jyoyaa.jpg
苦役鐘つきですよ……

 「除夜の鐘」とは、大みそかの夜から深夜0時を挟む時間帯に、お寺でつく鐘のことをいいます。お寺に足を運ばなくても、NHK総合テレビでは、『紅白歌合戦』の終了後、『ゆく年くる年』という番組で、日本各地のお寺で除夜の鐘が鳴り響く様子を中継しているので、直接お寺につきに行ったことはなくても、音だけは聞いたことがある人も多いのではないでしょうか? 静寂の中にしみわたる澄んだ鐘の音を聞くと、神妙な気持ちが高まり、新年を迎える興奮に包まれていきます。

 毎年何気なく聞いている除夜の鐘ですが、そこには仏教的に深い意味があります。鐘は108回つきますが、それはなぜなのでしょうか? どんな意味がこめられているのでしょうか? 今回はそれをひもといていきます。新年を迎えるにあたり、ぜひ知識を深めてみてください。

■除夜の鐘を108回つく意味とは?

 除夜の鐘は、全部で108回。旧年中に107回、最後の1回を新年につきます。なぜ108回かというと、仏教では、人間には108つの煩悩があると考えられてきたからです。煩悩とは、人の心を惑わせたり、悩ませたり、苦しめたりする心の働きのことをいいます。

■108つの煩悩とは?

 では、108つの煩悩とは何かをご説明します。数え方には諸説ありますが、その中の1つをご紹介しましょう。

 まず、人には「眼」「耳」「鼻」「舌」「身」の「五感」がありますね。これに、「意」=意識を加えたものを「六根(ろっこん)」といいます。「第六感」といわれるものとも似ているかもしれませんね。そして、これらの感覚それぞれに、「好(気持ちがいい)」「悪(気持ちが悪い)」「平(どうでもよい)」があります。掛けると18種類。これにそれぞれ、「浄(清める)」「染(きたない)」の2種類があり、掛けると36種類。さらに、「過去」「現在」「未来」の3つを掛けて、合計108種類となります。つまり、たとえるなら「眼×悪×浄×未来」で1つの煩悩になるのです。とても難しい定義ですが、その根本には、「欲望」「怒り」「執着」「猜疑」などがあるようです。

 煩悩は、悟りの境地と深くかかわるため、仏教では重要なテーマです。本来は、仏教の修行を積まなくては煩悩を取り除いて「解脱」することはできないといわれています。けれど、除夜の鐘には厳しい修行を積まなくても、心の乱れや汚れをはらう力があると伝えられてきました。だから、その年のけがれを一掃するために、大みそかに鐘をつくようになったのです。

 大みそかには除夜の鐘を聞きながら、その年にあったことを思い浮かべてみてください。そして、新しい年がいい年であることを心の中でしっかり祈りましょう。そうすれば、あなたの中にひそむ煩悩は消えてゆくでしょう。
(紅たき)



【検索ワード】  ・  ・  ・  ・  ・ 



オフィシャルアカウント&モバイル
  • twitter
  • facebook
  • RSS
  • モバイル用
  

ハピズムをBookmarkする
  • HOME
  • 知識・作法
  • > 煩悩の定義とは? 2013年に笑うための、除夜の鐘マメ知識