touziuranai.jpg
幸せになりた〜〜〜〜い!!!!

 年末にある「冬至」は、二十四節気のひとつ。この日、北半球では、太陽の高さが1年中で最も低くなります。そのため、昼が1年で一番短く、夜が一番長くなります。古来、冬至は新年の起点として考えられていました。中国の太陰暦で冬至は暦の起点とされており、「易」の世界では元旦にあたり、この日に1年の運勢を見る習慣がありました。

 冬至占いは、冬至(2012年は12月21日)の早朝に行います。今回は、簡易版で占ってみましょう。

 まず、10円玉を3枚用意します。「来年のことが知りたい!」と願いながら手のひらで何回か振り、机の上などに転がすように軽く投げます。そして、10円玉を下から上に1列に並べましょう。

 占いの結果は次の通りです。●=表、○=裏

■「乾(けん)」



 昇り調子の年。仕事は大きく成功するでしょう。活動的で友人もできますが、成功した分、敵も増えます。目標を掲げ前向きに一生懸命頑張れば、さらに吉。私生活も充実し、友人に恵まれるでしょう。

■「兌(だ)」



 実りの年。今までの結果が出て、贅沢に過ごせます。他人の助けがあり、さらに伸びるでしょう。落ち着きがなく、人の言葉を信じやすくなる面も。飲酒や誘惑に弱くなるので、トラブルに注意。

■「離(り)」



 派手好みで気分にむらがあり、怒りっぽい年。表面的には明るく過ごせますが、短気で冷静さを欠くため、失敗が多くなります。よい協力者に会えば転職・独立にはいいでしょう。ただし、ちょっとしたことで別れを生みやすいです。

■「震(しん)」



 明るく楽しい年。積極的に動いて吉。去年までの苦しい時期を越えて、芽生えを迎えるでしょう。恋愛ごとが起きやすい時期でもありますが、浮気や色難に注意。ただし、騒ぐわりには、実害はありません。

■「巽(そん)」



 コミュニケーションが活発な年。社交性に富んでいるので、人の世話をよくすると吉。ただし、決断に欠けるため、大きなチャンスには向きません。人脈を作ったり、営業にはいいでしょう。

■「坎(かん)」



 春を耐え忍ぶ、苦しい年。困難や障害が多く、耐え忍ぶことが多いでしょう。孤独になりがちですが、信念を貫き通せば、やがて春が訪れます。また、妊娠しやすい時でもあります。

■「艮(ごん)」



 堅実に過ごせば、良い年になります。目上の引き立てがあり、いい結果が生まれるでしょう。欲にとらわれると友人に嫌われて孤立しやすくなるので、注意が必要です。沈んでも盛り返す力がありますが、気分のむらが出やすく、迷いやすい時期でもあります。

■「坤(こん)」



 柔軟に、一歩下がって進む年。一獲千金を夢みることなく、地味に努力して成功します。まじめで地味で柔順であるため、組織の中で働いて信用を得る。裏方に徹して吉。



【検索ワード】  ・  ・  ・  ・  ・  ・ 



オフィシャルアカウント&モバイル
  • twitter
  • facebook
  • RSS
  • モバイル用
  

ハピズムをBookmarkする
  • HOME
  • 占い
  • 人間関係
  • > 冬至の日・12月21日にやりたい、2013年の運勢を占う「冬至占い」