tosi1221.jpg
グラタン、スープ、煮物とお好きな食べ方でOK!

 12月21日は冬至です。冬至は1年で最も昼が短くて夜が長い日。この日は、かぼちゃを食べて、柚子を浮かべたお風呂に入ると、1年間風邪をひかないと言われています。これは、昔から言い伝えられてきたことなので、ご家庭で実践している人も多いのではないでしょうか。

 では、なぜ、かぼちゃと柚子湯がいいのでしょうか? そもそも冬至にはどんな意味があるのでしょうか? それを詳しく知っている人は。意外と少ないのではないかと思います。

 そこで今回は、東洋の占いの概念から冬至という日を詳しくひもといていきます。知識が深まれば、年に1度の冬至をより有意義に大切な日として過ごせるはずです。じっくり読んで、スピリチュアルな恩恵をぜひ受けてください。

■冬至とは?

 歴学、陰陽道、方位学では、冬至は「陰」の気が最も強くなるといわれています。陰陽思想は、東洋の占いのすべての基礎となる概念。世の中のすべてのことを「陰」と「陽」の2つに分けてみる考え方です。たとえば、男は「陽」で女は「陰」、昼は「陽」で夜は「陰」のように。陽には、「始まり」「明るさ、強さ……などがあり、陰には、終わり、暗さ、冷たさ……などがあるとされています。

 冬至の日は、日照時間が少なく暗闇の時間が多いので、「陰」の気が強いのです。暗くて、寒いこの日は、何かが終わることも暗示しています。このようにマイナスのイメージが多い冬至。けれど悪いことばかりではありません。実は陰の極みは、同時に陽への転換の日でもあるからです。太陽の力が一番弱まる冬至を境に、再び太陽の力が蘇り日照時間が次第に長くなっていきます。だから、冬至の日には過去をリセットし、て未来に目を向けるのがふさわしいのです。過去を振り返らずに、何か新しい目標を持つと、やる気がみなぎり前向きになれます。

■かぼちゃと柚子湯について

 では、なぜ冬至の日にかぼちゃを食べて、柚子湯に入るといいのでしょうか。

 自然界すべてのものを5つの要素(木・火・土・金・水)にわける五行思想から考察していきます。冬至の日は五行の中で「水」の気(寒さをあらわす)が強まります。それを抑えるために「土」の気が必要なのです(土剋水という相剋の理論)。そのため、黄色の物には土の気が宿っているため、かぼちゃや柚子がいいといわれてきたのです。

 また、冬至を過ぎると、ちょうど風邪のシーズンが到来します。かぼちゃには、身体の抵抗力を上げるカロテンが豊富。また、柚子にはビタミンCやリモネンなどが含まれており、その成分が溶け込んだ柚子湯は、身体を温め新陳代謝を高めるといわれています。かぼちゃや柚子は、栄養素の観点から見ても、風邪予防のために本格的な冬を迎える冬至に活用するのが理にかなっているのです。

■冬至の日には「ん」がつく食べ物を食べよう!

 かぼちゃ以外にも「ん」がつく食べ物を食べると幸運を呼び込めます。れんこん、にんじん、ぎんなん、きんかん、かんてん、うんどん(うどん)です。かぼちゃも別名「なんきん」といい、「ん」がついています。

 かぼちゃの食べ方は、煮物にするのがポピュラーですが、スープやサラダにしてもいいでしょう。また、柚子はあまりたくさんでなくても、1つか2つくらいで大丈夫です。それを半分に切って、ガーゼなどに包んで浴槽に入れてください。冬至は1年に1度だけ。ぜひこの日を活用して、これから1年の無病息災を祈りましょう。
(紅たき)



【検索ワード】  ・  ・  ・ 



オフィシャルアカウント&モバイル
  • twitter
  • facebook
  • RSS
  • モバイル用
  

ハピズムをBookmarkする