omochiuranai.jpg
焼いて食べるのが一番うまい!

 1月11日は「鏡開き」。お正月に飾った鏡もちを、この日に調理して食べる昔からの風習です。鏡もちには、年神様が宿ります。鏡開きをすることで年神様をお送りし、お正月に一区切りをつける意味があるのです。また、年神様の力が宿った鏡もちを食べることで、1年の無病息災を願うことができます。

 今回は、鏡開きにちなみ、数秘術であなたの性格をおもちになぞらえてご紹介。おもちの食べ方は、定番ものからちょっと変わった食べ方までさまざまあります。さっそく運命数を出して、あなたがどんなおもちタイプなのかを見ていきましょう。

【運命数の出し方】
※自分の運命数を出します。
生年月日の数字を分解し、一桁になるまで足していきます。最終的に導き出された一桁の数字が運命数。

<1980年12月26日生まれの場合>
1+9+8+0+1+2+2+6=29 2+9=11 1+1=2
運命数は「2」です。

 運命数は出しましたか? それでは診断結果を見てみましょう!



【検索ワード】  ・  ・  ・ 



オフィシャルアカウント&モバイル
  • twitter
  • facebook
  • RSS
  • モバイル用
  

ハピズムをBookmarkする
  • HOME
  • 占い
  • 人間関係
  • > 雑煮、しるこ、いそべ焼き……自分の性格がわかる、鏡開きにちなんだ「おもち占い」