痛い女にはならないでね

 「大好きな彼の記憶に残りたい!!」「特別な存在になりたい!!」とは、多くの女性が考えることなのではないでしょうか。自分が周りの女の子と同じリアクションしかできていないのではないか? 彼に飽きられたりしないだろうか? と不安になることは多々ありますよね。
 
 会う度に、鮮度の高いあなたを演出し、彼の気をひくためのちょっと面白い方法を紹介します。それは、昔の迷信を正々堂々と現代で使ってみることです。ちょっと風変わりな光景になるかもしれませんが、彼はあなたの意外なアクションに、「おっ、不思議な子だな、もっと知りたい」と思い、あなたとの距離を縮めようとするはずです。遊び半分で試してみてはいかが?

■彼がやけどをしたら……味噌か醤油を塗る
 「アロエを塗る」ようなオーソドックスな方法を選んではいけません。彼がやけどをしたら、素早く味噌樽に直行しましょう。味噌樽がない人は冷蔵庫に入ってる味噌へとGO! 昔は、味噌や醤油のひやっとした感触が、患部を冷やして治すと信じられていた……と言われています。やけどの場所によっては、醤油を垂らしてちょっとエッチな展開にもっていくことも可能です。殺菌能力も冷却能力もなく、細菌感染が起こりうる危険な処方ですが、そんなドキドキハラハラ感も、「吊り橋効果」があるかもしれません。「昔おばあちゃんがこうしてくれたの」と言えば、“イイ子度”もアップするでしょう。

■セックスの前に……お酢を一気飲みする
 お酢を飲むと身体が柔らかくなるという迷信があるので、セックスの前にクイっと飲んでアラベスクのポーズをキメましょう。クネリを増した官能的なあなたのボディに、彼も興奮するはずです。お酢の成分に、身体の柔軟性を高める成分は一切入っていないようですが、「信じる者は救われる」です。万が一、お酢一気飲みが効果がなかったら、「酢風呂」に入ってお肉のマリネになるのもいいかも!?

■彼がくしゃみをした……邪気祓いを始める
 彼氏がくしゃみをしても、安易に「風邪!? 大丈夫!?」などと言ってはいけません。迷信によると「くしゃみは悪事の前兆」です。すぐに塩を盛って、邪気を払ってみましょう。また、彼が3回連続でくしゃみをしたら、誰かに好かれているということです。恋のライバルがいないか探りを入れましょう。

■彼の頭がハゲた……ガンにはならないということを喜ぶ
 「ハゲに癌なし、白髪に卒中なし」とは、ハゲている人はガンにならず、白髪の人は脳卒中にならないということ。ハゲで白髪なら、ガンも脳卒中も免れます。実は、この迷信はめずらしく裏がとれているもので、実際に大学の研究結果によるとハゲにガンは少ないそうです。彼がハゲたらすぐにガン保険を解約し、付加年金を支払ってロマンスハゲを愛でましょう。

■彼がクラゲに刺された……オシッコをかける
 彼と海でデートに行った時、彼がクラゲに刺されたらトイレに直行し、あなたのオシッコをかけましょう。実は、クラゲに刺されたらオシッコをかければいいと思っている人は多いよう。実際に、クラゲの毒にはアンモニアが有効だそうですが、尿は90%以上が水分なので、本来は効き目がないことを忘れずに。あくまでもパフォーマンスを心がけて。

 迷信から学んだユニークなアイデアを取り入れることで、あなたのリアクションの引き出しも広がるのでは? 自分を見失いすぎない程度に行なってみることをオススメします。



【検索ワード】  ・  ・  ・ 



オフィシャルアカウント&モバイル
  • twitter
  • facebook
  • RSS
  • モバイル用
  

ハピズムをBookmarkする