑……心身の疲れを癒やします。職場でストレスを感じたら多用してみて。
・茶色……堅実運を招きます。靴や靴下を茶色にするとミスが減りそう。
・白……リセットを促す色。心機一転したい時は、白の力を借りて。

 年明け最初の行動が、その年全体に影響を及ぼすという考え方があります。風水術を使って縁起のいいスタートを切ることで、仕事運に弾みをつけ、恵まれた1年にしてください。
(亜麻リリス)



【検索ワード】  ・  ・ 



オフィシャルアカウント&モバイル
  • twitter
  • facebook
  • RSS
  • モバイル用
  

ハピズムをBookmarkする