best.jpg
あたしのクマちゃん♪

 人恋しくなる季節。婚活をしている人は、どんなタイプが理想の相手なのか、迷っているかもしれません。今はまだ、フリーな状況を楽しみたいけれど、いつかはベストパートナーを見つけたいと思っている人もいるでしょう。けれど、いくら条件にぴったりの相手でも、心がときめくとは限りません。案外、自分が想像していない相手がベストパートナーなのかもしれません。

 そこで、今回は、古代の神秘・数秘術で運命の相手を探ってみましょう。わかりやすくするために、動物になぞってご紹介。どんな特徴があるのか、2人がどうなっていくのか……さっそく占ってみましょう!

【運命数の出し方】
※自分の運命数を出します。
生年月日の数字を分解し、一桁になるまで足していきます。最終的に導き出された一桁の数字が運命数。
<1980年12月26日生まれの場合>
1+9+8+0+1+2+2+6=29
2+9=11 1+1=2
運命数は「2」です。

■運命数1の人……平和を愛する「ラッコタイプ」がベストパートナー
 完璧主義者で、向上心のある運命数「1」の人。強気の発言で、まわりから誤解されることもありますが、本当は、とても心の優しい人です。自分と似たエネルギッシュな異性を好きになりますが、ライバル心が強いため、ぶつかり合ってしまうでしょう。そんな運命数1の人の理想の相手は、平和を愛する「ラッコタイプ」。少々、臆病な面がありますが、調和を大切にする穏やかな性格です。忍耐強く、一途に愛するので、安心して愛を育んでいける相手。仕事や趣味に全力投球するあなたにとって、最強の味方になってくれるでしょう。

■運命数2の人……真面目で大器晩成な「白クマタイプ」がベストパートナー
 感受性が強く、協調性のある運命数「2」の人。恋愛至上主義で、愛し愛される相手と一緒にいることがなによりも幸せと感じるでしょう。そんな運命数2の人の理想の相手は「白クマタイプ」。どんなに厳しい状況でも、努力し、最終的に成功を得る人。運命数2の人は、真面目で大器晩成型の白クマタイプに共感し、互いに助け合っていくでしょう。ただし、尽くしすぎる傾向があるため、本音をためこみすぎると大爆発を起こすので要注意。少しずつ自分の気持ちを伝えるようにすれば、最高の恋を実感できるでしょう。

■運命数3の人……リーター気質の「ライオンタイプ」がベストパートナー
 創造力が豊かで、楽しいことが大好きな運命数「3」の人。共感力が高く、どんなタイプの人ともうまくやっていける、天性のコミュニケーター。そのため、恋のチャンスも多く、あれこれ迷いすぎて、縁ある人を逃してしまうことも。そんな運命数3の人の理想の相手は、刺激的な「ライオンタイプ」。行動的で、何かと目立つリーダー的存在です。パワフルなライオンタイプの恋人がいれば、精神的にも肉体的にもたっぷり満たされるはず。しかし、互いにモテるので、気持ちがふらついてしまうと恋に危機が訪れてしまうので注意が必要です。

■運命数4の人……心優しい「ウサギタイプ」がベストパートナー
 誠実で、意志の強い運命数「4」の人。失敗を恐れるあまり、好きな人を前にすると、緊張しすぎたり、シャイなために恋のチャンスを逃してしまう傾向が。また、相性がよくない相手にひと目惚れし、片思いが長く続いてしまうこともある様子。そんな運命数4の人の理想の相手は「ウサギタイプ」。繊細で、心優しいウサギタイプとは、友達から恋人へと愛を育んでいくことになりそう。しかし、ウサギタイプは草食系のため、好きになっても一歩踏み出すには時間がかかります。恋を前進させるために、友達や第三者の力を借りてみるのもよさそうです。

■運命数5の人……似た者同士「ヤンバルクイナタイプ」がベストパートナー
 冒険心が強く、好奇心も旺盛な運命数「5」の人。趣味人で、好きなことに没頭しているのが幸せ。異性の好き嫌いもはっきりしていて、妥協をすることはありません。そのため、運命数の中でも、一番、ベストパートナーを見つけにくいでしょう。そんな運命数5の人の理想の相手は「ヤンバルクイナタイプ」。絶滅危惧種であるヤンバルクイナのように、出会うには時間と手間がかかるかもしれません。お相手はあなたと似て、いつもワクワクしていたい人。ようやく運命の人を見つけた2人は、誰が反対しようと、愛を誓い、ゴールインすることになるでしょう。

