「スピリチュアル」が下火になったという今日この頃。なんでも、14人分のスピリチュアルな話を一気に聞けるというイベントがあるというので覗いてみました。

 告知にをみると、このイベントで「願望実現できる」「なりたい自分になる」「天とつながる」という香ばしい宣伝文句がズラリ。しかも「天からのメッセージで仕事も夫婦仲も順調に」なったという40代女性の体験談や、「うつやトラウマをスピリチュアルメッセージで克服」したという同じく40代男性の体験談が載っています。ターゲット年齢は40代でちょっと高年齢な気がしますが、それはさておき。スピリチュアル好きな私からすればふつうは、「うつ」に関してはスピリチュアルでは治らないと断り書きがあるのですが、こう銘打っているからにはかなりの自信があるとお見受けしました。

billll.jpg
ひと気のない会場前の道 

 会場は、中央線の駅にあるオフィス街を10分ほど歩いた先にある貸し会議室ばかりのビル。エレベータに乗ってすぐに、この表示。「ここはスピリチュアル専用会議室」。 数年前に来た時は、たしか普通のビジネスセミナーが行われていましたが、何か経営者のポリシーに変更でもあったのでしょうか。非常に気になります。

 開催している階に着いてみると、A会場とB会場2つの場所で、同時にスピリチュアルカウンセラーが話をして、来場者は好きなほうを見るといった「料理の鉄人」的な仕組み。最終的には、誰がよかったのかを投票し、最多投票の人が勝利者となるそうですが……。

kaijyouu.jpg
なにやらザワついた雰囲気

 まず、会場に入ると出てきたヒーラーというのが、ヒーラーというよりはむしろ学級会の発表みたいな人ばかり。自分の生い立ちや職歴など自己紹介ばかりでぜんぜん癒やされません。なかには、持ってきた原稿を丸読みしている人もいたりして、「えーっと、これってお金とっていいレベル?」と、思ってしまうほど低レベルの争いです。応援する仲間が来ていたりしてお遊戯会かピアノの発表会と間違えている感ありあり。これで天とつながるのはかなり難しい気がします。

 あまりのつまらなさに隣の部屋に移動してみると、卑弥呼のような衣装を着たおばちゃんがなにやらブツブツ言ってます。話も早々に切り上げられて、いきなりの瞑想タイム。「チャクラとクラウン」とか、「大きな蓮の花」とか「苦しみ悲しみ」「丹田」「インナーチャイルド」など、よくある用語を組み合わせたなんだかあまりに適当すぎる感じ。このおばちゃんが、銀座で除霊を5万でしているとは。とてもそんな霊気は感じられません。まったく夫婦仲も良くなる感じが見えないんですけど、それは私がまだ未熟だから?

 その後に出てきた人も縦巻きカールの女子が「エステ」について語ってます。話の内容がスピリチュアルじゃなさすぎて撃沈。宣伝文句と違いすぎて苦情がでないのが不思議なくらい。でもお弁当タイムに周りを見渡したら、ほとんどが出場者の身内ばかりのようで、一般客はほとんどいないよう。イベント的には、きっと未来の有名ヒーラーを発掘するつもりだったと思われるのですが大失敗の感ありあり。中にはトナカイやサンタの格好をした完全に勘違いしている場違いな一団も。ただのお祭りと間違えてます。料金にお弁当は含まれているのですが、ちゃんとした幕の内弁当でしっかりしたおかず。ごはんも俵型になっていて推定1,200円くらいでしょうか。そこそこ美味しかったのがせめてもの救いかも。

obentooo.jpg
固まってお弁当を食べる発表者と仲間内

 それにしても、どこも清い気持ちも、澄んだ空気も見つかりません。アセンションどころか、癒やされもせず、逆にドシロウトの話を聞かされてイライラっていうか、なんかどうしようもない状況に。一人の持ち時間が20分なので、たまにまともな人がいても制限時間が足りず尻切れトンボ。反対に話すことのない素人っぽい人は、司会者に時間を引き延ばすように言われてしどろもどろに。見ているこっちがかわいそうになってきます。

 これで最終ラウンド! やれやれこの苦痛な時間もやっと終わります。最後の最後に話もまとまっていて気の澄んでいる、まともなヒーラーさんが出てきて一安心。北海道から来たというこの方は、はたしてこんなイベントだと理解していたのかは謎です。ところが、せっかくの最後の癒やしなのに、反対側の部屋はヒーラーさんが急遽欠席とかですでにざわざわと騒ぎ出していて、最後に1つだけマシな話が聞けたという気持ちも台無しに……。

 救われたくても救われないこのイベントの料金は7,000円以上! 誰が一番なのかよりも、全体的にまったく癒やされないのがすごすぎ。スピリチュアルが下火とはいっても、これではスピリチュアル終了に拍車をかけているだけのような。確かにお金を払って来ている人は少なそうにお見受けするイベントですが、たぶん2度目はないのかもしれません。スピリチュアル好きからすれば、最初から「天とつながる」と大々的に謳ってしまって、本当に天上の人には怒られないんですか? と心配になる残念イベントでした。
(編集部)



【検索ワード】  ・  ・ 



オフィシャルアカウント&モバイル
  • twitter
  • facebook
  • RSS
  • モバイル用
  

ハピズムをBookmarkする