――願いごとをかなえる一番の近道は、神様に直接お願いすること。神様にアクセスするうってつけのタイミングは、「エクスタシー」を感じている時――つまり、セックスやオナニーでオーガズムに達した瞬間。その瞬間に願いを込めた“シジル”を強く思い浮かべて、神様へ願いごとを発信するだけ。今も世界中の魔女や魔術師たちが行っている「セックスマジック」で、あなたのその願い、かなえてみませんか?(詳しくはこちらから

<今月のSEX MAGICK>
心にくすぶる願いの残り火に再びエネルギーを注ぎ、
必ず訪れる“始まりの時”のための前準備を!

<今月のシジル>

yulesigil.jpg

 すっかり冬! お布団のぬくもりを名残惜しみながら、すわっ! と勇気を出して身支度を整え、外に出たはいいけれど、あまりの寒さにマフラーから口元を出せなくって、背中を丸めながら「あぁ、もう一枚ヒートテックを着てくればよかった……」なんて後悔する毎朝。けれども、夜になれば街は色とりどりのLEDライトにデコレーションされ、すっかりクリスマスモード。スターバックスの前を通りかかれば、シナモンとジンジャークッキーのいい香りが漂ってきます。つい、ほっこりした気分になっている自分にはっとして、急いで「耶蘇の祭りにみんな浮かれやがって……。てめぇら全員仏教徒だろうが!」なんていう使い古された悪態を心の中でこっそりつきつつも、なんだかやっぱり、クリスマスっていいものだなって思っちゃいますよね。

 魔女の暦において、冬至は「ユール」と呼ばれます。

 この日を境に、闇の時間はしだいに縮まり、光が力を取り戻し始めます。神々の恋物語として読み解くならば、ユールは、「夏至に快感の絶頂に達した男神の魂が、死による決別と女神の子宮での一時のまどろみを経て、新たな光として、もう一度女神と恋に落ちるためにお腹から這い出づる日」なのです。「キリストのお誕生日」に姿を変えざるを得なかったにしろ、光、つまり“太陽の復活”を意味するこの古いお祭りは、結果的に、今もなお世界中の人々に、喜びと愛をもって祝われ続けているのです。

 だから今月は、「再会の兆し」「蘇り」に関するお願いごとをしてみてはいかがでしょう?



【検索ワード】  ・  ・  ・  ・ 



オフィシャルアカウント&モバイル
  • twitter
  • facebook
  • RSS
  • モバイル用
  

ハピズムをBookmarkする