■運命数6の人……家庭的な「タヌキタイプ」がベストパートナー
 愛情あふれる、心優しい運命数「6」の人。異性から愛されるタイプなので、自然と恋愛遍歴を重ねるようになるでしょう。けれども本来は、真実の相手を探し求めているので、遊びの恋を好みません。家族を大切にするので、恋愛の延長線上に結婚を意識しているはず。そんな運命数6の人の理想の相手は、同じように家庭的で、ユーモアのある「タヌキタイプ」。オクテなタヌキタイプですが、じつはセクシャルで性欲が旺盛な面もあります。恋に翻弄されてきたため、タヌキタイプといると癒やされ、幸せ度がアップ! 自然に恋愛から結婚へと発展していくようになるでしょう。

■運命数7の人……温和な「コビトカバタイプ」がベストパートナー
 知的で頭脳明晰、思慮深い運命数「7」の人。孤独に強いため、寂しいから……という理由で恋に落ちることはありません。自分にとってプラスになるかどうか、しっかり見極めるでしょう。神経質なため、相手も同じタイプだと、ぴりぴりして休まることができません。そんな運命数7の人の理想の相手は、温和で、争いごとを好まない「コビトカバタイプ」。裏表のないタイプなので、あなたに恐れずに、心を開いてくれるでしょう。ただし、縄張り意識が強いコビトカバタイプ。べったりしすぎず、ほどよい距離を保っていけば、末長く幸せが続くでしょう。

■運命数8の人……心の広い「ゾウタイプ」がベストパートナー
 パワフルで、情熱的な運命数「8」の人。好きになったら、積極的にアプローチをしていくでしょう。また、情にほだされやすい面もあり、最初はそれほど好きでなくても、誠心誠意愛情を伝えてくる相手に惹かれていく傾向があります。そんなあなたの理想の相手は「ゾウタイプ」。仲間意識が強く、心の広い人です。おおらかなゾウタイプと一緒にいると、心が落ち着き、焦りもなくなっていくでしょう。互いに補う相性なので、具体的な目標があれば、2人のいい面を出し合って、夢を実現できるはず。周りから祝福されて、幸せいっぱいの2人です。

■運命数9の人……協調性のある「ウマタイプ」がベストパートナー
 運命数「9」の人は、高い理想をもったドリーマー。恋人に対しても、「こうあってほしい」「2人でこんなことをやってみたい」といろいろ妄想を抱きます。それがうまくいかないと、落ち込んだり、投げやりになってしまうことも。そんなあなたの理想の相手は、協調性のある「ウマタイプ」。あなたの高い理想を応援し、一緒に夢を追いかけてくれる人です。2人は会ってすぐに意気投合し、趣味や価値観も似ているでしょう。ウマタイプはプライドが高いので、あなたのから素直に気持ちを伝えていくほうが、ゴールインも早いでしょう。

 あなたの運命のお相手は、どんなタイプだったでしょうか? これまで付き合ったことのないタイプだったとしても、視野を広げてみれば、ぴったりの相手を探しだすことができるはずです!

re-kanamoriaika.jpg

■金森藍加
占い師&ライター。神社めぐりとハシビロコウが好き。監修占いサイト『金森藍加のケルト占星術』、公式モバイルサイト『ケルト☆魂の癒やし』
・ブログ「神社ラビリンス



【検索ワード】  ・  ・  ・ 

【おすすめ情報】


 コメントを投稿する

ライターや他人への誹謗中傷を含む内容、本記事と関係のない内容、その他公序良俗に反する内容は、削除いたします。

オフィシャルアカウント&モバイル
  • twitter
  • facebook
  • RSS
  • モバイル用
  

ハピズムをBookmarkする
  • HOME
  • 占い
  • 恋愛
  • > 運命の恋人を動物にたとえると何? 誕生日から導く「運命の動物占い」