ohuro.jpg
年内に1度は行きたい温泉!m
※画像はイメージです

 秋もすっかり深まりつつある今日この頃。そんな時に恋しくなるのは“温泉”です。日本は言うまでもなく温泉大国ですが、実は「開運の湯」と呼ばれる温泉がいくつもあるのをご存じでしょうか? せっかく温泉に入るなら、ご利益のある温泉に入りたい! ということで、全国にある開運の湯について調べてみました!

■「開運の湯」にご利益はない?

 まず見つけたのは、岩手県盛岡市にある日帰り温泉施設「盛南温泉 開運の湯」。公式サイトには、ご利益等の説明は一切ありません。そこで問い合わせてみたのですが、担当者によると「近くに開運橋という橋があることが、名前の由来です。ご利益は別にありません」とのこと。

 ご利益はないのか……とガッカリしつつ、仕方がないので由来となった「開運橋」について調べてみることに。すると、この橋は盛岡駅すぐ近くにあり、通勤客や観光客など、1日約1万人の歩行者が通行している重要な橋であることがわかりました。橋ができたのは、盛岡駅が開業した1890年。当時の岩手県知事が私費で完成させたそうですが、名前の由来はわかりません。そして、この橋の周りには、開運の湯をはじめ「開運橋センタービル」など、“開運”という名前をつけた建築物がいくつも存在していました。

■「開運橋」のあるところに、「開運の湯」あり!

 ちなみに「開運橋」という名前がついた橋は盛岡だけではなく、日本にいくつもあります。そのうちの1つに、栃木県日光の「開運橋」があるのですが、こちらの近くにも日帰り温泉「開運の湯」が存在していました。問い合わせてみると、やはり「近くの開運橋が由来」という盛岡同様の回答。しかしこちらでは、温泉のご主人から開運橋の由来に関する話も少し聞くことができたのです。

「昔、近くに鉱山があってね。それで『開運橋』という名前になったと聞いているよ」

 日光の鉱山、といってピンとくる人もいるかもしれません。そう、この鉱山こそ、田中正造が深く関わった、あの「足尾銅山」。一口に開運といっても、いろいろな歴史があるわけですね。

 その一方、富士山近くにある山梨の「ロイヤルホテル河口湖」にある「開運の湯」は、前述の2湯とはまったく由来が違いました。担当者によると「入浴されるお客様の運がよくなってほしいと願いを込めて名付けました。特にご利益等はありませんが……」とのこと。つまり願かけですね。

 とりあえず、日本にある多くの「開運の湯」は、残念ながら入っても特にご利益があるという明確な根拠はないようです。やはり、温泉で開運なんて無理なのでしょうか? 

■時価1億5千万円の浴槽がある「開運の湯」を発見!

 しかし、がっかりしている筆者のもとに、ある有力な情報が飛び込んできたのです!

「『ホテル三日月』の開運の湯は、とにかくスゴイ! どのくらいスゴイかは、一目見ればわかる」

 「ホテル三日月」といえば、CMソングでもおなじみ、千葉の勝浦などにある有名ホテルです。そこで公式サイトをのぞいてみると……な、なんですかこれは!?

koganeburo.jpg
黄金風呂どーーーーん!!

koganeburo02.jpg
両サイドの鶴もが黄金を引き立てています

 公式サイトによると「時価1億5千万円の18金無垢の浴槽」だそうですが、百聞は一見にしかず。ぜひ写真をご覧ください。こんなお風呂であれば堂々と「開運の湯」と名乗っていいような気がします。ちなみにこちら、入浴料は無料。太っ腹です。ホテル自ら、「見てビックリ! 入ってビックリ! 無料でビックリ!」と謳っています。

 でも、どうしてこんな景気のいいお風呂を造ったのでしょうか? ホテル三日月の担当者に聞いてみました。

「開運の湯である黄金風呂を製作した年は、社会情勢が暗い話題が多かったんです。そこで弊社では、皆様に明るく、楽しめる話題をご提供できるように黄金風呂を製作いたしました」

 ホテル三日月が黄金風呂を作ったのは、2005年。日本では、4月に死者107名の惨事となったJR福知山線の脱線事故があり、11月には建築士が構造計算書を偽造していたことに始まった「耐震強度偽装問題」が発覚した年でした。7年前の出来事ですが、今でもこれらの事件は印象に残っているという人は多いのではないでしょうか?

 今回調べてみて感じたのは、日本各地の「開運の湯」の楽しみ方は、ご利益うんぬんを求めるのではなく、「“開運の湯”というくらいだから、いいことがある気がする!」とポジティブになって幸運を願うのが正解、ということです。まあ、この季節の温泉は、入れば無条件で幸福になれますしね。
(高山惠)



【検索ワード】  ・  ・  ・ 



オフィシャルアカウント&モバイル
  • twitter
  • facebook
  • RSS
  • モバイル用
  

ハピズムをBookmarkする
  • HOME
  • 風水・開運
  • > タダで入れる1億5千万円のお風呂のご利益は?全国にある「開運の湯」の由来