昔の知り合いをつい探してしまうのはなぜ?

 mixi、Twitter、FacebookなどのSNS。趣味や嗜好、出身校や友達の友達といった共通点から新しい人間関係を作れますし、知人との交流を密にもできる、非常に便利なツールです。けれど一方で、SNSならではの悩み、失敗などで、頭を抱えている人も少なくないようです。ネット上でも、SNSがらみの相談をしている人もよく見受けられます。

 そこで今回は、SNSでやりがちな痛い行動を挙げて、その行動の裏にはどのような心理が隠れているのか、そうした行動を取りがちなのは、どんなタイプなのかを検証していきます。

■別れた恋人のことを調べたり、日記やつぶやきを見てしまう……恋愛で同じ失敗を繰り返しがち
 元恋人への未練をなかなか断ち切れないのは、失恋から学び成長していないから。ただ、未練ではなくて、単なる好奇心からSNSを見ているという人もいるでしょう。けれど、こうした人は、恋愛で同じ失敗を繰り返しやすい傾向があるのです。その点は気をつけましょう。

■四六時中SNSをチェックしてしまう……現実の人間関係に嫌気がさしている
 SNS中毒ともいえる状態になっている人は、現実の人間関係に嫌気がさしているのかも。あるいは、コメントをくれた人にはいち早く返信しなくてはと、ある種の強迫観念にかられているのでは。チェックする時間を決めて、それ以外の時間は見ないようにし、SNSの呪縛から解き放たれ現実に目を向けましょう。

■会社の同僚などの個人ページを探してしまう……協調性を重んじるタイプ
 会社の人のプライベートの顔をのぞいてみたい。そう思う人は、協調性を重んじるタイプ。でも、ページを見つけても、友達申請はちょっと待って。中には、会社の人とは交流しないと決めている人もいます。「申請していいですか?」と断ってからにしましょう。

■出かけた場所や会っている人の写真をすぐアップする……自己中心的なタイプ
 こうした人は、自己中心的なタイプ。自分が楽しいことや欲しいものには貪欲です。自分のSNSに対する反応はあまり気にしません。とりあえずアップすれば、それで満足なのです。ただ、会っている人の写真をアップする場合は、必ず許可を取るようにしないと、トラブルの原因になるのでご注意を。

■話を大げさにしてアップしてしまう……自分に自信がない
 事実をそのまま伝えられないのは、自分に自信がないから。SNSでは自分が主役、なりたい自分になれます。こうした人は、現実の世界には居場所がないと密かに嘆いているのではないでしょうか。SNSで交流している人たちと実際に会って、リアルな人間関係を広げてみてはいかがでしょう。

■グチや泣きごとをアップして、後から自己嫌悪になって記事を取り消す……過去の失敗を引きずる
 過去の失敗をずっとひきずり続ける人。たとえ記事を削除しても、こうすればよかった、ああしなければよかったと、さらにクヨクヨ悩み続け、なかなか前に進めません。一度アップした記事は誰かを傷つけるものでない限り、削除しなくてもいいでしょう。記事に共感してくれる人も、いるはずですから。

■誰にでも友達申請をしてしまう……ノリで行動するタイプ
 後先のことを考えず、その場のノリで行動してしまうタイプ。SNSでの友達が多くなりすぎて、あなたの日記やつぶやきには毎日書き込みが山のようになり、返信をするのに苦労しているのでは。しばらく返信するのをやめてみると、だんだん書き込みも減っていき、SNSでの人間関係が整理できます。

■嫌いな人のSNSを読むのをやめられない……同族嫌悪に陥りやすいタイプ
 SNSで裏の顔を見て以来、その相手のことが嫌いになってしまった人は多いようです。読んでいてイライラするのにやめられないのは、実は自分にも似たような部分があるから。つまり近親憎悪なのです。「人の振り見て我が振り直せ」というように、自分を省みてみると心が落ち着き、いずれ見るのをやめられるでしょう。

 SNSをやるのがつらくなったら、しばらくページを見ないでいるのもひとつの手。SNSをやらないと人付き合いに支障が出てくると思っている人もいるかもしれませんが、そんなことはありません。一度立ち止まって、SNSとのつきあい方を考えてなおしてみるのもいいでしょう。
(紅たき)



【検索ワード】  ・  ・  ・  ・  ・ 



オフィシャルアカウント&モバイル
  • twitter
  • facebook
  • RSS
  • モバイル用
  

ハピズムをBookmarkする