nenmatsunenshigyozi.jpg
バッタバタの年末年始、気になる行事はどれ?

 もうすぐ12月。街はクリスマスのイルミネーションで輝いていますが、日本人なら忘れてはならない行事も、12月から1月にかけて数多く存在しています。

 たとえば「冬至」。今年は12月21日です。昼が最も短く、夜が長くなるこの日は、お風呂にゆずを浮かべて「ゆず湯」を楽しむ風習があります。そして、仲間と共に過ごす「忘年会」、除夜の鐘が響き渡り、その年1年を振り返り新しい年を迎える「大晦日」、翌年の新玉の春を迎える「お正月」。

 さて、今挙げた行事の中で、あなたが最も気になる行事は何でしょう?


A:冬至
B:忘年会
C:大晦日
D:お正月


 実は、この答えで、あなたの前世の職業がわかります。

 あなたの前世が江戸時代の日本人男性だったとしたら、江戸の身分制度である「士農工商」のいずれかに組み込まれていたはずです。そして当時は、身分によって大切にする行事、気合が入る行事が違っていました。行事とは、日常から切り離されたハレの場です。魂がそのときの強烈な印象を刻み込んでいて、それが現在の「なんだか気になる」につながっていたとしても不思議ではないでしょう。

 前世が本当にあるのかといった話は別にして、軽い気持ちでテストを受けてみませんか? もしかしたら、これからの人生をより良くするヒントが見つかるかもしれませんよ。



【検索ワード】  ・  ・  ・ 

【おすすめ情報】


 コメントを投稿する

ライターや他人への誹謗中傷を含む内容、本記事と関係のない内容、その他公序良俗に反する内容は、削除いたします。

オフィシャルアカウント&モバイル
  • twitter
  • facebook
  • RSS
  • モバイル用
  

ハピズムをBookmarkする
  • HOME
  • 診断・心理テスト
  • > 冬至、忘年会、大晦日、正月……気になる年末年始行事でわかる、あなたの前世