shingetu1.jpg
今よりも、もっと素敵な自分になりますように

 11月14日は新月です。新月とは、新しい月が生まれる時。このタイミングに合せてお願いごとをすると、月の成長パワーを得ることができ、願いがかなうと言われています。お願いの仕方は簡単。好きな紙に2件以上10件以内の願いごとを書きとめるだけです。(詳しい方法はこちら

 今月の新月は「蠍座」。どの星座の位置で新月が起こるかによって、新月のエネルギーが作用する分野が変化するので、それに伴って、かないやすい願いがわかります。今月はどんなジャンルの願いごとがかないやすいのか見ていきましょう!

【新月が始まる時刻】 11月14日 7:09
【ボイドタイム】 11月14日 19:38〜19:53

 新月が始まってから48時間以内にお願いごとを書きましょう。「ボイドタイム」とは、月の効力が弱くなり人間の判断や決断が間違いやすくなる時間のこと。この時間帯はお願いごとの発信に適していません。今月はボイドタイムがとても短いので、安心してお願いごとができそうですね。

■蠍座の新月の得意ジャンルは何?

 蠍座は、底が見えない星座と言われています。秘密を好み、用心深く、もの静かで寡黙な性質を持つからです。しかし、本質的にはとても深い部分に強い情熱を秘め、我慢強く責任感があり、不思議と人を惹き付ける魔力を持っています。

 そんな蠍座のキーワードは、「深い絆」「不屈の精神力」「性的な魅力」「洞察力」「神秘性」「ソウルメイト」などです。「死と再生」を司る「冥王星」を守護星に持つことから、「変化・変容」や「ゼロからのスタート」なども蠍座の得意分野です。

★蠍座の新月の願いごとの例★
「心から信頼し合えるソウルメイトと出会えますように」
「〇〇のプロジェクトをあきらめずに最後までやり通したい」
「人の善悪を見抜けるようになりたい」
「変化することを怖れない私になりたい」
「女性としての魅力を授けてください」……etc.

 また、蠍座はその情熱ゆえ、「復讐」「嫉妬心」「破壊願望」などのキーワードも秘めています。そうした悪感情がなくなるようにお願いすることも、蠍座の新月は適しています。

★蠍座が影響をおよぼす身体の部位や症状★
・腸
・泌尿器、排泄器官
・月経前症候群、生理
・性器

 これらの部位や症状の治癒に関してお願いするのもいいでしょう。「セックス」に関してのお願いごとも今月は得意分野になるので、性感の悩みやセックスパートナーのことに関してのお願いごともオススメです。

■蠍座の新月は、黒のエネルギーで生まれ変わって

 蠍座のキーワードである「死と再生」は、言い換えれば「生まれ変わり」。運命をスパッと切り替えられる力を蠍座の新月は持っています。今月はお願いごとをする前に、蠍座のラッキーカラーである「黒の服」を身につけたり、「黒の小物」をじっと見つめるなどして、「黒」のエネルギーを身体に満たしてみましょう。

 黒は「死」や「無」を連想させる色ですが、人が外界の攻撃から守られたい時に、無意識に身につける色とも言われています。この「黒」に包まれる感覚で、一度自分の意識を日常から遮断してみてください。何もない世界で、蠍座の持つ洞察や探求のパワーを借りて、本当になりたいあなたの姿を探してみましょう。12星座で一番の「生まれ変わりの力」を持つ蠍座。これまでの「嫌だ」と思う自分を手放して、新しい自分になるにはベストな時です。変化を怖れずに、自分の心の奥底にある願望を願いごとリストに書いてみてください。

 蠍座が象徴するセクシャルな願いごとも、生まれ変わりのお願いに使えます。「これまでの自分とは違う、セクシーで恋多き女になる」なども蠍座の得意ジャンル。どんな自分に生まれ変わりたいかを考えてみるのも楽しいですね。今よりもさらに素敵なあなたへと生まれ変わることをお願いしてみましょう!
(永沢蜜羽)






オフィシャルアカウント&モバイル
  • twitter
  • facebook
  • RSS
  • モバイル用
  

ハピズムをBookmarkする