honetotat4emae.jpg
「ずっと一緒ね」「うん……(気が変わら
なければね)」

 11月21日発売の「an・an」(マガジンハウス)は、「男の本音」特集。女性にはなかなか理解できない男性の言動について、一般男性のアンケートをもとに、何が建前でどれが本音なのかを解明しています。

 たとえばメール。女性にとってはお互いの意思疎通を図るための欠かせないツールなのに、なかなか返信をくれなかったり、男性側から送られてくることは少ないですよね。彼氏に「なんでメールくれないの?」と聞けば、「忙しいから」「仕事で疲れていて……」など、いろいろ言いますが、これ、全部「建前」。本音は「ハッキリ言って、めんどくせー!!」。忙しくても暇でも、メールすることが面倒くさいんです。

 そこで今回は、本音を隠して建前を巧みに使う男性星座ベスト3をご紹介。男性の本性を知り、謎めいた言動をどう理解するのがいいか、考えるきっかけにしてみてください。

■第3位 獅子座……無邪気な言葉の裏に計算高さが
 獅子座の男性は、無邪気で裏表がないように見えます。けれど、意外としたたかで、計算高く本音を隠します。たとえば、あなたが「週末一緒に映画に行かない?」と誘った時、「平日のほうがいいな」と言われたら……。これは、あなたは週末を一緒に過ごす相手としては不服だという意味でしょう。つまり、友達、あるいはセカンド以上には思えないということです。「平日ならデートしてくれるんだ~」と喜んではいけません。

■第2位 乙女座……「いいよ」という言葉は社交辞令の可能性が
 乙女座の男性は、とても人に気を使います。自分の言動が誰かを傷つけたら……。そんな心配をするため、本音をなかなか言えず、つい「いい人」を演じてしまうのです。女性には基本的に親切。そのため、「自分を好きなのかな」と錯覚する女性は少なくありません。もしあなたが彼を「食事に行こう」と誘い、「いいよ。都合が合ったら今度行こう」という返事だったら、社交辞令。都合が合うことは永遠にありません。「今度」という言葉に、具体的な日程を決める意志がないこともうかがえます。

■第1位 天秤座……優しい言葉の裏に下心が
 天秤座の男性は、フェミニスト。女性にとても優しいです。でも、平気でお世辞を言うでしょう。「その服似合ってるね」「気が利くね」「モテそうだね」などという言葉は建前。うっとりしてはいけません。多くの女性に、同じことを言っている可能性が高いからです。彼は、「私のこと好きなのかも」と錯覚した女性を、言葉巧みに食事などに誘います。そこには、「できれば1度エッチしたいな」という下心が、隠されているでしょう。

 本音と建前を使い分けることが、必ずしも悪いわけではありません。建前を言うことで、人間関係が丸くおさまることもあるからです。大事なのは、相手の言葉をそのまま信じるばかりではなく、そこから本心を想像する余裕を持つことなのではないでしょうか。
(紅たき)



【検索ワード】  ・  ・  ・  ・ 



オフィシャルアカウント&モバイル
  • twitter
  • facebook
  • RSS
  • モバイル用
  

ハピズムをBookmarkする
  • HOME
  • 占い
  • 恋愛
  • > デートOKの返事はただの社交辞令!? 本音と建前を巧みに使う男性の特徴