kakuremazyutu19.jpg
一服の清涼剤も魔術にかかれば……

――こっそりやればやるほど効果が出る「かくれ魔術」。アイテムはコンビニやスーパー、オフィスで使うようなありふれたものでOK! 自然と触れ合う機会が少ない、コンクリートジャングルで生活する都会の魔女でもできる「かくれ魔術」のやり方を、魔女の榴美さんに教えてもらいましょう(詳しくはこちら)。

<今回のかくれ魔術>
火星のエナジーを召し上がれ!
ここ一番の勝負タバコの作り方

<用意するもの>
・タバコ2本
・ペン

 フリスクを食べてもダメ、コーヒーを飲んでもダメ……もうなにをやってもダメダメダメな自分なんて嫌い……。そんな、ネガティブな呪詛の言葉を吐いてしまう自暴自棄状態に陥った時の頼れる相棒――それは「タバコ」。

 日本、というか、もはや世界規模で嫌煙家が大多数を占める現代社会において、いくら「魔術」というフシギ系オブラートに包んでいるとはいえ、タバコを推奨するような記事を書くだなんて、ちょっと気が引けてしまいます。だって、かの芥川龍之介先生によれば、タバコはフランシスコ・ザビエルと共にやってきた、一人の悪魔が伝えた悪しき植物だというウワサ。正真正銘、札付きの超悪い草なのです!

 ああ、それなのに……。お恥ずかしながら、私も愛煙家の一人。何度も禁煙宣言を高らかに打ち立てては、それを破棄し……という、最悪なスパイラル地獄に、お約束通り絡め取られて久しいのです。いくら美容のためといわれても、モテないといわれても、喫煙量のせいでピルを服用できず中出しセックスできなくっても、どうにもこうにもチェーン・スモーカーをスッパリ卒業できずにずるずるだらだら……。そんな怠惰な私は、やっぱり何をやってもダメな魔女……。

 肉体に悪影響があるのは百も承知です。だって、毎日眺めるパッケージにも、そう書いてありますもん。けれど、どうしてもやめられないのです。恐るべし、悪魔の伝えし悪い草!

 けれど、悪魔も天使も使いようなのは魔術の基本。それなら開き直って、百害の塊を魔術的に利用しちゃうことにしましょう。ということで今回はたばこを使ったかくれ魔術をご紹介――。

<やりかた>
(1)いつも吸っている銘柄のタバコを2本用意する。
(2)ペンを用意する。
(3)1本のタバコに下図のような文字(模様)を、左から順に4つ書き込む。
(4)書き込んだら、「マエミエル、バルザキアム、エシエル、イシュリエル」と小声で火星の精霊の名前を呼ぶ。
(5)完成したタバコを、ここぞ! という正念場の直前に一服。
(6)終わったら、文字を書いていないもう1本のタバコを吸う。

kakuremazyutu19mozi.jpg
左から順にタバコに書いていきましょう

kakuremazyutu10tabako.jpg
こんな感じ



【検索ワード】  ・  ・ 



オフィシャルアカウント&モバイル
  • twitter
  • facebook
  • RSS
  • モバイル用
  

ハピズムをBookmarkする