なんと、神様に会える日があるそうです。それが11月23日勤労感謝の日。なんでも、蒲田周辺では有名な祭りがあるというので、さっそくのぞいてみました。

 神代行列(かみよぎょうれつ)はJR蒲田駅東口から出発し、京急糀谷駅の先まで約2時間の行程を練り歩く行列です。まず、天照大御神という幕を持った人が通り、後ろには、お囃子とお神輿が一台。思いのほか普通でしたが、そのあとには、驚くべきことに伊邪那祁神や伊邪那美神など、古事記を代表する日本の神々が行列していきます。

kamiyokami.jpg
神様降臨!!

kamiyo-nyuzyo.jpg
何かの入場行進のようです

kamiyo-izanagi.jpg
この日はあいにくの雨でしたが、あまりにもシュール!

 コスプレといえば聞こえがいいですが、マンガチックなのは否めません。神話に登場する神々に扮した人々が通り過ぎると、次はバトントワラー。さらにその後には神話の世界と題して、「天孫降臨」「やまたのおろち」「因幡の白兎」「天女の羽衣」などが続きます。なぜか桃太郎やかぐや姫、浦島太郎まで通りすぎていきました。ある意味、青森のねぶたのようでもあり、また横浜の大道芸のようでもあり、かなりカオスな雰囲気ですが、見物している信者や地元の人はいたって明るく見守っています。毎年恒例の行事だというから、この辺りでは見慣れた光景なのかもしれません。

gyouretu-yamata.jpg
カッパも衣装の一部です!

kamiyo-usago.jpg
因幡の白兎……?

kamiyo-kaguya.jpg
かぐや姫……?

 実はこの神代行列は、近くにある新興宗教のお祭りのようです。羽田空港にほど近い大田区糀谷で、食用油濾過機製造メーカーを営んでいた会社の社長夫人が教祖だといいます。沿道には、信者と見られる人々が手を合わせていました。カルトっぽい閉鎖性はなく、行列のあと本宮の前でバトンの披露があり、教祖とその跡継ぎを囲んで記念写真を撮っていました。

 しかし、駅前を謎の集団が練歩いても許してくれる蒲田民はなんと心が広いのでしょうか。素晴らしすぎます。なんにせよ、ある意味のデモントレーションであることは間違いないでしょう。よくある神主や巫女の衣装を見につけ、本堂で祈る職員を見ると、一見普通の神社のようにも見えます。まったく興味のない人には、普通の神社と混同してしまいそう。巫女募集のチラシや生活の教えが書かれていましたが、一般の人には、どうもかなり難しそうだと感じる内容だったのを記しておきたいです。
(山崎十六段目)



【検索ワード】  ・  ・ 



オフィシャルアカウント&モバイル
  • twitter
  • facebook
  • RSS
  • モバイル用
  

ハピズムをBookmarkする
  • HOME
  • スポット
  • イベント
  • > 神様に出会える!? 日本を代表する神々が降臨する謎の行列を見に行ってきた!