specialrich.jpg
『全開運!しあわせ Special Rich 
(スペシャルリッチ) Vol.1 』(主婦の友社)


 何かと出費がかさむ年末。「今月も大赤字~!」と頭を抱えつつ、「よし、来年こそは貯金するぞ」とか「お金に愛される女になるぞ!」と新たな決意をしている人も多いはず。そんなアナタのハートにビビッときちゃうかもしれないのが、今回レビューする「Special Rich」(主婦の友社)。「全開運!しあわせ」の1月号臨時増刊で、その名のとおり一冊まるごと「金運UP」がテーマ。「どんどんお金が降ってくる」とか「大幅収入UP!」とか「金運と成功を引き寄せる」とか、景気のいいキャッチコピーがズラリと並んでいますが、本当に効果があるのか、開運マニアの柏木珠希が、見ていきます!

《トピック》
◎【特別付録】100万円すぐ貯まる! しあわせを呼ぶラッキーダイアリー
◎運が開けるお部屋のつくりかた
◎成功を招くワクワク財布術

■真面目に活用すれば、100万円は貯金は堅い! 大御所監修の知恵が凝縮!!

 金運UPといえば風水では黄色というのがすっかり有名ですが、「Special Rich」の表紙ももちろん黄色! そして、このムックの最大の目玉は、お金と幸せの専門家、『ユダヤ人大富豪の教え』(大和書房)などのベストセラーで知られる本田健さんメッセージ付きの「特別付録のダイアリー」でしょう。ええ、こちらの表紙ももちろん「黄色」ですわよ! さらに、「金の文字」ってところがいかにも「金運やってこ~い!」って感じ。

 ダイアリーと申しましても、単なる日記ではございません。家計簿にもカレンダーにもなるダイアリーで、一番の特徴としては月々の「自由に使えるお金」を導き出すことができるということ。これを把握しておくことで、100万円など目標の貯金額にもすぐに近づくことができるらしいです。たしかに、「毎月赤字~!」なんていってる人は、毎月の自由に使えるお金を把握せずに、飲み会に行っちゃったり、お洋服を買っちゃったりするからなのよね。

 金運UPというと、西に黄色いものを置けとか赤富士の絵を飾れとかよく言うけど、それよりもこういうのをマジメに実行したほうが確実に100万円が手に入るのは、どんなアホでもわかること。そういう意味では、「金運UP」のうたい文句に偽りナシって感じがして好感が持てますわ。

 ただ、このダイアリーの使い方で「貯まったお金はご自身のスキルアップ、美容費、セミナーや人事交流会など、自分磨きに使用しましょう」と書いてあるのはちょっと疑問。  
だって、そしたらせっかく貯めた貯金がゼロになっちゃうもの。ワタクシなら「月々の自由に使えるお金」のうちの半分をこうした「自分磨き」に使い、貯金には絶対に手をつけないわ。んで、100万円貯まったら、金融商品を買うとかして運用するの。あ、でも、このムックを手に取った人の多くは本田健さんファンで、貯まったお金は本田健さんのセミナーに使うことを何よりも楽しみにされている方たちなのかもしれませんわね。

■開運グッズを買う前に、とにかく掃除、掃除、掃除!! 

 もうひとつの目玉企画は、これまたベストセラー連発の風水師・林秀靜先生が指南してくれる「運が開けるお部屋のつくりかた」。

 これまで風水というと、それこそ「西に黄色で金運UP」とか、どこどこの方角に○○の置物を置けみたいなものが多かったわけですが、林先生は「おそうじ風水」を幅広く日本に広めた方で、置物置くよりもその前に片付けたほうがよっぽど運気が上がる! という考え方。風水にこだわる結果、インテリア的には残念な部屋になりがちだった日本の住まいを救ってくれた先生であります!(ちと大げさ)。いや、でもマジで、ワタクシの知る限り、お金持ちで汚い家に住んでいる人はいませんので、金運UPには西に黄色や置物よりも、まずは片付けだと思っております。

 ……で、今回の企画は、宝くじや懸賞に連続当選した人や新居を建てたなど、実際に金運UPした人のお宅を林先生が訪れ、直々にお部屋診断をするというもの。基本的には、以下の2つようなアドバイスをされていました。

・ごちゃごちゃとモノを置かない(そうすればホコリがたまっても掃除しやすいし、いい気が流れやすくなる)
・キッチンやお風呂などの水回りはピカピカにしておく

風水グッズを置くとかでなく、お金のかからない方法を指南されているのが、いつもながら好感が持てますね。大掃除しなくちゃと思いつつもなかなか重い腰が上がらない人にとっては、こういう本を読んでモチベーションアップさせるのもいいんじゃないでしょうか。

■開運の定説を覆した、謎の職業人「ハッピー☆プレゼンター小菅昭子」!!

 そのほか、興味深かったのは「成功を招くワクワク財布術」。元ミス日本でフリーアナウンサーで、現在は「ハッピー☆プレゼンター」なる肩書の小菅昭子さんという方が長年研究して導き出した、「開運する財布」のポイントをレクチャーされていましたが、「気に入ったデザインであれば長財布でなくてもいい」「財布は3年で買い替えなくてもいい」と書いてあったのが、ちょっと意外でした。この手のことを書かれている方は「長財布に限る!」「財布は3年で買い替えろ!」というのが定説でしたから。まだ使えるのに「長財布じゃないから」「もう3年たったから」という理由で買い替えるのだとしたら、もったいないことですし、余計な出費にもなります。結局、モノを大切にし、手入れをしながらキレイに使う人のところにお金は貯まるってことですわね。
 
 というわけで、意外と「堅実派」な「Special Rich」でありました。あ、もちろん、「これを食べたら金運UP」とか「開運メイク」とか「本当かなー?」みたいなオモシロ企画もありますんで、そういうのがお好みの人にも楽しんでいただけるかと思いますよ。

■柏木珠希(かしわぎたまき) 
フリーライター。2005年、厄年の「プチ不幸」をキッカケに開運に目覚め、あらゆる開運方法を試した体当たりエッセイ『開運マニア』(説話社)を上梓。ついたあだ名が「開運番長」。日々の開運アクションのおかげか、親が資産家でもなく貯金をしたわけでもなく、ひょんなことから東京・渋谷区にあるビルのオーナーに。働かなくても食っていける「経済自由人」となる。金運の良さには自信アリ。2013年2月には『一生食うに困らないオンナの資産のつくり方』(仮)を刊行予定。



【検索ワード】  ・  ・  ・  ・  ・  ・ 



オフィシャルアカウント&モバイル
  • twitter
  • facebook
  • RSS
  • モバイル用
  

ハピズムをBookmarkする