koizumieri.jpg
エリちゃんの乳輪は、プチトマト型でストロ
ベリー色らしいです

 キャッチーな動物占い、スピリチュアルな香りが色濃い前世占い以降、新しい占術が見受けられなかった占い界に、新風を巻き起こしつつある「にゅうりん占い」をご存じでしょうか。乳輪の色、形、大きさなどから基本的な性格を識別。20種の乳輪タイプから運勢を占います。提唱者は、よしもと所属のタレント・小泉エリさん。すでに1万人以上を占ってきた、通称にゅうりん先生が満を持して『幸せになる にゅうりん占い』(白夜書房)を刊行! なんとも斬新な切り口の「にゅうりん占い」。その魅力を語ってもらいました。

――この世にあらゆる占術がある中、乳輪で占おうと思ったキッカケは何でしょう?

小泉エリ氏(以下、小泉) 小さい頃から相撲が好きで。力士の顔を見ているうちに、後ろ姿もちゃんと見るようになって、乳輪も……っていう、私にとっては自然な流れでしたね(笑)。最初は力士の後ろ姿を見て誰か当てるという一人遊びをしていたんです。力士のトレーディングカードを見つけてからは、乳輪だけを見て誰か当てるようになって。その時、乳輪って個性が出るなって思ったんですね。一般的に力士の乳輪って大きくて垂れているイメージだと思うんですけど、よくよく見ると、人それぞれ形、色、大きさが違う。さらに、テレビ観戦だけでなく、実際に相撲観戦に行くようになって、数百人の力士の乳輪を見ているうちに「こういう乳輪の人は、土俵上ではこういう取り組みをするんや」って傾向がわかるようになったんです。これがにゅうりん占いのはじまりですね。

――自分の中で何となく出来上がった方程式を占いとして確立させるには、何か後押しのようなものが必要だったと思うのですが。

小泉 そうなんです。最初は知人を占っているだけ。ちゃんとした占いだって自信があったわけではないんです。でも、手相の島田秀平さんにお会いして、にゅうりん占いをさせてもらった時に「力士の乳輪の統計をとっただけなんですけど、占いとして成立するんですかね」って聞いてみたら、「占いは統計学ですよ。当たってますよ」って。統計学って300のサンプルデータがあれば成立するらしいのですが、当時私は1,000人以上の力士の乳輪を見て得た情報で占っていたので、大丈夫なんだって安心しました。

―――形は「マンゴー」「プチトマト」「ダーツ」「カントリーマアム」、色は「マリービスケット」「ミルクチョコ」「オレオ」と、乙女チックなネーミングなのも秀逸ですね。

小泉 特に可愛らしくしようと思ったわけではなく、自分の中に自然と出てきた言葉なんですよ。占いをしながら「プチトマトみたいにキレイな丸やな」「ダーツみたいに大きいな」と感じていました。普通の人は他人の乳輪をじっくり見ないだろうのでわからないかもしれませんが、女性は「マンゴー型」、「ダーツ型」が多いんですよ。あまり乳輪を見たことがない人にとっては意外かもしれませんが、「ハッピーターン型」「ブルーベリー型」「ゲイラカイト型」も少なくない。色の話をすると、色が濃い人は責任感が強い人。「黒いと遊んでいる」というのは大ウソ! 妊婦さんや赤ちゃんを生んだばかりのママの乳輪が黒くなるのも、赤ちゃんを守ろうとしているからなんです。大きさはSM度がわかります。乳輪が以前よりだいぶ小さくなったと言う人に聞いてみると、大きさが小さくなった頃にMからSに変わったとおっしゃっていました。

――色や大きさはまだわかるのですが、自分の形がどのタイプか正しく判断するのは難しいように感じました。

小泉 慣れていないと少し難しいかもしれません。友達に見てもらうか、恥ずかしければ鏡の前に立って正面から自分の乳輪を見るのがオススメ。上からのぞきこむだけでは形を正しく把握できません。また、寒いと乳輪が小さくなるなど、温度や環境も影響します。常温の部屋で、リラックスしている状態の時にジャッジしてください。必ず左右どちらともキチンと見てくださいね。



【検索ワード】  ・  ・  ・  ・ 



オフィシャルアカウント&モバイル
  • twitter
  • facebook
  • RSS
  • モバイル用
  

ハピズムをBookmarkする