haramaki.jpg
お腹は冷やしちゃダメ!

 11月に入り、本格的な寒さにまた一歩近づいてきました。急な気温の変化で身体が冷え、体調を崩す人も多いのではないでしょうか? 女性にとって冷えは大敵! 油断は禁物です。
 
 そんな女性のお助けアイテムとして近年注目されているのが、「はらまき」です。一昔前は、おじさんが使うものとしてダサいイメージがついていた腹巻ですが、最近ではデザインや柄も豊富で、男女問わず幅広い年代の人が着用しています。

 お腹には、漢方医学でいうところの「丹田」があり、人間の身体のエネルギースポットであるチャクラ(第1から第3チャクラ)があります。丹田は、「気の田んぼ」とも言われ、身体の「気」が集まる場所。第1チャクラは「生命力・情熱」を司るエネルギーポイントで、第2チャクラは「感受性や欲求」、第3チャクラは「自我や自信・理性」と、どれも「生きる根源」がテーマ。つまり、お腹は、体内のエネルギーを生み出し、貯蓄をする大事な部位。いわば体内のパワースポットなのです。

 お腹を冷やすとエネルギーの生成が滞り、温めると丹田に気がたまりやすくなり、チャクラが活性化されます。体内のパワースポットを守り、さらにパワーを生み出す手助けをする腹巻は、まさに女子にとってのパワーアイテムなのです。

■色の力でさらにパワーアップ!
 はらまきの色のパワーをお腹に集めると、色のパワーが丹田、チャクラに作用し、エネルギーとして身体全体に行き渡るので運気アップにつながります。それぞれの色が組み合わさった可愛いはらまきを着用して、お腹を温めながら運気も高めましょう!

・赤色のはらまき……全体運がアップする
 第1チャクラのテーマカラーでもある赤は、体温を上げる効果があり、身体本来がもっている強い生命力や情熱の力を引き出します。体力や向上心がアップし、さらに運気全体も持ち上げてくれます。

・ピンク色のはらまき……恋愛運が高まる
 女子力を上げるピンクは、女性の象徴である子宮に作用し、母性や直感力を高めます。また、女性ホルモンを活性化させ、女性らしさや優しさを引き出し、恋愛運を高めてくれます。

・オレンジや黄色のはらまき……交友関係が増える
 オレンジは第2チャクラ、黄色は第3チャクラのテーマカラー。この2つの色はポジティブな考えに導く力や、自己表現力の向上と、自我を押し通す力を共通して持っています。オレンジや黄色を身に着けることで、明るく個性的に自己アピールができるようになり、交友関係を円滑にします。

・青色のはらまき……仕事運を高める
 青は、知性を働かせる色です。オレンジ色の反対色なので、第2チャクラが持つ感受性・欲求を青色で抑え、知識や知性、物事を考察する能力を高めます。仕事の効率が上がり、職場でのトラブルを防ぐ効果があります。

・緑色のはらまき……運気の低下を抑える
 緑は、色相環では赤の逆なので、第1チャクラが持つ生命力や情熱を抑えてしまう働きがありますが、安らぎや調和、バランスを整える効果をもたらします。また、心身の調和をサポートし、気持ちに余裕を持たせ、自分自身の本質を高めます。これ以上運気が下がりたくないときに強い味方になってくれます。

・茶色やベージュ色のはらまき……人間関係のトラブルを回避
 茶色やベージュなどの肌に近い色は、周囲に自分を合わせ、自分を目立たなくさせる効果をもたらします。トラブルに巻き込まれないように自分をうまく隠したり、トラブルに巻き込まれても、瞬時に対応できる瞬発力を蓄えておく力があるのです。

・黒色のはらまき……健康運を高め、ダイエットもサポート
 黒は、エネルギーが逃げないように閉じ込めておく作用と、悪いエネルギーから身を守る作用の2つを持ち合わせている色。自分の身を冷えからしっかり守り、健康な身体をキープしてくれます。また、引き締め効果もあり、ダイエットの手助けもしてくれます。

 今どきのはらまきは、ポップで可愛いものからスタイリッシュなものまであり、柄もプリントも豊富です。機能だけでなく、形や色にこだわって気分があがるものを身に付ければ効果はさらに高まります。お腹を温めて、寒い季節を明るく乗り越えていきましょう。

re-sakurabeni.jpg

■咲羅紅
占い師。占術はタロット等。介護職員、美容部員の職歴があり、カウンセリングを得意とする。自然を愛するナチュラリストでもある。



【検索ワード】  ・  ・  ・  ・ 



オフィシャルアカウント&モバイル
  • twitter
  • facebook
  • RSS
  • モバイル用
  

ハピズムをBookmarkする
  • HOME
  • 風水・開運
  • > ピンクのオシャレはらまきで女ホルも活性化!? 腹をガードして運気アップ!!