hebi.jpg
ギャーーーー!!!

 ぬめぬめした肌、独特の動き……ヘビは大の苦手! という人は多いはず。触るのはもちろん、見ているだけで気分が悪くなってしまったり、怖いと思うこともあるでしょう。では特に、どんなヘビを「怖い」と感じるでしょうか?

 心理学では、ヘビはズバリ、性的なシンボルをあらわします。そして、ヘビをどう思うかによって、あなたの心に秘めたアブノーマルな性的傾向が分かってしまうのです。

 まずはヘビを想像してみてください。大きくて長くて、気持ち悪くて、身の毛がよだつようなヘビです。下のシチュエーションのうち、どのヘビを一番怖いと感じますか?


A:今にもぎりぎりと、ウサギを絞め殺そうとしているヘビ
B:ドクロに巻きつき、空洞の目から出入りしているヘビ
C:何も知らない子ジカに、じわじわと後ろから忍び寄るヘビ
D:うじゃうじゃと大小たくさん、何匹も絡みついたヘビ


 恐怖心とは、イコール極度の興奮状態。つまり、最高に興奮するセックスをあらわします。そう、一番怖いヘビこそが、心の奥でひそかに願い求めるセックスの形なのです。



【検索ワード】  ・  ・  ・  ・ 



オフィシャルアカウント&モバイル
  • twitter
  • facebook
  • RSS
  • モバイル用
  

ハピズムをBookmarkする