yoshidago.jpg
『プロインタビュアー吉田豪の元○○な人々
vol.1 [DVD]』(ポニーキャニオン)

――サブカルによるサブカル占い見参! 夫は掟ポルシェさんという生来のサブカル者占い師・日下ゆにさんに、サブカルのスーパースター吉田豪さんを占ってもらいました。

 プロインタビュアーとしてアイドルから格闘家まで、あらゆる著名人のインタビューを手がけている吉田さん。占いで読み解いた吉田さんは、果たしてどんな人なのでしょうか?

■今回のターゲット
吉田豪 1970年9月3日

■プロインタビュアーの星に生まれ落ちている!

 吉田豪さんといえば、「本人より本人に詳しい」「まるで警察の取り調べのよう」と、インタビューの相手を怯えさせることもあるほどの綿密な調査と情報収集能力。これは、12星座でもっとも実務能力が高いとされている「乙女座の水星」がいかんなく発揮されているためです。まさに、現在の行動がぴったりと当てはまる星の配置を持っているといえるでしょう。

 さらに吉田さんの水星は、徹底的にこだわる「冥王星」とピッタリ重なっているため、執拗ともいえるほど入念に相手を下調べしてから取材に臨むことも見えてきます。また吉田さんの書く記事の文字数が多くて長いのは、「蠍座の海王星」の影響。膨大な文章量にも関わらず、中だるみせずに読ませる構成能力は、同じ土のサインである「牡牛座の土星」によって強化されているという配置です。まさに。プロインタビュアーになるべくしてなったといえるでしょう!

 また、「天秤座の月」の絶妙なバランス感覚も仕事に生かされていて、「これを聞いたら相手を不快にさせるのでは?」といったきわどい質問でも、絶妙なタイミングでサラリと挟み込んできて、そこからさらに話を膨らませることができる人です。

■自信満々の裏は意外に奥手?

 新宿2丁目に住んでいるのと、浮いた話を聞かないせいで「ゲイなのでは?」といううわさがたったこともありますが、本来は女性に対してなかなか自信が持てない奥手タイプ。特に学生時代は、コンプレックスが強いほうだったのではないでしょうか。今でこそ自信満々な感じに見えますが、その自信は、社会に出て仕事をすることで身に着けてきた後天的な自信です。現在の星回り的には、そろそろご結婚も近そうです。女性に関しては、ズバリ面食いです。見た目はもちろんですが、家庭的なこともきちんとできるような、どこに出しても恥ずかしくない、美人で良妻賢母の女性を選びたいと思ってらっしゃるようです。自分のことはともかく、相手が他人からツッコミを入れられるのが嫌なようです。

■こだわりがありそうで、実はそうでもない?

 強引で頑固な印象を持ちますが、人生の方向性をあらわす太陽がノンアス(どの星とも角度をとっていない)なので、「自分はこうでなければ!」というのが実はあまりありません。

 座右の銘が「死ぬまで現状維持」というのは、それを見事に言いあらわしていると思います。吉田さんの「太陽」は、趣味と創造を示す場所にあります。なので、仕事、人生の目的と楽しさが直結している非常にシンプルな人生を選びます。毎日エゴサーチしまくっているそうですが、それは自己顕示欲からくるものではないと思います。見栄を張って贅沢をすることに意味を感じないタイプです。

 基本的に食欲にはストイックですが、食べ物の好き嫌いは激しいでしょう。体質や外見をあらわすアセンダントが「牡牛座」なため、これから先、中年太りに注意。好きなものは際限なく食べてしまうかも。甘いものは大好きなはず。

 仕事以外では強引でもないし、紳士的な吉田豪さん。意外にも子どもは大好きで、犬や猫にはメロメロになることも……。この先、星通りの結婚報告を聞いてみたいものですね!

mini-kusakayuni.jpg

■日下ゆに
ライター、編集者を経て占いの道へ。主婦と母と兼業。夫は掟ポルシェという生来のサブカル者。中野ブロードウェイにある、まついなつき氏のお店「中野トナカイ」に毎週木曜日出演中。原宿占い館・塔里木にも不定期出演。
ブログ



【検索ワード】  ・  ・ 



オフィシャルアカウント&モバイル
  • twitter
  • facebook
  • RSS
  • モバイル用
  

ハピズムをBookmarkする